« 5/14五月中席打昇進披露興行@浅草演芸ホール | トップページ | 今日の行田日記 »

2013.05.15

5/15五月中席打昇進披露興行@浅草演芸ホール(小助六主任)

口上には間に合わず、残念。

鶴光「秘伝書」
小柳枝「桃太郎」
ボンボンブラザース(太神楽曲芸)
小助六「お見立て」

(ここから夜席)
遊かり「一目上がり」
蘭「アマテラス」
扇鶴<俗曲>
翔丸(自作の新作、幽霊になりたい女の噺)

立ち見こそいないけど今日もほぼ満員。小柳枝師匠が「桃太郎」をかけていたのだけど、もう馬鹿ウケ。奇をてらった台詞があるわけじゃないのに、聞いていると楽しくてたまらないってすごい。これが、これがベテランの技なのですな!素敵小柳枝師匠!

小助六師匠浅草主任二日目は「お見立て」。もう何度も聞いてるけど(三日前もだね)、やっぱりいいよねえ。小助六師匠は「どうだ!」「面白いだろう!」的に押してくる感じじゃなく、ふわっとしてて、そのガツガツしてない所が、私が想像する落語の中の登場人物にぴったりだからか好きなのかなあ。後、高座姿も背が高い割りに圧迫感がなくて、柔らかくしゅっと座ってる姿がカッコいい。今日も楽しかった!

浅草のトリは後一日、18日の土曜!

今日は来たのが遅めだったのでちょっと残って夜の部も少しだけ。

蘭ちゃんいつみてもブレてない。あの高座って好き嫌いは分かれると思うのだけど、あのブレなさ加減はすごいと思う。浅草のオッサンとおばちゃんばっかりの客席でもあのキャラ。扇鶴先生、最初はお客さんも「どんな人なのかしら?」って雰囲気だったのに、後半「捨てちゃイヤーん」の辺りからじわじわと来て、最後の曲では不思議な一体感が(お客さんが小声で歌ってる!フェスか!?)。扇鶴マジック。

そして真打お披露目もおめでたいけれど、翔丸さんも今席から二つ目昇進。おめでとうございます!なの。袴に黒紋付で羽織と、フルセットで登場。なんと自作の新作を。これがお年寄りの多いような客席でも「ポカン?」されない受け止めやすい設定だったからかウケてた。初めて聞いたけど面白い噺だった。翔丸さんは新作もやりたい人だったのねえって、よくよく考えれば米丸一門なんだものね。緊張していたのかわからないけど、前半ものすっごい早口な翔丸さんだ。

ここで退出、また仕事に戻る。明日も来たくなっちゃうね。

« 5/14五月中席打昇進披露興行@浅草演芸ホール | トップページ | 今日の行田日記 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/57391959

この記事へのトラックバック一覧です: 5/15五月中席打昇進披露興行@浅草演芸ホール(小助六主任):

« 5/14五月中席打昇進披露興行@浅草演芸ホール | トップページ | 今日の行田日記 »