« 5/6「鯉のゆくえ」神田阿久鯉の太閤記を聞く会十五@四谷須賀神社 | トップページ | 5/8五月上席真打昇進披露興行@新宿末廣亭 »

2013.05.07

5/7たま・南湖二人会@koenji HACO

初めてのkoenji HACO、案の定迷う。

たま・南湖でトーク
笑子「寿限無」
南湖「天王山の戦い」
たま「近日息子」
~仲入り~
南湖「大徳寺焼香場」
たま「百年目」

楽しかったー上方の言葉っていいわー。二人の喋りのテンションの違いが面白い。なんでそんな面白い人ばっかりまわりにいるの!?って思うような楽しい人たちのことを。たまさんがまた上手に話すから、面白すぎて笑いが止まらなかったよ…。

たまさんは「近日息子」では、ものすっごい勢いの喋り。人の声で耳がわーんとしそうになったの初めてかも。すっごい勢いですっごいくだらないことばっかりを言う。たまさんの勢いに聞いてるこっちも妙に気持ちがそわそわした。こっちで聞く近日息子とは全然違ってたけど面白かった。

「百年目」では少ししっとり。大旦那の人間の大きいところがよかったなあ。あの栴檀を例えてとつとつと話すところとか、遊んでる番頭を咎めないでさらっと帰るところとか。だから番頭の馬鹿っぽさが際立つ。私、「百年目」って噺を初めて聞いた。楽しい「初「百年目」」で良かった。

南湖さんは「太閤記」の中から二席。南湖さんの太閤記は訥々といく味わい。聞いていて心地いいし、何かこうね、じわじわと胸に来る感じが、いいなあと思うのですよ。今日かけた二席なら「大徳焼香場寺」の方が好きだ。延々参列(っていうのか?)している人を紹介してるところとか、秀吉が登場する場面とか、じわじわくる感じ。

南湖さんが色々と講談についてお話してくださったのだけど、内容をニュアンスで覚えているのでここに書けなくてあれなのですが、南湖さんにしろ、少し前に「大徳寺焼香場」をかけていた阿久鯉先生にしろ、こういうあんまりキャッチーではないかもしれない話もかけるお二人のような人がいるから講談が続いていくのだよね、と思った。

楽しい会でした!

« 5/6「鯉のゆくえ」神田阿久鯉の太閤記を聞く会十五@四谷須賀神社 | トップページ | 5/8五月上席真打昇進披露興行@新宿末廣亭 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/57399543

この記事へのトラックバック一覧です: 5/7たま・南湖二人会@koenji HACO:

« 5/6「鯉のゆくえ」神田阿久鯉の太閤記を聞く会十五@四谷須賀神社 | トップページ | 5/8五月上席真打昇進披露興行@新宿末廣亭 »