« 「真夏の夜の動物園」に行ってきた。 | トップページ | 今日の行田日記(由す美と日和cafeと) »

2013.08.15

8/15八月中席@新宿末廣亭

桟敷のクーラーがゴーゴー、それも風情。

圓「長短」
~仲入り~
円満「替り目」
玉八
小助六「宮戸川」
柳太郎「結婚式風景」
正二郎<太神楽曲芸>
円馬「笠碁」

圓師匠、饅頭を食べてるだけなのに客席から「フフフ」っと楽しそうな声がそこかしこ。長短って人によってはちょっと聞いていてダレてしまうのだけど、圓師匠のはあんなに間をとってるのに退屈な感じがしなくて、あの登場人物の二人ともチャーミングだし、仲がいいのが伝わってくるのがいい。

玉八師匠。前にも芸協の芝居にご出演でその時ぶりに拝見。出てきてまず思うのは、着物の着方が綺麗だなあと。後全体の色のセンスが素敵。今日は色々な都都逸を。最後にやったあの長い唄(曲名わからなくて…)カッコよかった。

小助六さんは「宮戸川」。あれ、そういえばこの噺、披露目の時にかかってなかったよなーとか思ったり。なんでだろ(前に出てるとかだよね)。女が嫌いなんだか、お花が嫌いなんだか、嫌いじゃないけどどうしたらいいのかわからないのか、の半ちゃんの「うわー!」って感じが小助六さんに合ってるような(イメージです)。今日の着物もいい感じだったなあ。遠めに見ると薄い青に縞っぽかった。暖色より寒色の方が似合う感じがする。

正二郎さんは、抜き扇の場面で一瞬ヒヤリ。でも倒れるとかせず、すっとすかさずキャッチしてさすがと思った。いつも思うのだけど、鞠を二つ重ねたり、おバチの根っこに乗せるのもすごいのだが、そののせる手前でバチを加えたまま(上には色々のってるのですよ!)「ほっ!」って掛け声がかけられるのがすごいなあと。おバチ加えてるんすよ!色々のってるんすよ!

最後円馬師匠は「笠碁」。大筋の「仲良しの二人が『待った』で喧嘩して、でも最後は仲直り」というのは一緒なのだけど、その大筋以外の設定が今まで聞いたことのあるものとは随分違っていて新鮮。どこが!と説明しづらいのだけど、円馬師匠のじわじわくる感じが非常に楽しい。まくらのもにょもにょ感もいい。

ほら、小助六さん。もうここに名前がのるのです。
130815_01

« 「真夏の夜の動物園」に行ってきた。 | トップページ | 今日の行田日記(由す美と日和cafeと) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/57999569

この記事へのトラックバック一覧です: 8/15八月中席@新宿末廣亭:

« 「真夏の夜の動物園」に行ってきた。 | トップページ | 今日の行田日記(由す美と日和cafeと) »