« 3/27(日)「第163回朝練講談会」@お江戸日本橋亭 | トップページ | テスト »

2016.03.30

3/30(水)「三笑亭噺の会」神保町らくごカフェ

あ、受付を青木さんがしてる。

可龍「石返し」
小夢「親子酒」
~仲入り~
夢丸「あくび指南」
可女次「子別れ」

可龍さんは「この話はとても由緒正しいけど難しい上に面白くない」ってまくらでしきりに。初めて聞いたのだけど、確かに爆笑!って噺ではなかったけど、つくりといい筋立てといい落語らしい楽しい噺だった。笑三師匠や可楽師匠は最初に教わったというのもなんだか納得がいく。小夢さん(下戸)は昔お酒でえらいめにあった時のエピソードをたっぷりからの親子酒。正直に書くと今までそんなにピンとくることは少なかったのだけど、今日は面白かった。ふとした瞬間のパッとした楽しさがいっぱいあった。

夢丸さんは夢楽師匠に「一目上がり」の稽古を付けてもらった時の思い出を。最後の夢楽師匠の台詞までが出来過ぎだろ!位にいい話。私あくび指南って進みがちんたらしている印象だけど、夢丸さんのはあまりダラダラしてなくて好み。煙草は「そんなに吸わなくてもいいだろう!」って思ったけど。

そしてトリは今度真打になる可女次さん。なぜ落語家になったかの微笑ましい(そしてどこまで本当なのかしら?な)エピソードをいくつか話していざお話に。最初の本筋に入るまでの熊五郎がなぜ今一人なのかを説明していく部分を聞いていて、可女次さんってこんなに柔らかくて味のある口調だったかなあってふっと思う。ふわっとしていてとっても良かった。

全員終わって最後は今日届いたばかりの「三笑亭可風」の幟を披露して、チケット販売タイムだったのだけど、なんと持ってきたのがあっという間に売り切れて売りそびれるという思いがけないオチ。一番「あーもっと持ってこればよかった!」と悔しがる立場である可女次さんはぼそっと「こんなに売れるんだねえ」ですって。らしいよね。兄弟子達が「本当にこれで終わり?!」「もっと持って来ないと!」とキャッキャしてた。

スパンが長めでもいいから続けてやって欲しい。ちなみに今回五年ぶりらしいですけど。外タレのアルバム並みの長めの待ち。皆もう真打なんだなあってしみじみする良い会でした。

「ここは写真OK!どんどん色んな所にのせて宣伝して!」の一枚。
160330_01

ああやってみると結構大きい、綺麗な色でした!
真打お披露目興行は5月1日(日)末廣亭夜席からスタート!
http://www.geikyo.com/new/new_detail.php?id=389

« 3/27(日)「第163回朝練講談会」@お江戸日本橋亭 | トップページ | テスト »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/63421225

この記事へのトラックバック一覧です: 3/30(水)「三笑亭噺の会」神保町らくごカフェ:

« 3/27(日)「第163回朝練講談会」@お江戸日本橋亭 | トップページ | テスト »