« 7/25「神田愛山独演会」@らくごカフェ | トップページ | フラッパーに写真を飾るよ。 »

2014.07.28

7/28「蜃気楼龍玉 独演会「真景累ヶ淵」通しで」@日本橋社会教育会館

あんなに長い話を?

龍玉「真景累ヶ淵」

ご自分でも8回に分けてやったような話を1回、ようは2時間ぐらいでやろうって話らしく。ライターの方がこの為に本を書いたそうで。本当に一人っきりの会だったので幕が開くといきなり龍玉師匠登場。少しまくらを振っている間にけっこう人が入ってきた。まあ、まくら中だからいいかって気もしつつ、こういう感じの会なら、もう始まったら席には着かず後で見てもらうってのもありかなって少し思った。

あたりまえだけど二時間では全編をみっちりやるわけにはいかず(ホントに当たり前だ)、最初の宗悦殺しあたりはスパーンとカット。カットというか全編「ここだ」という所だけふくらます感じ。最初はちょっと探り探りかなあって感じる所もあったけど、急所急所はバシッと聴かす。新吉がお累を酷く苛む場面が生々しい。生爪まではがれちゃってもう「ウヒー」。お久を殺して、それを見られた男ともめた後に逃げて入った家がその男(甚蔵)の家で、甚蔵が話すさっきの出来事を聴いている新吉がすごく良かった。龍玉さんのやる「困った男」とか「迷う男」とか「情けない男」って見ていてこっちまで「ああ、もう、ああ…」って気持ちにさせられるから好き。

席がかなり後だったのだけど、何かそういうのは気にならなくて、むしろ遠いのにふっと顔を横に向けた時の表情が妙にはっきり見えたり、すぐそこで手を振り上げられているような錯覚を覚える場面が何度もあった。あの沢山の客が集中していられるようなクオリティで、一つの話を一人っきりで二時間話す、その龍玉さんの地力の高さにただただ感服した。

良かったなあ、そして「龍玉さんカッコいいなあ…」ってしみじみ思う、そんな独演会でした。

« 7/25「神田愛山独演会」@らくごカフェ | トップページ | フラッパーに写真を飾るよ。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/60080549

この記事へのトラックバック一覧です: 7/28「蜃気楼龍玉 独演会「真景累ヶ淵」通しで」@日本橋社会教育会館:

« 7/25「神田愛山独演会」@らくごカフェ | トップページ | フラッパーに写真を飾るよ。 »