« 11/20きゃたぴら寄席@連雀亭 | トップページ | 今年もお終い。 »

2014.11.21

11/21(金)「太福、三席。」@浪曲協会

「よいお年を~」って早いね。

太福「出世の草鞋」
太福「地べたの二人と二匹の蟻」
〜仲入り〜
太福「義士外伝 陸奥違い」
(曲師 玉川みね子)

「出世の草鞋」は前半はもうクッソブラック企業みたいな雇い主に腹が立ちすぎの吉松が可哀想過ぎで泣けた。勿論最後は「実はお前の事を思って…」という展開になり万々歳だろうなと思うし、結局本当にそうなのだけど、いくらお前の事を思っているからといって、目をかけている証拠だからといって、あそこまでパワハラオッケー!な展開って有なのかなあと少し思った。どうりで太福さんもしきりに始まる前に「今の時代とは合わないとは思うのですが…」的な事を妙に言うなと。その子の事を思っていようがいまいが理不尽なオーバーワークを科してるのは事実な訳ですし。そして、昔はこういうのを「当然」と考えてたのかなあ、と高座以外の事を色々考えてしまった。

「地べたの二人」は前の話とはま逆で、なんの教訓も無く、ただ淡々と男二人が並んでいる場面を切り取った話。面白い。

「陸奥違い」はある貧乏御家人が知り合いの所にお金を貸してほしいという手紙を出すのだが、それを頼まれた中間がすかぽんたんな男だったせいで、持って行く先を間違えて大騒動。話が徳川家綱公まで行っちゃう。が、間違われた伊達の大名が親切で、相談先の機転のきく松平伊豆守のお陰でオールオッケー全員出世!な大ハッピーエンドで終わるという。こういうちょっとドタバタしてて最後が目出度し目出度しな話は太福さんによく似合っていていいなって思う。

太福さんの新作って目の付けどころが面白いなって思うのだけど、自分が思う浪曲らしさ(朗々と声を広げていく感じ)が少なめな気がして、新作にもそういうのがたっぷり入ってたらいいのになと思うけど、そういうのは古典で聴かせて新作ではあまりしばりなく自由にっていう感じなのかな。

随分と色の違う三席で楽しかった。

« 11/20きゃたぴら寄席@連雀亭 | トップページ | 今年もお終い。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/60696148

この記事へのトラックバック一覧です: 11/21(金)「太福、三席。」@浪曲協会:

« 11/20きゃたぴら寄席@連雀亭 | トップページ | 今年もお終い。 »