« 2/22(日)「西向く侍~講談二ツ目時代」@本所地域プラザ | トップページ | 3/22(日)「与野太郎を探せ」@彩の国さいたま芸術劇場小ホール »

2015.02.24

2/24(火)「第18回 御徒町ダイヤモンドライン」@上野広小路亭

満員。

馬ん長「狸札」
柏枝「猫と金魚」
朝夢「表札」
~仲入り~
円馬「小言念仏」
小助六「鰍沢」

円馬師匠のお弟子さん馬ん長(ばんちょう)さん、初見。きちっとやってた。柏枝さんまくらで圓師匠が「噺家の生きざま」って中でやってみせてた首をカクッとする仕草の事を話して、思い出されて懐かしくてちょっと涙が出た。5月から小夢で真打ちに昇進する朝夢さん。「表札」って、五代目今輔師匠とかがかけていた昭和の新作なんだけど、父親と息子の軽い感じのやりとりが似合ってて面白かった。

円馬師匠は柄物の着物に白鵬のしめこみみたいな羽織で登場。普段黒紋付姿を見ることが多いので、こういう色物の着物を着ているだけで随分印象が違う。話自体が短いからかまくらたっぷり。円馬師匠の小話みたいなまくらって、最初はどこに着地するのか想像できないような流れだったり、いい意味でものすごく馬鹿馬鹿しいオチだったりするのが大好きなのだけど、好き過ぎで小話が離陸した!ってタイミングでもう笑えてた。オチを言う前に笑うってなんだ自分。そして小言念仏とっても似合う。たまに目をピカっと見開くと別人みたいに見える。

トリは小助六さんの「鰍沢」。身延山への参拝の話しにからめながらかなり色々丁寧にまくらをしゃべってから本筋。今まで私が聴いた事がある鰍沢は、よりシリアスに、より暗く、よりドラマチックになやり方の人ばかりだったのだけど、小助六さんのはそうではなくて。普段の小助六さんの高座からするとかなりシリアス度は高いのだけどクサ過ぎず、ところどころふっと息を抜く箇所もあって、演出の違いなだけであってどちらのやり方がいいって訳ではないけど、こっちの方が私が思う落語っぽい気がするなって思った。もう一回聴いてみたい。

円馬師匠以外の三人は前座だった10年前にスタートして、次回の時にはもう皆様真打ちに。「会存続が~」なんて話も出ていたけれど、「普段自分からそっせんしてやらなさそうな噺をネタおろし」っていう会のコンセプトも面白いと思うので、スパン長めになっても続けて欲しいなって思う次第。

あと、せっかくなんだから「お披露目興行のチケット売ってます!」って言えばいいのに朝夢さんって思った。

« 2/22(日)「西向く侍~講談二ツ目時代」@本所地域プラザ | トップページ | 3/22(日)「与野太郎を探せ」@彩の国さいたま芸術劇場小ホール »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/61193534

この記事へのトラックバック一覧です: 2/24(火)「第18回 御徒町ダイヤモンドライン」@上野広小路亭:

« 2/22(日)「西向く侍~講談二ツ目時代」@本所地域プラザ | トップページ | 3/22(日)「与野太郎を探せ」@彩の国さいたま芸術劇場小ホール »