« 今日の行田日記(由す美と日和cafeと) | トップページ | 9/7「講談のススメ 其の七 神田阿久鯉 鯉のゆくえ~幡隋院長兵衛を聞く会 一」@四谷・須賀神社 »

2013.08.22

8/21「若手特選落語会”芸協新作魂!”Vol.6」@お江戸日本橋亭

笑ったー、すごく笑ったー。

鯉毛「転失気」
鯉和「つる」
夏丸(懐かしいCMの話、歌いまくり)
枝太郎(転校生の男の子が出てくる話)
鯉昇(怪談?)
~仲入り~
鼎談(上手から夏丸・春蝶・鯉昇・枝太郎)
春蝶「昭和任侠伝」
陽昇「皿屋敷」
枝太郎(全然支持されてない男の選挙の話)
※新作は演題がわからないぜ。

幕が上がって流れる出囃子が「にんじゃりばんばん」!ウケた!。まずそれにのって枝太郎さんが浴衣姿で出てきて挨拶と会の説明。やはり花巻東が気になっていた模様。前座さんは鯉ブラザーズから二人。鯉毛さんの坊主キャラ可愛い、鯉和さんの「パワーつる!」って感じが好感度高し。

ここからは全員新作。

夏丸さんは色々な師匠の思い出から昔のCMソングを歌っていくという、(このネタに関しては)芸風が幸丸師匠とそっくりだ。どかん!どかん!と爆笑という感じではなかったけれど、ふっと見ると年長のお客さん達がとても楽しそうな顔で見ていたのがいい感じ。

今度は「あまちゃん」のテーマで登場。枝太郎さんのこの夏休みの噺は、ちょっとおセンチでいいよね。中二病な男子をやらせたら枝太郎さんピカイチだ(褒めてる)。

鯉昇師匠も自作の新作ということで、どんな噺をと期待して行ったのだけど、こりゃまたさすがの面白さ。新作だからということで古典を話している時とガラっとテイストが変わるわけじゃなく、じわじわと面白いの。

仲入りあけて鼎談。自己紹介をする間もなく鯉昇師匠も春蝶さんも話し始める。ここでの話もとっても面白いし、特に鯉昇師匠の新作に対する気持ちが聞けたのは、今日ここに来て良かったなあと。最後に夏丸さんが松喬師匠の真似をしたら、後ろの鯉昇師匠と春蝶さんがえらい楽しそうだった。

春蝶さんはお父様が得意にしていたという「昭和任侠伝」、面白かった。健さんや任侠の世界に憧れた中二病みたいなお馬鹿さんと周りの人の話。主人公がどこまでもアホで、周りがどこまでも冷静なのがいい。春蝶さん初聞き。声が低くてすごく「男前声」で、いい声だ。鼎談の時は普通に話していたけど、落語の時には男前声を発動してた。着物も着方もセンスが良いなあと思った。

陽昇さんは「皿屋敷」を漫才で。陽昇さんの落語を漫才では色々なネタでやっているけど、どれも面白い、今回も良かった。躊躇なくボケきる陽さんとあくまでも冷静な昇さん。高座にパワーがあるよ。高座中爆笑。

最後は「ヘビーローテーション」で登場。枝太郎さんがネタおろし。選挙ネタなのに、最後はちょっとおセンチ風味を混ぜてくるところが枝太郎さんぽい感じ。最後の最後でマジなのかネタなのかわからないあのドタバタの幕引き。

全編おふざけな所もありがなら、色んなタイプの違う新作、貴重な鯉昇師匠の新作、上方の方と混ざっての鼎談。手足れなお囃子さんの素敵な出囃子。会の趣旨がはっきりしている上に、聞かせどころもちゃんとある、楽しい会だった。

« 今日の行田日記(由す美と日和cafeと) | トップページ | 9/7「講談のススメ 其の七 神田阿久鯉 鯉のゆくえ~幡隋院長兵衛を聞く会 一」@四谷・須賀神社 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/58041623

この記事へのトラックバック一覧です: 8/21「若手特選落語会”芸協新作魂!”Vol.6」@お江戸日本橋亭:

« 今日の行田日記(由す美と日和cafeと) | トップページ | 9/7「講談のススメ 其の七 神田阿久鯉 鯉のゆくえ~幡隋院長兵衛を聞く会 一」@四谷・須賀神社 »