« 6/14「渋谷金王講談会」@東福寺涅槃堂 | トップページ | 6/20「講談協会定席」@お江戸日本橋亭 »

2014.06.16

6/16「新宿講談会 昼の部」@新宿永谷ホール

行ける時には昼にも行こう!

陽子「大名花屋」(違う題名で言ってたような)
~仲入り~
阿久鯉「天保六花撰~油屋の強請」
愛山「徳川天一坊~名君と名奉行」

陽子先生なんか可愛い。途中ちょいちょい入る「ホホホーッ」等のあの高笑いも可愛い。そんな陽子先生がやると、お花もとってもいじらしく見える。京子さんの披露目の話の流れで「三代目の山陽もいるにはいるんですけどね(ホホホ!)」と、久しぶりに行方が確認できたって話をしてた。つか、ホント山陽さんテレビに出るのもいいけど、講談もやってほしいよ。

阿久鯉先生も基本凛々しいけど、やっぱり女の子の時にはグッとキュートでその落差がいい。悪人なのにカッコよく見える直侍、今日もカッコ良かった。阿久鯉先生の、

「直侍っ!」(ドヤッ!)

っていうあの「直侍」ってグッと入る力が好き(顔も)。トリは愛山先生、ただ一人の男性出演者。「お待たせしました」で登場して、「せっかくなので私との握手権を~」と。欲しい!それ欲しい!。天一坊の発端の「名君と名奉行」をたっぷりと。最初の方だけだと「バカ殿いい加減にしろ!」だけど、後半どんどん持ち上がってくる吉宗公。落語と比べると講談って一話の中での時間のスパンが長いのがおおいよなあってなんとなく思う。

「山翁えくすぷれす」を買ってみた。

« 6/14「渋谷金王講談会」@東福寺涅槃堂 | トップページ | 6/20「講談協会定席」@お江戸日本橋亭 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/59829677

この記事へのトラックバック一覧です: 6/16「新宿講談会 昼の部」@新宿永谷ホール:

« 6/14「渋谷金王講談会」@東福寺涅槃堂 | トップページ | 6/20「講談協会定席」@お江戸日本橋亭 »