« 浅草→スカイツリー→鳩の街を散策。 | トップページ | 1/2「お江戸日本橋亭初春演芸会二部」@お江戸日本橋亭 »

2014.01.01

1/1落語芸術協会初席第三部@お江戸広小路亭

そうだ、全部座布団だった。

広小路亭って普段は後半分は椅子席なのだけど、初席はオール座布団。入った瞬間「あ、そうだった」と思い出す。客席が座布団の海。

吉好「秘伝書」
枝太郎「つる」
小圓右「初天神」
うめ吉
松鯉「門松の由来」

仕事終りに第三部の仲後だけ見てきた。何せ松鯉先生がトリなんだもん。さすがにこの時間まったりとした雰囲気で、その中で聴く小圓右師匠の「海外旅行で使える言葉の駄洒落」のじわじわくる感といったら…。うめ吉さんは年末にこじらせた風邪のせいでまだ喉が本調子ではなさそう。喉はあれで少し辛そうだけども相変わらず着物が素敵だし、今日は特にお客さんと近い感じの話し方で、これはこれでいい雰囲気だった。「春雨」を踊るのを綺麗だなあ…とぼんやり見る。

トリの松鯉先生はおせちや初夢の由来などをみっちり話した後に、初席恒例の「門松の由来」を。毎年聞いていても年始の縁起物って気分で飽きない。あのいい声だし、なんだかとってもあり難いものを聞かせていただいている感じ。お客さんギュウギュウ!じゃないけど、好きな席に点々座って、格別マナーの悪い人もいなくて、皆がニコニコのんびり聴いているのが寄席っぽいなぁって思った。まあ、寄席なんですけども。

今年も色んな高座を見に行きたい。

« 浅草→スカイツリー→鳩の街を散策。 | トップページ | 1/2「お江戸日本橋亭初春演芸会二部」@お江戸日本橋亭 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/58865361

この記事へのトラックバック一覧です: 1/1落語芸術協会初席第三部@お江戸広小路亭:

« 浅草→スカイツリー→鳩の街を散策。 | トップページ | 1/2「お江戸日本橋亭初春演芸会二部」@お江戸日本橋亭 »