« 1/4(日)「痛快!豪快!娯楽の殿堂!無声(サイレント)ちゃんばら映画傑作選」で『韋駄天数右衛門』@神保町シアター | トップページ | 2/20(金)「笑福亭たま人形町独演会」@日本橋社会教育会館 »

2015.01.15

1/15(木)「春陽・馬治・すず 三人会」@神保町らくごカフェ

らくごカフェ初め。

馬治「井戸の茶碗」
すず「紀伊国屋文左衛門 生い立ち」
~仲入り~
春陽「陸奥間違い」

馬治さんの「井戸の茶碗」はネタおろしからもう何度も聞いているけれど、その都度何かしら工夫がある。今日はちょっとテンポゆっくり目な感が。それを「まったりしてるなあ」と感じる時と「今日は随分丁寧に運ぶなあ」って思う時とあって、今日は自分的にはなんとなく後者な印象。本当にもうすぐ真打ちなんだなあ…ってしみじみする。

すずさんはすごく追っかけている訳でないけど聞く機会はそこそこあって、それがいつも別の話だったりして、勉強家なんだなあって感心する。明るくて言葉がはっきりしていていいよね。今日は新年初の三人会だからか黒の普段よりかちっとした印象の着物だったのだけど、とってもお似合い。濃い色が似合う気がする。

春陽さんは「食べ物に色々入ってたっていいじゃん!」的なまくらから「陸奥間違い」(関係性とかは特にない)。お使い間違いで四代将軍にまで話がいっちゃうっていう、いったらドタバタな話。シリアスに読む事も出来る話だと思うのだけど、春陽さんは軽やかで、最後は皆「良かったね♪」で終わっていい感じ。お、終わってみると皆最後がハッピーエンドなおめでたい話だ。

例えば節目の会で「何百人集める!」とか、「このネタおろしを!」って会も勿論大事だし良いと思うのだけど、こういう宣伝は派手でなくて一定のスパンでこつこつと開催してる会って、各自がネタおろしをしたばっかりの話を練るとか、鉄板ネタを久しぶりにかけるとか、その時その時の自分の気持ちや速さにそったネタをかけているような気がするので、それはそれでいい会なんじゃないのかなあって思ったりしたのでした。

ここはあんまり三人がべたべたしてない感じがするのもいい。

« 1/4(日)「痛快!豪快!娯楽の殿堂!無声(サイレント)ちゃんばら映画傑作選」で『韋駄天数右衛門』@神保町シアター | トップページ | 2/20(金)「笑福亭たま人形町独演会」@日本橋社会教育会館 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/60981168

この記事へのトラックバック一覧です: 1/15(木)「春陽・馬治・すず 三人会」@神保町らくごカフェ:

« 1/4(日)「痛快!豪快!娯楽の殿堂!無声(サイレント)ちゃんばら映画傑作選」で『韋駄天数右衛門』@神保町シアター | トップページ | 2/20(金)「笑福亭たま人形町独演会」@日本橋社会教育会館 »