« 5/13(土)「朝の琴星一門会」@日本橋亭 | トップページ

2017.05.14

5/14(日)くすの木寄席@くすの木

ランチビュッフェで筍や山菜がたっぷりの美味しい食事をしてからの寄席。

凌天「村越茂助」
花いち「親子酒」
貞橘「雷電為衛門初土俵」

廃校になった小学校を利用した宿泊施設である「くすの木」、その中の講堂での演芸会。
凌天さんが一鶴先生のことを話すを客席は「あ、知ってる」みたいなリアクションが結構あって、それで「ああこの人はあの先生のところの人なのね」と興味を持った感じ、つかみ上手。花いちさんもまくらではグッとお客さんに寄っていって、会場いい感じ。

最後は貞橘先生。最初にたっぷり講談解説をして「雷電為衛門初土俵」に。硬くはないけどやはり前の二人よりはグッとキリッとしてる。笑う場面とかあまりなく(小さい引きごとはあるけど今日の客層ではあまり拾われず)、朗々と雷電の初土俵までの道のりを読んでいく。

最後に花いちさんが南京玉すだれを披露してくださっておひらき。

先日演芸連合特選会で聞いた貞水先生と今日の貞橘先生、実力は違うけれど聞いた時の印象がすごく似てる気がした。「押し」じゃなくて「引き」。愛想が悪いわけではないし、声なんかは本当に柔和なのだけど、「どう?どう?」と自分から行くのではなく、背筋をしゅっとしたまま皆が来るのを待っているというか。時代にそれがあっているのかはわからないけど、私はそういうのがカッコいいなと思うのでした。

「南三原」駅は「みなみみはら」じゃなくて「みなみはら」
170514_01


« 5/13(土)「朝の琴星一門会」@日本橋亭 | トップページ

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/65283077

この記事へのトラックバック一覧です: 5/14(日)くすの木寄席@くすの木:

« 5/13(土)「朝の琴星一門会」@日本橋亭 | トップページ