« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013.01.14

「忍城おもてなし甲冑隊展」開催

まいにちがーはずむばしょーニットーモールー♪

今日から熊谷駅直結(ちょっと遠いけど)のニットーモールで「忍城おもてなし甲冑隊展」というのを開催していまして、そこでの写真展。私の写真が入選したのは先のブログでもお知らせしましたが、なんと「柴崎和泉守賞」もいただいたのです!ありがとうございます!

どの写真が入選かは見てからのお楽しみだったのですが、行ってみるとその和泉様賞以外にも複数展示していただいておりました。嬉しくて嬉しくて、会場ではなんだかずっと変なテンションだったような。そもそも自分の写真をあんなに大きく(B2)してみたことなどないので、とっても新鮮。おまけにその自分の写真を見て褒めてくださる方もいて、もうもう感激。「欲しい!」なんて言ってくださった方、ありがとうございます。チョー嬉しいです!マジ喜んでます!

写真を撮らせてもらうというのはまったくもって自分のエゴな訳で、だからせめて甲冑隊を撮らせてもらったなら「ウシシウシシ」と自分だけの楽しみにしないで、何か少しでも還元出来たらと思っていたので、この機会にこういう写真展が開催され、少しでも私の写真が役に立ったのなら光栄なのです。

そして何より、いつも写真を撮らせてくださっている甲冑隊の皆様に心から感謝を。

せっかくなので今日の一枚を。
130114_01

って、和泉様賞をもらったのに和泉様じゃないのかよ!?ですけど、だって午前中は和泉様がいらっしゃらなかったんですもん。雪の降る忍城はとっても雰囲気があって、丹波様とっても絵になっていたのです。

甲冑隊展は1/31まで開催。沢山の力作が揃った楽しい写真展ですし、そもそも写真展はサブで、メインの甲冑隊グッズの展示がかなり楽しいものが沢山展示されておりますので、是非皆様足をお運びくださいませ。

ニットさんも可愛いからね!

2013.01.11

1月10日TWIN TAIL@渋谷WWW

素敵すぎて。

TWIN TAILは勝井祐二、中村達也、 照井利幸、豊田利晃。最初に豊田さん監督のショートムービーが流れて、といっても、その時にもう三人出てきて演奏してた。途中達也さんがはける曲があったけど、MCもなく2時間ぶっ続け。アンコール有。

もうもう素晴らしかった。厚みあり重厚で美しい音に圧倒されたりうっとりしたり。ただただ聞き惚れている感じ。達也さんのドラムを叩いている時のあの体の軸のぶれ無ささが凄いなと。丹田が座っているというのか、だからこそのあのドラムなのかしら。アンコールでの音の素晴らしさと叩く姿の美しさに感涙。言葉が無いのに(あ、言うまでもないかもしれないけどバイオリン、ドラム、ベースなのでボーカルはないんだよ)、あそこまで胸に訴えかける何かがあるって!

本編の最後の方の曲のベースだけが「あ、なんかブランキーみたい」って思った。ほの暗く物哀しいような、そういう印象。その時の後ろの映像とピッタリで良かったなあ。いや、どの曲もいいのですけれど。照井さんがギターを弾いていた曲もカッコよかった。いやだから、全部カッコいいんだけど。

ブランキーみたいな曲を待っているわけでもないし、そういう曲はやらないで!と強く思っているわけでもないので、ただただ「あ、ブランキーの匂いがするなあ」って思ったと。

ただ個人的には演奏している時の顔も含めてライブなので、もう少し三人の顔が見えるような照明にしてもらいたかったな。やっぱり見たいですよ、どんな顔をして弾いているのか。ライブ中はほとんど見えなかっただけに、最後の笑顔がそれはそれは印象的ではあったけど、いやでも本編中も見たい。

全編ずっと続いているので、お客さんが拍手をしたのは最後とかアンコールの時だけ。なにかこう聞いている方も良い意味での緊張感を持っているようなライブだったような。ただただカッコよかった。

TWIN TAIL万歳。

2013.01.08

「忍城おもてなし甲冑隊展」

とうとうですよ。

今度甲冑隊が熊谷のニットーモールという場所で「忍城おもてなし甲冑隊展」というのを開く。今迄甲冑隊が使用した諸々のお宝グッズを展示するとともに、お客さんから公募した写真も展示。ということで先月末に募集がかかっていたので、これはもう応募するしかないでしょうと、張り切って応募。で、

なんと有難いことに入選いたしました!
おまけに各個人が一枚お気に入りを選出の「個人賞」もいただくことができました!
嬉しい!マジ嬉しい!

正式なフォトコンではないけれど、むしろ被写体である甲冑隊が選んでくれたというのが有難いし、自分のものが選ばれるなんて機会はめったにないので、もうホントに嬉しい。

1000枚近く応募があった中からの40枚だそうで。で、実は自分のどの写真が選ばれたのかはまだわからない。現場に行って見てみて「お、これか!」となるという。

初日は甲冑隊も来て演舞の披露もあるので、よろしければ1月14日熊谷ニットーモールに来てみてくださいませ。この日から始まって今月いっぱいは展示なので、14日以外でも熊谷に行く機会があったら是非に。ニットーモールは駅から直結なので行きやすいし、ニットちゃんというゆるキャラも可愛いのですよ。

私を含めて皆プロのカメラマンではないけれど、被写体に対する愛情はいっぱい(むしろそればっかり)なので、プロが撮るのとはまた違った目線での写真が見られるのではないかと。

「忍城おもてなし甲冑隊展 開会イベント」
日付 : 1月14日(月・祝)(展示は1/31まで)
場所 : ニットーモール(埼玉県熊谷市) 1Fイベント広場
出陣時間 : 14:30頃~16:00頃
ステージ : 15:00~
出陣 : 甲斐姫、成田長親、正木丹波守、柴崎和泉守、酒巻靱負、だんべ、やいち、さき

このブログでアップした写真も応募した中に入っているので、見に行ったら「あ、これ」ってなる場合もあるかも。

楽しみダスな!

2013.01.07

大晦日に江ノ島散策2

エスカーには今回も乗りませんでした。

昼ご飯を食べてまた散策開始。二回目の江ノ島だけど、来ている観光客はやはりファミリーかカップルが多い。というか、もう少し前に行った水族館も、金曜に行った上野動物園もそうで、なぜかあまり同性同士のお客さんって少ないよね。なんでだ。

ジオラマ風に加工したもの。それっぽい!
つぶつぶ見えるのはサーファーの皆様。この日はすごく多かった。
121231_11




猫の口がムヒッとなっているのの可愛いことよ。
121231_12




小道を進むとその奥が海。
121231_13




硝子戸を閉められてガックリなわけ。
121231_14




小エロ。
121231_15




何考えてんのかな。
121231_16




昔母の実家で飼っていたマミーという猫に柄が激似。
ベテランの佇まいも激似。
121231_17




サボテン?
121231_18




すごく入りたい。
121231_19

今回夕陽を撮りたいなあと思っていたのだけど、昼間はあんなに暖かかったのに、陽が落ち始めると猛烈に寒くそして風がすごい。江ノ島に渡る橋の辺りで撮りたかったのだけどもうちょっと「ヒー!」って位に寒くてなかなか大変。そして思っていた以上に陽が沈むのは早くて、もたもたしている間にあっさり全部沈んでしまった。あんなに早いのね。

前回は全然気がつかなかったのだけど、この日は富士山が良く見えた。富士山込みの写真を撮りたいなら空気が澄んでいる寒い時期がいいよね。寒いけど。良く見えたとかいいつつも、最初は他の観光客の方が「あ、富士山だ!」とか言ってるのを横で聞いて、「え?どれ?あれ?…違うか。こっちか?」とか全然見当違いの山を見てた。だって、こんなに近いって思わなかったんだもん。

ほら、こんなに近くに。
121231_21




夕陽って難しい。
121231_20

ということで、帰りの夕陽の時だけは激寒だったけど、それまではいいお天気に恵まれた、楽しい江ノ島。何かと猫につかまって遅れる私に付き合ってくれた同行の友人にも感謝。そしてこの日は甲冑隊が出陣する年越しイベントに行くために、このまま行田に向かうのでした。なんと楽しい大晦日の過ごし方!

またね。
121231_22

2013.01.03

大晦日に江ノ島散策

大晦日ということに特に理由は無く。

少し前にGRのオフ会で初めて江ノ島に行って、海あり山あり猫ありと撮りたくなるものが沢山あったので、その時にも一緒に来た友人とまた写真を撮りに来てみた。今回もGRⅢと60Dの二つを持って。オフ会で来た時は充電器不良でしっかり充電が出来ていなくて、「ああーもう電池がー」という情けないことになったけれど、今回はしっかり充電、予備も持参でもう準備万端。で、大晦日の江ノ島事情が全然わからなかったのだけど、大晦日とはいえ人は沢山で賑わっておりました。前回あまり行かなかった場所を歩くような感じでスタート。しょっぱなから猫にガンガン遭遇。

オレンジ色の猫って可愛いよね。いや、皆可愛いけど。
121231_01




「私なんかにはまったく興味が無い」という感じがいい。
121231_02




下道と書いてある方を進むと、途中でこんな風に視界が開ける場所が。
121231_03




冬ならではの花の色ってあるよね。
121231_04

今回は洞窟にも入ってみたのだが、その洞窟に行くまでの道から見える海がもうそれはそれはざっぶんざっぶんと。道のすぐそこまで波が来ていて、軽く「キャー!」と。興奮してものすごい連写で波を撮ってみたけど、今見返してみると全然ピンとくるものなし…。

洞窟は基本的には観光で歩けるように整備されていて、歩く場所の天井はシートで覆ってあるので水も垂れてこないし、現代的な演出がされていて正直ちょっと「ん…」という気がしなくもなかったけれど、一番奥の「江の島信仰の発祥の地で昔は富士山とつながっていると言われていた」という場所は、ちょっと空気が違って感じたですよ。パワースポットというとなんだか薄っぺらい気もするけど、弘法大師や日蓮聖人も修行したといういわれのある場所。何かあってもおかしくないよねえ。

入っちゃダメな場所。
121231_05




ボケててもわかるこのベテランの佇まい。
121231_06




「くっさー」
121231_07




お昼は景色のいいお店で海鮮丼(1500円)、うまし。
121231_08




せっかくなんで反対側も。
121231_09




これは洞窟の途中の道から海側を撮った写真をトイカメラ風に加工したもの。明治・大正の頃の資料写真みたいになった。
121231_10

しっかり着込んで行ったし、風が無くてとっても散策日和。沢山うろうろしたので、散策日記は後半へ続く。

2013.01.01

あけましておめでとうございます。

2013年ですって。

2012年の12月は何が何やらと言う位に時間の進みが速くて、更新もままらなないまま、あっという間に2013年になってしまいました。

2012年の大みそかは友人と朝から江ノ島に写真を撮りに行き、その後行田に移動し、忍城おもてなし甲冑隊とお城で年越しイベントに参加、その後古代蓮の里に移動し初日の出を見る。江ノ島は花はあまり咲いていないけど、冬ならではの景色(と猫)の写真が沢山撮れたし、年越し&初日の出はいつもと違う時間帯のイベントと言うことで、徹夜で疲れはしたけれどテンション高めの楽しい時間を過ごすことができて、どちらも行って良かった大満足な感じ。

忍城では鐘撞きもさせてもらったのだけど、人数制限なしで結局1時までゴーンゴーンと鐘鳴りっぱなし。11時から搗き始めたから結局二時間ゴーンゴーンと。近所の人は大変だな。甲冑隊の三人もついたのだが、つく時に「行くぞー!」な掛け声、お客さん(つかファン)「おー!」。ライブみたいでなかなか楽しい瞬間でした。あと年明けて蓮の里での靱負様の顔のコンディションがそれはそれは素晴らしく、見惚れるほどの美しい顔なのに徹夜のハイテンションノリでおかしな話をしてくれるのを聞けたのが個人的には「新年早々ありがたやありがたや」って感じでした。

ここ一年半位はブログも甲冑隊ネタが多くて、落語や講談にも行ってはいるけどあまりそのことが書けてないし、そもそも甲冑隊ネタもアップし損ねていることも多く。

自分がブログを始めたのはメジャーじゃないところにも「こんなに素敵な人が!」ってのを知ってほしくての事なので(そして同じように思っている人に「そうそう!そうなの!」と感じて欲しくて)、今年はもちょっとマメに更新出来るように頑張りたいところです。って、毎年同じような事を書いてるけど!そして全然達成できてないけども!

今年こそは。

写真は行田での初日の出。先着70人はタワーに上って見られるのだけど、それ以外の人は下で。もっと「うわー!!!」ってな感じになるのかと思っていたのだけど「んー上がっ…た?これ?これなの?」的なぼんやりした初日の出でした。こんなもの?

初日の出というより「使途来襲」。
130101_01

と言うことで、皆様今年も宜しくお願いいたします!

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »