« 今日の行田日記(浮き城まつり編) | トップページ | 落語芸術協会7月下席@新宿末廣亭 »

2012.07.31

今日の行田日記(浮き城まつりのおまけ)

腕フェチの人に捧ぐ。
120729_10

若干ピントが甘くてごめんなさいなのだけど。

ものすごく余談なのですが、この「扇を使って弓を引く仕草」というのは、講談でも出てくる。「扇の的」というのはまさにそれで、那須与一が敵方の軍勢の計略で船の上に掲げられた扇のかなめを射抜くという場面があって、講談でそれをきくといつも靱負様の姿が浮かんでいたのだけど(若くて凛々しい烏帽子姿の若武者ってところで)、この舞はまさにその仕草。もうこれから誰で「扇の的」を聞いても、この姿が浮かんでしまいそう。

あの赤い甲冑でこの演舞をやってもらえないかなあ。あ、そっか甲冑だと出来ないや(着物だからこその動きがある)。残念…。

余談失礼。

« 今日の行田日記(浮き城まつり編) | トップページ | 落語芸術協会7月下席@新宿末廣亭 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/55317663

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の行田日記(浮き城まつりのおまけ):

« 今日の行田日記(浮き城まつり編) | トップページ | 落語芸術協会7月下席@新宿末廣亭 »