« 8/15八月中席@新宿末廣亭 | トップページ | 8/21「若手特選落語会”芸協新作魂!”Vol.6」@お江戸日本橋亭 »

2013.08.21

今日の行田日記(由す美と日和cafeと)

地元じゃない町のとうろう流しに行ってみた。

夜に行田でとうろう流しがあり、そこに甲冑隊が出陣ということで、それならば昼から行って行田で色々食べたり写真を撮ろうと早めに行ってみる。

まずは「由す美」でランチ。いつもは友人の車で行ったりするのだが今日は一人なので歩き。時間が合えば西循環コースのバスがちょうど近くまで行くけど、いいのがなくて駅から歩く。地図を見ながらのんびり目に歩いても20分かからないくらい。涼しい日に道を覚えて歩くなら15分もかからないかと。途中無人の野菜販売所があった。

もう13時過ぎていたけどお店は結構人がいた。お盆営業でランチはやっていないけど、これならあるよと言われた「ミニカレーと冷やしたぬきセット」を注文。はー暑いところから来ると、涼しくて冷たいお水が飲める場所なんて天国ダスな。

由す美さんは、お店の隅々まで気を使ってあるなあという感じがする。
130816_02




ミニカレー登場。
130816_01

カレーうどん丼は食べたことがあるけど、カレー単品としては初めて。うどんで食べる時よりもまったり感がある感じ。ミニで美味しいのであっという間に食べてしまう。これ普通サイズでもよかったかも。

こちらが冷やしきつね。
130816_03

シャキシャキとした野菜が沢山入ってる。「あ、これにお餅が!」と思ったら(由す美さんのうどんには何かとお餅が入ってる)かまぼこの天麩羅だった。こりゃ美味しい。カレーがミニだったから、これじゃ物足りないかなと思ったけど、うどんが食べ応えあり、具も色々で結局丁度だった。暑いなか歩いてきたのでグラスビールも飲む。たまらんですな。

ゆっくりご飯を食べた後は西循環ルートで行田バスターミナルまで向かう。棚田三丁目から乗ったのだが、普段めったに通らない、持田・菅谷・城西あたりを通る。住宅地の真ん中にラブホテルがどどんとあって驚いた。出入り口が民家の正面って。しかし二時間休憩2500円て、安いな。

普段のお城に遊びに行っている時には見えないものが見えて新鮮だ。

バスターミナルに到着してそこから水城公園まで歩き、公園内をふらふらしながら写真を撮るも、蓮は終わっているし、ホテイアオイは早いし、これだ!というものが特に見当たらず、なんとなく歩いて終了。

このホテイアオイのまだまだ感。
130816_06




これ何?
130816_07

物知らずでお恥ずかしいのだけど、この緑色のトリュフチョコみたいなものは、松ぼっくり(の手前?)なの?。すっごい沢山あって、中から何か出てきそうな感じがちょっと気持ち悪いなあと。

写真的にはイマイチ盛り上がらず、もう休憩だと日和cafeに向かう。時間が時間だけに空いていたけど、夕方になると次々にお客さんが。人気だよ日和kafe。

まずグレープフルーツとライチのソーダ。さっぱりとしていて、混ぜているうちに凍らしたグレープフルーツの塊がとけてきて、少しほろ苦いのがなんとも美味しい。夏の飲み物にピッタリだ。一人で入ったけど、友人が一人増え、もう一人増え、随分長居をさせてもらってしまった。暑さもひと段落したのであとでコーヒーも注文。

ステキなディスプレイ。
130816_08




可愛いカップとソーサー。
130816_05

コーヒーの写真はタブに入ってるカメラアプリで撮影。こういうカフェご飯の写真って難しい。そういう時ってついこういう簡単になんとなく雰囲気がある写真が撮れるアプリを使ってしまうこともあり(ツイッターにあげるのも便利なので)、アプリに頼らず綺麗な写真を撮りたいものですな、と思う(ソーダの写真がないのは当たりの写真がなかったから。カフェ写真難しい)。

そして時間も迫ってきたので合流した友人達と歩いて秩父鉄道行田市駅に向かい、とうろう流しを見学するのでした。それはまた別枠で。

夜の甲冑隊始まり始まり。
130816_09

« 8/15八月中席@新宿末廣亭 | トップページ | 8/21「若手特選落語会”芸協新作魂!”Vol.6」@お江戸日本橋亭 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/58035026

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の行田日記(由す美と日和cafeと):

« 8/15八月中席@新宿末廣亭 | トップページ | 8/21「若手特選落語会”芸協新作魂!”Vol.6」@お江戸日本橋亭 »