« 5/1五月上席真打昇進披露興行@新宿末廣亭 | トップページ | 5/3四派で深夜@新宿末廣亭 »

2013.05.04

5/3五月上席真打昇進披露興行@新宿末廣亭

小助六師匠初主任。

音助「酒の粕」
雷太「元犬」
美由<俗曲>
可龍「秘伝書」
鹿の子「袈裟御前」
陽昇<漫才>
柳好「動物園」
夢丸(漫談)
コント青年団<コント>
昇太(漫談)
小遊三(漫談)
~仲入り~
口上(上手から(多分)小遊三・夢丸・世楽・笑好・小助六・助六・昇太)
笑好「ぜんざい公社」
世楽「十徳」
東京ボーイズ(ボーイズ)
小柳枝「粗忽長屋」
助六「目薬」
ボンボンブラザース(太神楽曲芸)
小助六「お見立て」

歌丸師匠が上がっている時間位に着くと入場規制中、終わってからやっと入れる。二階も開いていて大賑わい。

前座が音助さん、これで助六一門総出演。小遊三師匠、せっかくの新真打お披露目なんだから他の一門のエピソードを延々語るのではなく、芸術協会の人の話をして欲しかったなー。

口上では今日のトリは誰だっけ?という話題で軽くハプニング。その時の小助六師匠の顔ったら!。間違われてしまったのはあれだけど、ちゃんと訂正されたし、むしろ印象に残ったよ!

東京ボーイズさん激短い。持ち時間伸縮自在、さすが。

そして今日のトリは小助六師匠。いつもの楽しいまくらから「お見立て」へ。明るくって、意地悪な喜瀬川花魁すら嫌味じゃなくって小気味よく、小さなクスグリはどれも利いてて、とっても素敵な晴れやかな初主任だった。送り手が大きかったのが高座が良かった証拠。

三代目雷門小助六の上りも華やかに。あ、南流山からのだ!
130503_01

そういえば小助六師匠。噺に入って最初のほう、上下がちょっと変。振り角度が狭いというか、振り方が微妙というか。後半は普通どおりに戻っていたけれど、あんまり緊張していないといいつつも、やっぱり末広亭初主任で少しは緊張していたのかなあ、なんて思ったり。

« 5/1五月上席真打昇進披露興行@新宿末廣亭 | トップページ | 5/3四派で深夜@新宿末廣亭 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/57304470

この記事へのトラックバック一覧です: 5/3五月上席真打昇進披露興行@新宿末廣亭:

« 5/1五月上席真打昇進披露興行@新宿末廣亭 | トップページ | 5/3四派で深夜@新宿末廣亭 »