« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 1/1(木)落語芸術協会初席三部@上野広小路亭 »

2015.01.01

1/1(木)初席二部@神田連雀亭

連雀亭初の初席。

くま八「年末年始」
桃之助「熊の皮」
駿之介「オリンピック物語」
昇也「馬のす」
きらり「寛永三馬術」
緑君「小言念仏」
きらり・昇也「ミニコンサート」
羽光「まめだ」

お酒が出ていたり、手ぬぐいを売っていたり。

くま八さんって普段もっと落ち着いてる印象があったのだけど、今日はえらくあたふたしてた。駿之介さんってこの日に出た人達と年齢的には同じ位なのに、やっぱりどこか古風な感じがする。そしてそこが好きな理由の一つだなと。東京オリンピックに加えて宝船と昔話のしりとりが聞けるのが初席っぽくていい。話している中に「言葉鎖」って単語が出てきたのだけど、妙に耳に残る。

普段の寄席では色物さんが出るけどこの初席では色物も二つ目さんでやることになっていて、今日はきらりさんと昇也さんでコント。これが面白かった。昇也さんがストリートミュージシャンを見つけて…って話なのだけど、きらりさんが爆発してた。あんな事も出来るのかと。笑い過ぎてお腹がイテテとなった。

羽光さんは「オイオイオイ」っていうような(でも的を射てるなあという)笑えるまくらから「まめだ」っていうなんのつながりもない流れ。このまめだってお話は個人的に泣きのツボで、やはり少しホロリと来てしまった。小狸がイチョウの葉っぱで薬を買いに来て、使い方が分からずに塗り薬を貝殻の入れ物ごと身体にくっつけて、そのまま死んじゃうなんて。それを見て「なんで聞きにこうへんのや、ちょっと聞いたら教えたるがな」っていってやるなんて。うう、切ない。これ関西弁だからこその話かなあって思う。

開演前や終演後、黒紋付の二つ目さんが各協会入り乱れて沢山いらっしゃるのが新鮮。

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 1/1(木)落語芸術協会初席三部@上野広小路亭 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/60918300

この記事へのトラックバック一覧です: 1/1(木)初席二部@神田連雀亭:

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 1/1(木)落語芸術協会初席三部@上野広小路亭 »