« 4/6(月)「日本講談協会祭り」@お江戸日本橋亭 | トップページ | 4/11(土)「第12回 渋谷金王町講談会」@東福寺涅槃堂 »

2015.04.11

4/11(土)「アッシャー家の末裔」@新文芸坐

危うく入れない所でした。

「アッシャー家の末裔」
説明:片岡一郎
ギター:湯浅ジョウイチ

「黒澤明が愛した10本の映画」という特集の中の一本。寝坊してアッシャー家上映の10分前に着いたら、劇場の前でスタッフが「後少しで入場規制で入場できなくなります、今なら立ち見ですが入れます」のアナウンスをしていて、ヒー!と大急ぎで中に入る。チケットを買って「何この列!?」ってくらいの男子トイレの列を横目に中に入るとなるほど大入り満員。最近ちょこちょこと映画を見に行くけど、何が混むのか初心者には全然予想できない。とはいえこの日は映画4本で、それに都度ピアノ・活弁・トーク・活弁と付き、トークのゲストは黒沢和子さん。そりゃ混むよねって話。結局一番後ろで立ち見で見た。

初めて見た「アッシャー家の末裔」は、木々の枯れた森や川、調度品の少ない広い部屋、風に揺れる大きなカーテンなど、どれも絵が綺麗。白黒だけでなく濃い青というか藍色のような画面もその景色にピッタリで。その冷たい印象のする画像にジョウイチさんのギターがこれまたとてもしっくりきた。そこにそーっと入ってくる片岡さんの説明もいい。台詞もいいけれど、前半の幅の広い何もない廊下に大きなカーテンがゆっくりゆっくり揺れている所での、あまり張らない声での詩のような長台詞が入る場面がそれはそれは美しくて。一番印象に残ったかも。終始、映像も説明もギターも「素敵だな…」ってぽわーんとしながら見てた。

内容的には、相互関係がどうあれ絵を完成させるほど嫁が弱っていくならとりあえず書くのをやめなよ、とか、自分から来てくれって言った割に友達に対して雑だ、とか、死んでるか死んでないかは確かめて棺に入れよう!とか、思う所はあったけどそこは別にいいよね。気にしなくても。

今回の説明はフランスのものを使用したので出てきた字幕と若干の違いがあったことを…との事。「ドラゴン」ってのを「大蛇(おろち)」って説明していたのは、その時代の人に禍々しい恐怖を想像させる時に「龍」っていうより「大蛇」と言った方がわかりやすいからなのかとか。どうなのかしら。一事が万事ちょっとした言い回しや言葉選びに訳者や弁士のセンスが問われるんじゃないのこれ?って思う。

上映前の解説の時に、片岡さんが日本上映時に監督にインタビューしたものを読んでくださって、それがまた豪華なおまけみたいで嬉しかった。遠目だったけど衣装もカッコ良くて(インバネスを羽織っていたみたい)、一時間と少しだったけど大満喫。もしまたこういう機会があったら「よくわからなかったら取りあえずチョー早めに」をモットーに早めに行きたい。

後私はまだやっぱり映画としてより話芸を聴きに行ってる感が強いよなーと思った。何せ気になるものと言葉とか声とか。あの長い詩のような台詞とか全部読んでみたい。説明やギターが入らないサイレントそのままで見たらまた印象が違うのかなって。どこかで又上映される事があったらそれを確かめに見に行きたい。でも片岡さんの説明が好きだし、以前柳下恵美さんのピアノと一緒にやった事もあったそうで、きっと柳下さんのピアノも似合うだろうなあって思うと一つの映画で何度も色んな形で楽しめるっていいなと思うのでありました。

入れて本当に良かったね。

« 4/6(月)「日本講談協会祭り」@お江戸日本橋亭 | トップページ | 4/11(土)「第12回 渋谷金王町講談会」@東福寺涅槃堂 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/61434972

この記事へのトラックバック一覧です: 4/11(土)「アッシャー家の末裔」@新文芸坐:

« 4/6(月)「日本講談協会祭り」@お江戸日本橋亭 | トップページ | 4/11(土)「第12回 渋谷金王町講談会」@東福寺涅槃堂 »