« 「第10回芸協らくごまつり」に行ってきた。(6)」 | トップページ | 新しいレンズを買った。 »

2016.09.25

「第10回芸協らくごまつり」に行ってきた。(7)」

「第10回芸協らくごまつり」に行ってきた。(7)」

これで最後。

「お久しぶりです!」ってちょこちょこ言われた。寄席をサボり気味なのがバレているのかしら…。

途中こんな風にテキトー隊の皆様のパレードが。
160925_67




なにかの話の流れで前名(落研時代)でサインをしている柳若さん。
160925_61




二つ目の頃からキャラや芸風は変わらないまま、でも若手真打の安定感が年々増してくる鯉橋さん。ちなみに一人称は「拙者」。
160925_68




鯉昇師匠と鯉八さん、師弟仲良く。
160925_62




とある落語本の中で「ある師匠の楽屋で目を閉じている写真を掲載したら、師匠が『目が出ないといって縁起が悪い!』と怒られた」という話を読んだ覚えがあるので、いいかしら…と思いつつもなんだか可愛いのでアップ。前座の喜之輔さんです。
160925_63




エンディングは門の所でテキトー隊の皆様がお見送り。あ、D51(兄)さんが手をふってくださってる!
160925_64




全て終了。お友達と「楽しかったねえ」と話をしながら駅に向かっていると、あ、見たことある人が…
160925_65




小助六さんだ!。私ずっと見かけなくて弟弟子に「お兄ちゃんは?」と聞くと「今日は途中までって言ってました」と教えてもらい、「仕事かーまあ(小助六さんは)帰ってこないよね」とか言ってて本当申し訳ない。わざわざ仕事を終えて片付けに帰ってきたご様子。
160925_66

最後に小助六さんに会ったところでおまつり終了。毎回色んな人に沢山あっていっぱい挨拶したりお喋りしたり、写真を撮らせていただいたりしてるうちに本当にあっという間に終わってしまう。

芸協らくごまつりも今年で10回目。最初はこんなに続くとは思ってなかった。イベントが楽しくないからではなくて、開催に向けての芸人さんの負担がそうとうなものだろうから、そんなにずっと続くのかなって。ところが大変な事も色々あるであろうけれども10回目をむかえて。確実に毎年来場者数も増えて、色々改善されて、本当に楽しいイベントになってきた。

苦労はたくさんあるだろうけれど、普段と違って芸人さんに向かってキャッキャキャッキャとはしゃげるこのおまつりができるだけ長く続けば嬉しいなってしみじみと思うのでした。寄席で好きになった普段はお話しする機会はなかなかない芸人さんに会いに行って「いつも高座を楽しみにしています!」って伝えようぜ。

来年は9月24日(日)に開催予定!

« 「第10回芸協らくごまつり」に行ってきた。(6)」 | トップページ | 新しいレンズを買った。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/64292885

この記事へのトラックバック一覧です: 「第10回芸協らくごまつり」に行ってきた。(7)」:

« 「第10回芸協らくごまつり」に行ってきた。(6)」 | トップページ | 新しいレンズを買った。 »