« 4/5(日)「逆戻りだよ!全員、集合!!」@喫茶 茶会記 | トップページ | 4/11(土)「アッシャー家の末裔」@新文芸坐 »

2015.04.06

4/6(月)「日本講談協会祭り」@お江戸日本橋亭

去年よりぐっとお客さん増えてる。

京子「カルメン」
阿久鯉「幡随院長兵衛~長兵衛の最後の場面」
鯉風「左甚五郎 桜の接ぎ木」
愛山「ベラ」
~仲入り~
紅「(世田谷一家殺人事件の話)」
紫「秋色桜」
陽子「唐人お吉」
松鯉「天野屋利兵衛」

少し遅れて入って京子さんの所から。正直なところふざけてるのかな?って位に軽く、それはもう軽く「カルメン」を。随所に歌も歌いつつ、いくらなんでも軽過ぎじゃないのかしら…って思う反面、大師匠から陽子先生からの京子さんへのネタだし、次の阿久鯉先生と雰囲気が違ったほうがいいし、後半のベテランとネタを被らせない為のあれかななんて思ったり。硬くて真面目なものじゃないとと思って聴くと「んー」だけど、「これはこれ」って思うと明るくて楽しくていいなとも思う。

阿久鯉先生は長兵衛が湯殿に入って自らを槍で突いて死んでいく場面をピックアップして。少し話しだしただけでふわっとしていた客席の空気がすぅっと落ち着く感じがした。話を短くして時間に収めるのではなくて、簡単なあらすじだけでここぞという場面を端折らずにビシッと聴かす阿久鯉先生カッコいい。

愛山先生は品川陽吉が主人公の私小説。陽吉の引っ越しとそれに伴った遊びに来ていた猫との交流の話。陽吉と猫の関係が自分が昔住んでいた所に来ていた猫との関係と一緒で(引っ越しでお別れまで一緒)、淡々と話が進むから余計に自分の事もゆっくり思い出されて、しんみりしてしまった。陽吉がお腹のった猫を撫でる場面が妙に細かく描写されていて、ジワジワきた。愛山先生のこの「品川陽吉伝」のシリーズはどれも味があっていい話。

ここで抽選会。手ぬぐいやサイン色紙のプレゼントが。松之丞さんが順に番号を引いていくのだけど、なんとワタクシ愛山先生の手拭いを当てていただきました!ありがとう松之丞さん!。ニヤニヤしながら受け取りに行くと松之丞さんに「本当に嬉しそうですね」と言われる。本当に嬉しいよ!大事にするよ!。昨日の片岡さんとのじゃんけんに引き続き、これぞをいうのを当てる、恐ろしい子…。ちなみに友人知人の皆様も結構当たってた、皆運がいい。

仲後の紅先生は「これなら他の人と被らないだろうと…」と手元に資料らしきものを置きながら、世田谷一家殺人事件の話。あの事件のあらましを詳しく話していく。ああやって聴いているとなんでそれだけ色々残っていたのに逮捕出来なかったんだろうなって単純に思った。陽子先生は自分で「年をとるとどんどん若づくりになって」って自分で言ってしまえる所が可愛い。そして陽子先生のやるお吉可愛い。

トリは松鯉先生、とっても渋くて素敵な色の着物に袴で登場(こんな感じの色(檳榔子染))。いくらトリとはいえそんなに持ち時間も多くないのでは?と思っていたけど、随分のんびりと昔の思い出話を。大師匠と大須に行った時の話や米朝師匠と飲みに行った話などなど。こういうのんびりとした思い出話も楽しい、何せ実体験なのだもの貴重。その大須の時に教えてもらったという天野屋利兵衛を。やっぱり松鯉先生がトリでこうやってビシッと読んでくださると会自体が締まる気がする。時間の関係か最後の方は少し端折った感じだったけれど、それでもビシッとしてた。

沢山出るから一人一人は短いけれども(特に仲入り前)、たまにはこうやってずらっと聴けるのも楽しいなって思うのでした。

« 4/5(日)「逆戻りだよ!全員、集合!!」@喫茶 茶会記 | トップページ | 4/11(土)「アッシャー家の末裔」@新文芸坐 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/61440840

この記事へのトラックバック一覧です: 4/6(月)「日本講談協会祭り」@お江戸日本橋亭:

« 4/5(日)「逆戻りだよ!全員、集合!!」@喫茶 茶会記 | トップページ | 4/11(土)「アッシャー家の末裔」@新文芸坐 »