« 8/21「若手特選落語会”芸協新作魂!”Vol.6」@お江戸日本橋亭 | トップページ | 9/8松鯉・貞山二人会@お江戸日本橋亭 »

2013.09.07

9/7「講談のススメ 其の七 神田阿久鯉 鯉のゆくえ~幡隋院長兵衛を聞く会 一」@四谷・須賀神社

今回から新しい読み物をスタート!

みのり「三方ヶ原の合戦~五色揃え」
阿久鯉「長兵衛の生い立ち」
~仲入り~
阿久鯉「吉原堤の間違い」

みのりさんは松鯉先生のところに入ったお弟子さん。まだ前座ではなく見習いだそうで。

阿久鯉先生は開口一番「良く皆様20分我慢なさいました!あれが我慢できればもうたいていのことは~(笑)」と。いつもこの会では最初に近況報告等々色々話すのだけど、今日はみのりさんの事や前座修行の事を。「前座の時分は厳しく厳しくしてやってください」と。前座の頃に甘やかされても何の得にもならない、前座の時に厳しい修行をつんでこそ、その後にその成果が花開くのだ、と。阿久鯉先生がおっしゃると説得力がある。(「高座は厳しく見て欲しいけど降りたら優しくしてやってください」と付け加えるのが優しい)

他にもチラシの宣伝を詳しく色々と。こうやってご自分の会を丁寧に説明しつつ告知って以外にない。高座の雰囲気を壊すからかなと思うけど、阿久鯉先生にいたっては、ここで他事をしっかり話しておいて、いざ話にはいるとビシッとしていらっしゃるから、こういうのもありなのだと。

で、今日から「幡隋院長兵衛」。初の侠客物だそうで。今日は長兵衛の生い立ちから「幡隋院長兵衛」と呼ばれるようになるまでをしっかり。そして長兵衛親分として名を馳せ初めてからの事件勃発。基本的に町人(しかも威勢のいい男)がメインなせいで、全体的に勢いがあって、またその威勢のいい口調(啖呵ですね)が阿久鯉先生にお似合い!カッコいい!。今日は「おー盛り上がって来たー!どうなるの?どうなるの?」っていうもう本当にすっごく先が気になる場面で「本日はここまで、続きは次回の~」って。キャー先が気なりすぎー。

本編が楽しいのに加えて随所に本筋に関係のあるマメ知識的なものが入ってきて、とっても聞きごたえがある。素敵ー阿久鯉先生素敵ー。

全部で一年とちょっと。連続ものとはいえ、大体最初に前回までの大まかなあらすじをお話してくださるので途中から聞いても問題無く楽しめると思います。軍記物や時代物よりも出てくる言葉もわかりやすいので、講談に余りなじみの無い人にもお勧め!楽しいんだよ講談!

次回は12月1日14時半~、場所は同じく四谷須賀神社にて。
130907_03
須賀神社には猫も。


« 8/21「若手特選落語会”芸協新作魂!”Vol.6」@お江戸日本橋亭 | トップページ | 9/8松鯉・貞山二人会@お江戸日本橋亭 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/58184539

この記事へのトラックバック一覧です: 9/7「講談のススメ 其の七 神田阿久鯉 鯉のゆくえ~幡隋院長兵衛を聞く会 一」@四谷・須賀神社:

« 8/21「若手特選落語会”芸協新作魂!”Vol.6」@お江戸日本橋亭 | トップページ | 9/8松鯉・貞山二人会@お江戸日本橋亭 »