« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014.08.31

8/31「日本講談協会定席」@上野広小路亭

濃かったな。

みのり「寛永宮本武蔵~狼退治 序」
紅佳「秋色桜」
松之丞「慶安太平記~戸村丹三郎」
紅葉「小泉八雲~青柳」
阿久鯉「天保六花撰~森田屋 内藤家を騙す」
愛山「不破数右衛門 幽霊退治」
~仲入り~
南海「山内一豊の妻」
鯉風(緑の十字の飛行機の話)

松之丞さんの「戸村丹三郎」は講談研究室で松鯉先生が読んだ時に聴いて「うほ…」って思ったけど、やっぱり今日も「うほ…」となんともいたたまれない気持ちに。戸村の慢心もいけないけども、あんな風に打ちのめされたら恨まずにはいられないだろうなあって。切ない、切ないよ。笑いをとる感じの高座じゃなかったけど私はこういうのが好きだな。別に講談は笑えなくってもいい。

阿久鯉先生カッコよかった。ものすごくスケール大きい感じで二千両っていう大金を騙し取るって話。騙すのだけど以外に人を殺したりっていうのはないところが救いがあるし、だから聴いていても嫌な気持ちにならない。悪人の話なのにどこかスカッとしている。後で先生に聞いたら「嘘は大きい方がいいって江戸時代から決まってる!」って。カッコいい台詞だな。

愛山先生は珍しい話といって義士伝から「不破数右衛門 幽霊退治」。不破数右衛門いい奴!浅野内匠頭様も優しい!って話(端折りすぎ)。つかえている中間の為とはいえ、ようは自分の「人を斬ってみたい」という気持ちを墓暴きまでして実行するってDQNだろって気もしつつ、あくまでも生きてる人では試さないってのがまあ律儀(当然と言えば当然)。首を切ってもよかったのにあえて生かして逃がしたってのは、内匠頭様も不破の事を嫌いじゃなかったのかなって思う。そして日本講談協会の定席を見てるとかなりの高確率で一日の中で一回位誰かの松鯉先生の物まねが披露される。

今日は上方の南海先生が登場。素敵だった!。高座が明るくて声がいい声なの。東京でもよくかかる山内一豊と千代の話なのだけど、知り合う場面が入ったり今まで聴いた事のあるのとは細部が色々違ってた。随分と抒情的な場面が入りつつも、馬が話したりコミカルなくすぐりもあり、でも全体的なトーンは柔らかくってチャラチャラした感じがしなくて、とっても楽しかった。声がいいの、声が。また聴いてみたい。

今日は男性の出演者が多く、レアネタ有、そして上方の先生も聴けて、濃い日だった。

2014.08.29

8/29「《国立能楽堂夏スペシャル》企画公演 狂言と落語・講談」@国立能楽堂

初国立能楽堂

松鯉「扇の的」
市馬「宗論」
~仲入り~

狂言・大蔵流「宗論」

初めて行く場所って緊張するけど色々楽しい。能楽堂に高座を作るってどんな風になるのかなと思っていたら、正面から見て左の柱あたり(目付柱というのかな)を中心にした形で高座が作ってあった。なので橋掛かりのすぐ横の席だった私はほぼ真横から見る感じ。あの作りだと結構見ずらい人も多かったんじゃないのかなって思う(そもそも柱が)。かといって正面に向けて高座を作るとさらに見づらい訳で、あれが最善なのかな。

どこから登場するのかなって思っていたら揚幕の向こうから「おねがいします」って松鯉先生の声が聞こえて、そこからすっと登場。高座に着くまでが長いね。でも黒紋付に袴姿で向かう姿がカッコよかった。今日は持ち時間30分だったので寄席で聴く「扇の的」よりもまくらもふんだんに、最後も少し後日談的なものも足されてたっぷり。高座の角度は思うところはあれど、能楽堂の雰囲気に「扇の的」というお話はピッタリ。ただちょっと作りのせいなのかマイクのせいなのか声が響き過ぎかなって気はした。そんなうわ~んって響かなくってもいいと思う。真横からの高座姿という貴重なものも見れて嬉しいかぎり。

市馬師匠は「宗論」だったので(話短し)やはりまくらたっぷり。師匠の話や、寄席の相撲甚句やお相撲さんの相撲甚句も披露してくださった(お囃子でそのさんが来ていたみたい)。松鯉先生の講談の時は音が反響しすぎるかなって思ったけど、甚句の時はぶわーっと声が広がっていって気持ちいい。またいい声なんだよね市馬師匠の声って。真横より後にもお客さんがいるっていう高座のつくりのせいか上下の下を振る時かなり大きい角度で振っていたような気がした。なので横顔じゃない顔が見える時があった。

仲後(寄席じゃないから仲入りって言わないか)、楽という囃子の演奏が。笛・栗林祐輔、小鼓・鳥山直也、太鼓・佃良太郎の三人で。小鼓の音っていい音だなあって思った。

最後は狂言の「宗論」。シテ/浄土僧 山本東次郎、アド/法華僧 茂山七五三、アド/亭主 山本則俊。最初は初めて能楽堂で見るのだし、わからないところがあってもガイド無でみてみようかなと思っていたのだけど、理解しなきゃ!って気持ちが先に立ち過ぎると話を楽しめないなって思って、無理せずガイドを見ることに。そうそう能楽堂の椅子には全てに小さなモニターが付いていて、そこにあらすじが表示されるようになっていた、なんと豪華な。しかも脇からだとモニターは見えないようになっているので視界の邪魔にはならないという。国立お金かけてるね。ほんの数行だからチラっと見ればいいし、初心者にはありがたい。まあ、なきゃないで不満もないとも思うのだけど。外国の方にはすごくいいなって思う。

ガイドもあったおかげでか、「もー話がわかない!」って事もなく楽しく見られた。何せ初心者なので皆が笑ってるけど「え、ここ笑う場面なんだ」ってのがあったりするのも、それはそれで未体験なものを体験してる新鮮さが有って楽しかった。最初は能楽堂で講談か…聴きづらそうだしなあと少しだけチケットを買うのを躊躇したのだけど、でもここはやっぱり!と買ってみて良かった。

そうそう最初のアナウンスで「携帯の電源を…」「許可の無い録音撮影を…」の他に「前のめりになっての御観覧はご遠慮ください」ってのが入って「それいい!」って思った。寄席でもたまに妙に前のめりになって聴いてる人がいて、まあご自分はいいかもしれないけど、ああいう席って皆が座席に背を着けた状態だとしっかり見られる作りになっていると思うので、前のめりって実はすごく迷惑。寄席でもあのアナウンス入れてくれないかな。

中の売店で面を売っててさすがだなって思った。

2014.08.28

8/28「愛山・喬太郎二人会」@お江戸両国亭

知ってる人にいっぱい会った。

楽天「平林」
春陽「小政の生い立ち」
喬太郎(つるの筋で「なんでウルトラマンジャックって呼ばれるか」って噺)
愛山「ビュルガー病の落語家」
~仲入り~
愛山「牡丹燈籠~お札はがし」
喬太郎「牡丹燈籠~栗橋宿」

春陽さんの政吉、前に聴いた時よりもデフォルメが強くなってたような。後半なぜか妙に視線があっちこっちに。客席に30年来の仇でも見つけたのか?

愛山先生の品川陽吉が主人公の私小説講談「ビュルガー病の落語家」。先日亡くなられた春風亭柳桜師匠の話だ。きっと所は講談として仕立てるために作ったり盛ったりしているかもしれないけど、話の中の出来事はほとんどが実際に有った事なのだろう。ずっと師匠の顔が浮かんできて、悲しくて切なくて悔しくてどうしようもなかった。そして今ある出来事を人に伝えていくっていうジャーナリズムとして講談ってものすごくあっているのではないかと。普段は言い立てや修羅場のある歴史の講談の方が好きなのだけど、今日の愛山先生の「ビュルガー病の落語家」を聞いていたら、こういう講談ってもっとあってもいいのかなって思った。とはいえ読む方に魅力が有り力がないと難しいのかなとも思う訳ですけども。愛山先生が読むから意味が有り、そして生々しくすんなりと心に入ってくるのかもしれないけども。

仲後は牡丹燈籠のリレー。愛山先生が「講談の世話物と落語の人情話はほとんど差がない」的な話を。そして違いは「釈台があるかないかだ」と二代目山陽先生はそうおっしゃっていたと。確かに今回お二人をリレーで聴いていると、そうだなあって。愛山先生の怪談って聴いた事がなかったけど、あの訥々と話す口調がとっても似合う。喬太郎さんの愛山先生と比べるとずっと生生しく、お芝居っぽいなあって感じた。って、そこが違いか、落語と講談の違いか。でも愛山先生と喬太郎さんの違いってだけかもしれないし、ま、どっちでもいいよねそんなこと。喬太郎さんの栗橋宿では、龍玉さんで聴いた時にはなかった台詞があって、それがあることで伴蔵とお峰のクソぶりが増す。

「聴かせてもらったな…」という充実感いっぱい。

2014.08.26

8/26「火曜会OB会」@神保町らくごカフェ

夏の落語会はエアコン対策としてショール必須。

龍玉「子ほめ」
志ん陽「甲府い」
~仲入り~
志ん陽「たらちね」
龍玉「栗橋宿」

龍玉師匠、ど頭で思いがけないハプニング。志ん陽さんの「甲府い」は、派手な場面が有るわけじゃないし、結構淡々と進むのだけど、全体的に柔らかい感じで、それがむしろなんだかいいなあって思った。
「栗橋宿」はつい先日鈴本での雲助師匠の代バネでも聴いたけど、やっぱりいいな。暗い話なのだけど聴いているうちに話に入り込み過ぎて妙にワクワクしてきた。話の筋はもう知ってるのに。入り込み過ぎて伴蔵とお峰が言い争いをした最後に伴蔵が「なあ、お峰…」って手を伸ばした瞬間に思わず「ゾワッ」とする。入り込み過ぎ。

とってもいい番組だった。

2014.08.24

8/24落語協会定席夜の部@鈴本演芸場

HPを見せたら割引ってありがたい。

仙成「子ほめ」
志ん吉「金明竹」
仙三郎社中
龍玉「強情灸」
菊丸
遊平・かおり<漫才>
白酒「変わり目」
歌之介
~仲入り~
小菊
正朝「普段の袴」
ダーク広和
雲助「猫定」

仙成くんの高座が聴けた。あんまり聴いた事のないタイプの「子ほめ」だった。まだ17歳だそうで。17歳で、もう自分の進路を決めてお客さんの前に上がるってすごい。志ん吉さんもおっしゃっていたが、仙成くんは太神楽の人なので、彼の落語を聴ける期間って本当にわずか。貴重なものが聴けた!。そしてそんな貴重な高座の途中で地震があった。

龍玉師匠は「強情灸」、これがとっても面白くて!。よくかけていらっしゃると思うのだけど印象としては「ちょっと早口?」「こんなにデフォルメきつかったっけ?」と。ま、この辺りは自分の印象なのであれですが、全体的にはじけててすっごく楽しかった。前日は「栗橋宿」でひんやりシャープな感じだったのにこの変わりよう。ふり幅大きくていいなって思った。ダーク広和さんのトランプのマジックが、地味だけど「え?え?」ってので良かったな。

トリは雲助師匠が「猫定」。定吉が黒くて大きな猫をもらってきてその猫に「熊」って名前をつける。その熊が猫板の上に座っているところに、サイコロを持ってきて「熊さんサイコロって知ってるか?これが丁で、これが半で…」と、なんとはなしに話しかけてるあの場面がいいなあって思った。猫はにゃごにゃご言ってるの。色々好みってあると思うんだけど、私はこういうなんでもない風景がさっと見えるような瞬間とか好きだな。

楽しい夜席でした。

2014.08.23

8/23落語協会定席夜の部@鈴本演芸場

メモってないからこのザマ、その日は覚えていたのに二日経つともう忘れてる。

たま平
志ん吉
仙三郎社中<太神楽>
喬之助
菊丸
遊平・かおり<漫才>
琴調「大岡政談~匙加減」
歌之介
~仲入り~
ひびきわたる<キセル漫談>
圓太郎「長命」
夢葉<マジック>
龍玉「栗橋宿」

龍玉師匠が雲助師匠の代バネってことで来た。代演がすごく多くて、でもそのおかげで琴調先生が聴けてラッキー。琴調先生って見た目の雰囲気はお優しそうで、まくらも楽しくってニコニコだけど、この話の中では叶屋のような悪い感じの男がカッコいい。圓太郎師匠の「長命」(落語協会だと「短命」?)の後半おかみさんとのご飯のやり取りの時の「ふごっ」って鼻を鳴らすタイミングが絶妙過ぎ。

で、龍玉師匠は「栗橋宿」、良かったなー。お峰の執拗に伴蔵につめよるめんどくさい女ぶりとか、伴蔵のいい加減さとかが生々しい。言い争っている時に伴蔵が扇子をいじっているのだけど、お互いが黙った時に乱暴に仰ぐバタバタという音が妙に響いているのが印象に残る。
龍玉師匠って言葉は勿論だけど、視線の行き場、手の動き、扇子の音にまで全てに神経が行き届いている感じがするのがいい。またさりげなくパスっと扇子を閉じる所作とか、すっと目を伏せる姿とかカッコいいんだな。良かったな―。

弟子が師匠の代バネっていいなって思った。

2014.08.21

8/21「玉川姉弟会 vol.9」@らくごカフェ

高座の位置が普段と逆だ。

奈々福「源太しぐれ」
太福「西村権太郎」

奈々福さん初めてちゃんと拝見したのだけど、普通に話す声もいい声だった。メインの女性がそういう女性だったから全体的になんだかとっても色っぽい人だなあって思った。でも源太のような男性はカッコよくって、そりゃ人気あるよねって。お話は国本晴美師匠にならって、この着物もっておっしゃっていた着物も素人では着こなせないようなカッコいい着物でした。
太福さんの「西村権太郎」は講談で言うところの「名月若松城」だそうな。主従の話にしてはコミカルな場面も多くて、最後は良かった良かったで終わる。権太郎がエイヤッとお殿様を相撲で投げ飛ばした時に、バッ大きく広げて高く掲げた形がカッコいい。太福さんって背もあって身体もしっかりしてて背筋もピンと伸びてるので、着物姿がとっても凛々しくて高座映えして素敵。

一席づつだったけど、聴いたな!って気分。楽しかった!

2014.08.20

8/20「きらり 松之丞二人会」@ 西新宿ミュージックテイト

村井長庵大団円。

松之丞「千太郎殺害」「瀬戸物屋忠兵衛(上)」
~仲入り~
きらり「瀬戸物屋忠兵衛(下)」
トーク

本編に入る前に松之丞さんが大まかなあらすじを。といっても松之丞さんは結構いつも丁寧にあらすじを話す、親切。私は別にあらすじなくてもいいのになって思う、気になるならちゃんと毎回こればいいのです。自分、演者さんによりそってもらうのではなく、客の方からがんばって近づいて行くのが好きなタイプ。

今回かけるにあたって最後の部分をちょっとアレンジを加えたとのこと(元の松鯉先生版があまりに最後があっさりしているので)。そういう練ってる途中を聞けたり、そしてどうしてそうしたかというのまでをトークで聞けるというのがこの会のいいところだなって。最後の二人のトークではきらりちゃんが松之丞さんの手伝わなさ加減にちょっとはじけてた。ついこの前位まで披露目の番頭やったり師匠のトリだったりで疲れもピークなんだろうなと。しかし、きらりさんのドスのきいた台詞の言い回しのカッコいいことよ。

次はどうするかなんていう話も聞かせてもらえて、なんか他の二人会とは違うこういう姉弟ならではの会、大変だとは思うけど続けて欲しいなって思う。

次回は連続は一旦お休みで、きらりさんは「水戸黄門記」2席、松之丞さんは「畔倉重四郎」2席だそうです。楽しいよ!

2014.08.19

8/19講談協会定席@お江戸日本橋亭

貞橘5デイズ最終日。

琴調「飯田の焼き討ち」
~仲入り~
貞橘「鎧の着逃げ」
貞水「伝助殺し」

琴調先生、前のお客さんが座布団無で座っているのを見つけて徐に前座さんに座布団を持ってくるように指示、親切。お話始ってあれこれって…?、この前の日に東京大神宮で春陽さんと坂本頼光さんで聴いた荒神山の間違い~仁吉の焼香場の前部分だ。ここを聴くとなぜ仁吉の所に清水の子分達があつまっていたのかがわかるという。こんな近いタイミングで聴けるなんて嬉しい。
桶屋の鬼吉とか単純でバカで側にいたら「もー!」(どころか腹立たしい)って思いそうなキャラだけど琴調先生だとなんかバカだけどチャーミングに見える。そもそも琴調先生の侠客の話ってカッコいい。

貞橘先生は「鎧の着逃げ」。前半は道具屋との楽しいやり取りが多く(色んな引きごとも入りがち)、後半は戦場に出て行くのでやり取りがカッコよく、一番槍の口上もあって、色々盛り沢山で貞橘先生のイイところが沢山聴けるので、この話好き。昨日今日は特にお客さんとの息があったのか盛り上がった。たまたま5日連続で聴く機会があったけど、毎日違う話で大満喫。なんだかんだいってしっかり色々持ってる。

この日はお客さんは満員だったのだけどマナーの悪い人多すぎ。スマホやタブで写真を撮る人とか、高座中にスマホいじってる人とか。高座を務めてる演者さんにも失礼だし、周りの人の気も散るし、なんでそんなデリカシーのない事が出来るのか不思議だ。お金払って入ってるから何してもいいって話では全然ないわけで、いい年をした大人なんだから、そこはもう少し気を使えって思ったのでした。

大人なのに周りの人に配慮出来ないってのはいかんよ。

2014.08.18

8/18しのばず寄席(昼)@上野広小路亭

広小路亭まで片道20分。

貞橘「安兵衛駆付け」
小助<太神楽>
里う馬「禁酒番屋」

近い上に永谷の「お江戸演芸倶楽部」に入っているから行きやすいって話で。
貞橘先生は「安兵衛駆付け」。カッコよかった!。貞橘先生の安兵衛は酒は飲むけどそこまでダメ男な感じがしなくて(叔父からもらった手紙に対する態度とか含めて)、ここだけ聴くとむしろいい奴だ。人のご飯食べちゃうけど。後半は18人をバッタバッタと切り倒し、討ち入りの場面も少し入ってそこで浪士の方々の名前を順に読み上げるのだけど、それを聴いてるのが心地いい。はーカッコいい~って思いながら聴いてる。講談って話の面白さも勿論あるけど、そういう音の心地よさってあるよね。

自分が「んー今日の貞橘先生カッコよかったな…」としみじみしていると、近くにいたマダム達も口々に「今の人カッコいいわね」って褒めてる声が聞こえた。嬉しいよね、そういうの。

小助さんは喋りはまだちょっとたどたどしい所もあるのだけど、ばちの取り分けを見てると高くて大きくばちが飛んでいて凄く見栄えがいい。「テヘッ」って感じのキャラも憎めない感じ。マダムの「可愛いわねえ」って声が聞こえた。

カッコよかったな―って噛みしめながら帰る楽しさよ。

2014.08.17

8/17朝錬講談会@お江戸日本橋亭

読むほうも勿論大変だと思うのだけど行く方もなかなか。

みのり「寛永宮本武蔵伝 ~道場破り」「本能寺の逆寄せ」
貞橘「左甚五郎伝 水呑みの龍」

みのりさんは道場破りだけでは短いのでと本能寺の逆寄せの修羅場読みも。それとちょっとまくらも。朝ごはんに何を食べるか的な話を。まだ前座で普段ほとんどまくらをふらないから面白かった。

貞橘先生は水飲みの龍。貞橘先生が朝錬に出る時って妙にテンションが高い時と「あれ?」って感じの二極な感じで、今日はなかなか調子があがらなかった風。って朝の9時半から絶好調でって難しいか。とはいえ、左甚五郎が不忍池で龍を見る場面はキリっとしてて何度聴いても絵になるし、いい場面。女の子がドボンと飛び込んだと見てみると水面は静かで…と思ったら黒い雲が伸びてきて池から龍がビュワーン!と出てくるなんて、イカス。

出る方は大変だろうけども、朝から好きな講談を聴けるというのは非常に嬉しい、一日のやる気が湧く!

2014.08.16

8/16「新鋭講談会」@お茶の水太陽

本日一邑先生お休み。

駿之介「荒神山」
阿久鯉「柳沢昇進録」
~仲入り~
陽司「遠山金四郎」
貞橘「祐天吉松」

毎回とっても楽しみなこの新鋭講談会。

駿之介さん、まずは最近行ったお仕事の話とか泊ったあやしいホテルの話とか。この「まずは近況報告」も楽しみ。そして駿之介さんってなんとなくまくらを話しているのに気がついたら本題にってのがものすごくスマート。いつのまにか話の中にいるの。今回はそんなに話は先に進まず。仁吉達が桑名について、穴太徳の嫁と仁吉が言いあったり、桑名の親分たちが中に入ってくれようとするも上手くいかず、さあどうなる!って所。

阿久鯉先生の柳沢は、采女や息子が相次いで亡くなってしまい、傷心なお殿様を家来が順繰り順繰り御屋敷に招待してもてなして気分転換をしてもらおうと家来たちが画策。最初が良かったがだんだん飽きてきたところで柳沢の屋敷に!そこで気分転換出来すぎちゃって…的な。お殿様大々的に不倫するの巻な話で(相手は柳沢の嫁のさめ)、随分色っぽい回だった。殿様が家来の嫁に手を出すのを不倫というかはちょっとあれだけども。そしてこの先おなじみの浅妻舟のくだりになっていくと。阿久鯉先生がやるとそういうゲスい場面も下品にならないからいい。面白い展開になってきた。

陽司先生はこの会の少し前にあった事件について話したくてしょうがない様子(結局最後には喋っちゃった)。金四郎は弟の金次郎が亡くなって「家督どうする?」って話になっていると、殿様に取り次いでくれる人がいて直々に「ユー遠山の家に戻りなYO!」というお触れが出て、ここから遠山家に戻ってという話に。話の中で「宴席に正蔵が呼ばれて怪談を話す」という場面があり、陽司先生が落語の「牡丹燈籠」を正蔵の物まね(といっても初代なので誰もわからないわけですけども)で話すという珍しい場面有。後半鼠小僧も出て来て、こちらも盛り上がってきた。

貞橘先生は前回から祐天吉松を。加賀屋に婿入りして子供も生まれて幸せに暮らしている所に昔の仲間の金五郎が来て、金をゆすられる。キリがないと言う事で、金五郎を殺そうとするもあえなく失敗。家に戻らず昔の仲間に助っ人を頼む、と言うところまで。ここの金五郎とのやり取りを非常に細かく読んでた。なので今回はかなり吉松と金五郎という二人の男のやり取りがメイン。見た目シュッとした男前で物腰も柔らかくて優しそうな貞橘先生だけど、思いの外悪い奴をやるとカッコいい。妙な色気があったりする。が、カッコいい話なのにちょいちょい「ブッ」っていう引きごとをいれてくる。思いついた事を言わずにはいられないのかなっていつも思う。

なんとなく今回はちょいエロ、R18的な内容が多かったなって印象、話にもまくらにも。でもここに出ている皆様は下品じゃないので、そういう事を話しても下卑た印象を受けたりしないのがすごくいいなって思う。一人の持ち時間が30分近くあるし、力のある方ばかりなので、講談に興味が湧いたらこういう会にも来てほしいなって。

なにせ聴いていて気持ちがいいですので!

2014.08.13

8/13落語芸術協会定席夜の部@新宿末廣亭

遅くても入れるっていいね。

柳好「動物園」
歌春「たがや」
ボンボンブラザース
昇太「茶の湯」

まったりこってりより柳好師匠や歌春師匠みたいに、ポンポンポーンと話が進んでいくのが好き。聴いていて気持ちがいい。昇太さんってすごく楽しそうに笑いの多い噺をやっていながらも、どっか影があるように感じる時があるよね。とこの日は聴いていてなんとなくそう思った。不思議。

2014.08.11

フラッパーに写真を飾るよ。

「写真展」的な。

新宿ゴールデン街G2通りにある「FLAPPER」さんで、
写真を飾らせていただくことになりました。

8/12(火)~8/18(月)の一週間です。

新宿に行く用事があったら、ちょっと寄ってもらえたら嬉しいです。
とりあえず12日は開店から終日お店にいる予定です。

「FLAPPER」はバイタリティのあるオーナーのママを含めて(金曜日担当)、
素敵なお兄さんやお姉さんがカウンターにいる楽しいお店です。
「ゴールデン街怖そう」とか思わず、のんびり飲みに来てくださいませ。

宜しくお願いします!

「FLAPPER」
160-0021
東京都新宿区歌舞伎町1-1-10
OPEN 20:00~
チャージ1000円、各種ドリンク500円から。

140524_01


« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »