« 9/9お江戸寄席@お江戸日本橋亭 | トップページ | 発表会に出た。 »

2014.09.10

9/10「第二十六回メディアセブン寄席」@川口メディアセブン

一番雨の酷い時に家を出た。

鯉和「つる」
一邑「長井長義」
~仲入り~
ぴっかり「転失気」
陽司「小惑星探査機「はやぶさ」のキセキ」

鯉和さんのつるは非常にスッキリしていていい。前座さんはこれくらいハキッ!スパっ!と程よく聴かせてくれる位がちょうどいいな。

で、陽司先生。まず高座の後がいきなりウィーンと開き大きなスクリーンが登場。前座の鯉和さんが釈台とともに何かコードをセッティング。そして陽司先生は手に小さなノートPCらしきものを持って登場。話しながら徐にPCとコードをつなげると後ろには「はやぶさ」の画像が。このお話は演題通り「はやぶさ」が行って帰ってくるまでのお話なのだけど、いきなり「はやぶさを少年忍者という設定で」と。ここで一瞬ポカンとするも、この設定の妙が素晴らしく(ちなみにJAXAが親方の設定)、涙なしでは聞けない切ない話、でもハッピーエンド(というのかわからないけど、ミッションは達成するので)。はやぶさを擬人化したり、言葉は簡単な言葉で読まれているおかげで、非常に聴きやすく「はやぶさ」がどれだけの偉業をなしとげたのがわかる。それをただ事実を説明するだけでなく、一つのロマンチックな講談として成立させてて、陽司先生すごい!って思った。後半ほぼ泣きながら聴いておりました…。

陽司先生の新作講談って、私もまだ数えるほどしか聴いた事がないのだけど、どれもちょっと切なくてでもなんだかロマンのあるお話が多いような気がする。

出る時にちょうど豪雨状態で一瞬出かけるのを怯んだけど、行って良かった。

« 9/9お江戸寄席@お江戸日本橋亭 | トップページ | 発表会に出た。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/60295951

この記事へのトラックバック一覧です: 9/10「第二十六回メディアセブン寄席」@川口メディアセブン:

« 9/9お江戸寄席@お江戸日本橋亭 | トップページ | 発表会に出た。 »