« 本当にあっという間なんですよ。 | トップページ | 1/2(土)「講談協会初席」@お江戸日本橋亭 »

2016.01.01

1/1(金)「講談協会初席」@お江戸日本橋亭

演芸初めは講談!

こなぎ「三方ヶ原」
銀冶「古事記~天岩屋戸」
あおい「般若の面」
鶴遊「高野長英」
琴柳「魚屋本多」
~仲入り~
織音「安井息軒」
鶴瑛「鈴木大地」
琴梅「太閤と曽呂利(初夢の話)」

銀冶さん、初詣の生中継に映っていた阿呆な若者を見ていたら自分の昔を思い出したまくら微笑ましい。古事記もしゅっとしてていい。色が白いので黒い着物がとっても映える。鶴遊先生はまずおめでたく七福神尻取りと童話尻取りをやってから本編へ。琴柳先生の「男は腹と働きだ!」の台詞がカッコいい。

鶴瑛先生のまくらが素直すぎて(素敵な男の人を見ると「キャー!」って抱きつきたくなる。別にイヤラシイ意味はない。年をとるとそういう事に関して遠慮がなくなる的な話)、そしてものすごく同意見ってことは私ももうおばちゃん枠なのかと。琴梅先生から素敵な七福神の絵が配られる。お話も「一富士二鷹三茄子」の富士山と茄子が揉めて、鷹が仲裁に入るっていうなんともお正月らしい話。

今年も沢山演芸を聞きに行きたい。

« 本当にあっという間なんですよ。 | トップページ | 1/2(土)「講談協会初席」@お江戸日本橋亭 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/62996647

この記事へのトラックバック一覧です: 1/1(金)「講談協会初席」@お江戸日本橋亭:

« 本当にあっという間なんですよ。 | トップページ | 1/2(土)「講談協会初席」@お江戸日本橋亭 »