« 今日の行田日記(第四期お披露目編) | トップページ | 5/26「一龍斎貞橘 真打昇進披露興行 連続講談の会(三日目)」@神保町らくごカフェ »

2013.06.12

5/25「神田松鯉独演会」@お江戸日本橋亭

昼はお弟子さん、夜は師匠の会。松鯉一門ラブ。

真紅「猿飛佐助」
松之丞「谷風情相撲~寛政力士伝」
松鯉「隆光の逆祈り」
~仲入り~
味千代<太神楽>
松鯉「柳田角之進」

特筆すべきはやはり師匠の「柳田角之進」。とっても久しぶりの新ネタだそうで。落語でよくあるタイプの形とは各所随分違っていて、全部書いて説明したいところだけど、それをまだいろんなところでおかけになるであろうことを思うとネタバレで書いてしまっていいのか迷うので、詳細は書かないでおこうかと。

ともかくこの話で自分が落語で聞いた時に「ないわー、それはないわー」という箇所がことごとく聞いていて自然で納得できる形になっていて、だからこそとっても話に入り込んで聞けた(偶然にも私が好きな馬治さんも同じ形に変えてる。本当に偶然だけど嬉しい)。あのスタンダードな形を否定したいわけではないけれど、どうしても「いくらなんでもそれはない」と最後に思ってしまうと、どうしても聞いた後「よかったね」って気持ちにならないので、どなたで聞いてもなかなか好きになれない話だったのだけど、松鯉先生ので好きになれた。また師匠の柳田は真面目で誠実で、かつ貧しい生活ながらも武士としての品があって素敵なの。

あと単純に師匠のぐぐぐっと来る低い声が好きなので、その声をずっと聞いているだけで心地よくてうっとりする。

6/30日本講談協会定席主任で柳田をネタだしされていらっしゃるので、是非とも一度聞いてみて欲しいと思う次第。開演12:50、お江戸広小路亭で当日2500円。

師匠は本当に素敵。

« 今日の行田日記(第四期お披露目編) | トップページ | 5/26「一龍斎貞橘 真打昇進披露興行 連続講談の会(三日目)」@神保町らくごカフェ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/57579011

この記事へのトラックバック一覧です: 5/25「神田松鯉独演会」@お江戸日本橋亭:

« 今日の行田日記(第四期お披露目編) | トップページ | 5/26「一龍斎貞橘 真打昇進披露興行 連続講談の会(三日目)」@神保町らくごカフェ »