カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の513件の記事

2016.12.31

今年も同じことを書く。

大晦日。

ここ数年はビックリする位一年があっという間過ぎていく。今年も通年通してそれなりに仕事が忙しく、新しく仲良くなった人もいて、あれとかこれとかあって。その一日をこなしていくのが精一杯みたいな日が毎日続いた一年でした。

特に今年は身体がついていってない感がすごく。二十年来の友人曰くは「他の人に比べればすごく動けてる」らしいのだけど、自分が思っているように動かないなあというのもまた事実で。来年はそこらあたりをもう少し上手にバランスをとってすごしたい。

いつも大晦日のブログに写真を一枚アップしているのだけど、今までは大体すぐ決まっていたのに今年は「これだ」というのがなかなか決められなかった。まあそういう年だったんだなと。

とはいえ、ギリギリだけど部屋をかなりスッキリすることができたし、これも毎年の事ですけど健康第一、人に優しく、自分にも優しくで、かつ色んな事をひとっ調子あげてやっていきたいものです。来年もよろしくお願いいたします。

良いお年を!
161203_05

2016.07.26

久しぶりの更新

2~3カ月なんてあっという間。

せめて今日くらいは自分が思い描いている「理想の一日」を過ごそうと頑張ってみる。なかなか。
160723_01


2016.04.16

テスト

スマホアプリで更新してみているのですが、うまく出来てるかしら。


2015.12.31

本当にあっという間なんですよ。

大晦日。

今年もあっという間だったな、と書きだしてから去年はどうだったかなと去年の12/31のブログを見たら同じような書き出しだった。進歩が無い。

今年はこの業界で仕事を始めてから初めて夏も忙しくて、仕事もそれ以外も目の前のことをこなすので精一杯な一年、いつも時間に追われている感じ。もっと上手に時間をつかえないものかと思いつつも、なかなか上手く出来ず。ここが一年で一番の反省点。

とはいえ仕事がコンスタントにあって有難かったし、去年に続いて発表会にも出たし、ジムに通い始めて体型を元に戻せて来てるし、新しく仲良くなれた人もいて、楽しい一年だった。ブログは更新しなさすぎた、行動に記録が全然追いつかなかった。

まあ来年も健康第一で、人に優しく、張り切って仕事して、沢山色んなものをみたいものです。毎年の台詞ですが更新もまちまちですけど、来年もよろしくお願いいたします。

良いお年を!

150809_02


2015.09.16

久しぶりすぎて。

自分のブログなのにちょっと照れるっていう。

気が付いたら四か月も更新してなかった。こんなに長期間更新しなかったのって始めてかも。更新していない四か月は相変わらず演芸を見に行き、酒を飲み、沢山仕事をしたり、カメラ買ったり、京都や大阪に行ってたという普段通りのあれで。ただ非常に忙しくてブログに手が回らなかったと。貞橘先生に「もっとブログ更新してくださいよー」って言えた義理じゃないって話。

ちなみに新しいカメラはRX100。GR Ⅳは本当に綺麗に写るし持ち運びも便利なのだけど、少し暗くなると手持ちでは結構キツイのと、自分で距離が縮められない「ああ、もうちょっと近くに!」の時対策で。iPhoneではもの足りない時用な感じ。なので最近は普段はRX100、「よし、何か撮りに行くぞ」って時は60DとGRⅣにしてる。

誰が見に来てくれるのかわからないけど、もうちょっと更新します。後から見返すと自分も楽しいので。

「太陽で鮎を」
150914_01


2015.01.02

「上野動物園」に行ってきた。

女二人で。

二十年来の友人と年明けすぐに動物園に行くのがなんとなく恒例に。昼前に待ち合わせて上野でインドカレーを食べて(インドカレーもお決まり)、それから動物園に。

色々見ては突っ込み、どうでもいい話をしつつぶらりぶらりとちゃんと西園まで見る。こども動物園でヤギやヒツジにも触ったりする。のだが、今年はヒツジは特別扱いで別枠、記念撮影の為に連れていかれてた。

友人が楽しみにしているナマケモノは、「確かこの辺りにいたはず…」と探してみるも一向に見つけられず。スタッフに確認してみると、なんと去年亡くなってしまったそうで。夏に来た時にインカアジサシがいるはずでと聞いてみると、こちらも今はいなくてという返事をもらったし、思いの外動物園の中にいる子達にも変動がある。友人は随分ガックリしていたが、合うのをそんな楽しみにしていたをあのナマケモノが知ったら嬉しかろうよ。知るよしはないわけだけども。

小獣館だったかな。ネズミ系の動物にスタッフのお兄さんがえさをやってた。「わー餌の時間か―、寄ってくるかなあ」と餌の皿を覗いたら、

ヒーッ!!!

なんていうのかしら、人参とかと一緒に小さくてモゾモゾする系の虫がお皿いっぱいに山のように盛ってあった。勿論生きてる。多分私「ヒャtや×★※→○!!!!」って素で声をあげて、50cm位後ろに飛びのいてた。本気で驚いた時って思いがけない行動をとるなって思った。

園内の売店でハシビロコウの手ぬぐいを買ったら、可愛いピンバッチをくれた。新年の特別企画のようで、すごくちゃんとしたヒツジのピンバッチ。

今年一番の発見はこの「ノスリ」。色も地味だし形も特に派手な特徴がある訳ではないのだけど、たたずまいがすごくカッコいい。しかしたった600円で、こんなに沢山の動物が見られる動物園がうちから130円の距離にあるなんて、ありがたい事。色々考える事もあるけれど、動物園は楽しい。

男前ノスリ。
150102_02

2015.01.01

あけましておめでとうございます。

寒いですね。

元旦、二日目と、もう寄席に行ったり動物園に行ったりしております。動物園は二十年来の友人とのここ数年の年始恒例なお出かけで、ランチには上野でインドカレーを食べて、その後上野動物園に移動して、「寒い寒い」といいつつもぐるっと一回りしてくるという。

久しぶりにカメラも持って行き色々写真を撮ってたのだけど、やっぱり撮るの楽しいなあと。自分なりに考えつつ撮って、少しでも「イケてる!」って思えるのが撮れてたら、嬉しいもので。今年は沢山撮りに行こう!と思った一日なのでした。

不忍池を上野動物園テラスより。
150102_01


2014.12.31

今年もお終い。

本当にあっという間。

前回の更新が11/21ですって、え?いつの間に一カ月以上経ってるの?的な。

今年は「ああすればよかった」「なんで出来なかったんだろ」と思う事が多く、自分で自分を上手くコントロールできない年だったなあと。最低限の事しか出来ない感じ。もっと時間を上手く使えばあれもこれも出来たんじゃないのかと。

とはいえ、今年は小さいながらも写真展的な事が出来て初めて自分の写真をまとめて見てもらえたり、初めて高座に上がったりと形として残る事があったので、それに関してはすごく嬉しいしありがたい。この二つは自分にとってはものすごく大きな出来事だった。

今年親しくなった人も以外に多くて、そう考えると全然悪い年ではなかったよなと。そう、自分の怠惰だけが問題!全部自分のせい!

年が変わったからといって急にイイ子になれるわけではないけど、出来る限りいい年にしたいものです。ブログも更新の波が相変わらず激しいですが、ぽつぽつと頑張りますので、来年もよろしくお願いいたします。

どうぞ皆様良いお年を!

141231_2

2014.10.13

発表会に出た。

楽しかった…。

その師匠が好きが高じて入る事になった教室。最初の半期は出席日数足りずて留年。留年したので次の半期も同じ内容を習い、今年は会場がとれなくて普段より半年遅い発表会になったので、結局入って1年半すぎてやっと初の発表会。

私が行っている教室は最初に習う演目が決まっていて、そしてよほどの事がない限り初発表会はその演目。最初は本当にダメダメ生徒で、出来無さ過ぎて(そして思いの外厳しいお稽古で)涙目になったりしつつも、教室の皆様が優しいし、そもそも師匠もお稽古は厳しいけどその後は優しいので、なんとか続けられての初発表会。

1週間位前におさらい会。本番と同じようにやって先生に見てもらう。本当の所はどうだかわからないけど、初発表会に向けて自信をなくさないようにという気遣いなのか「それだけ出来れば充分」と言ってもらう。他の先輩たちも口々に褒めてくださる、皆優しい。

そして当日。

早めに行って一度高座でリハをしてみるも、いきなり一言目を間違えて撃沈。でも、私がやる演目だけは読んでも可なので、もう最悪間違えてつっかえたり止まったりするより綺麗に流れる方がいいのではと、ヤバい!と思ったら読むって事にして本番を待つ。開演前には皆で集合写真。全員で手分けして受付、案内、高座返し、楽屋番、記録係を担当。台風が近づいているという天気予報の中、開演前には思った以上のお客さんが来てくださってて、自分の友人が客席にいるのも見える。

先輩の開演の挨拶のあとに一人目、私と同じ初高座。彼女はいつもお稽古の時は声も大きく自信満々なのに、いざ本番となると声も小さくてそして言葉を忘れてしまった。うおーそんな事もあるのかーと思いながら横に待機していたら「教えてあげて!」と言われ、詰まると横から囁き女将の如く続きを。そんなこんなでバタバタしたせいでちょっと気が楽になり、師匠の「がんばって」の声に送られて高座に。

無事終了。

さっきも書いたとおり、「つっかえる位なら読んでスマートに戦法」成功。読みながら「もっと声を大きくしなきゃ」「あーあそこに○○ちゃんだ、あそこに○○ちゃん。皆こっち見てるわ―」「あ、ちゃんと顔上げなきゃ」とか色々思った。でも完走出来たので無事終了と言っていいかと!。その後は皆様のプロンプター役で高座脇に控えたりしつつ、後半は高座返しをしつつすごす。先輩方はやっぱり皆様お上手なのです。その昔、このお教室の発表会を見に来た事がある。その時も「素人さんなのに皆凄くしっかりしてるんだなあ」って思った覚えがあるのだけど、中に入ってみてわかった、ちゃんとしてるんだもんお稽古が。生徒全員終わって最後に師匠が出演なのだけど、ここで自分が師匠のめくりを出せたのが興奮。「師匠のめくりを私が出してるよ…」って、すごく感慨深い。皆は師匠の高座は客席に聞きに行ってたのだけど、自分はむしろここで聴けることが貴重なのではないかと高座脇で聴かせていただいた。そして戻ってきた師匠に「お疲れさまでした」と言えるこの嬉しさ。何しろそもそも師匠のファンなので、こういうはたから見たら小さな事のような出来事がいちいち嬉しかった。

最後はまた皆で記念撮影。終わった途端に雨が強くなってくる中で打ち上げ。終わった解放感からか声が大きい大きい、台風のせいで他のお客さんがあまりいなくて本当に良かったという感じ。いたら迷惑だろうレベルに大賑わい。終宴後、師匠がタクシーに乗るのを見送り、先輩方と地下鉄に乗って帰りふらっふらでおうちに着いた所で私の発表会終了。

色々と手間や時間がかかる事もあるけれど、一年の中で「この日!」という目標があるとそれに向けて頑張ろうって気持ちにもなるし気持ち的な節目にもなるし、色んな人と一緒にああやって何かイベントが出来たのは本当に楽しく、発表会とはいえ自分は見る専門だと思っていたのに高座に上がったというのが自分的に非常に大きな出来事であり、そして舞台に立つ人に対してものすごく尊敬の気持ちがあるので、その端っこにでもかかわる事が出来たという事がものすごく感慨深くて嬉しくてありがたい一日だった。いい先生、いい先輩、そしていい友人達のおかげ。感謝、大感謝。

出来る限り頑張ってお稽古を続けたいなって思ったのでした。
141013


2013.10.14

三連休。

ずっと仕事してました(キビシー)

131014_01

この写真で見ると大人しく物憂げに外見てる風ですが、この数秒前にはドアの下に鼻をつっこみながらさんざ「ふんかふんか」いい、数秒後はおもむろに立ち上がりドアを連打。もう少しでドアが開くところだった。良く見ると繋がれてないので、開いちゃったら外に出られちゃう。「あと一押し!」と教えてあげたいところですよ。

仕事の気晴らしにはこの子のブログを読んでた。「実践! パンツで空中に浮けるのか!?」がいい。
「ARuFaの日記」
http://d.hatena.ne.jp/Arufa/

アホ過ぎて。

より以前の記事一覧