« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012.06.12

今日の行田日記(「田んぼアートin行田」編)

朝9:45に古代蓮の里集合は、地元以外だとなかなか厳しいものがある。

駅から車に乗せてくれた友人に感謝しつつ、古代蓮の里へ。「ギネスに挑戦!」な田んぼアートの田植えの日、甲冑隊も出陣ということで行って来た訳ですよ。前日ずっと雨が降っていたので大丈夫かと思っていたけども演舞決行。

が、やはりうわべわ乾いているように見えるけど、まだまだ土はしけっていたようで、和泉様と靱負様が足を滑らす場面も。でもすぐ態勢立て直しで続行。しかも今日は別のアクシデントが発生。なんと靱負様がインしてくる手前で音が出なくなってしまった。正直いったん止めて再度かな?と私は思ったのだけど、そのままかすかに聞こえる音でそのまま靱負様イン!。後半少し機材をいじったおかげで音が出たけど、足元&音という二つのマイナス要素が入ってしまい、甲冑隊の皆様はさぞやりにくかっただろうと。

そして演舞は「筆頭三家老」のみ。なので長親様は挨拶だけの登場。んーちょっと寂しい気がしないでもない古代蓮の里の出陣。まあ、田んぼアートがメインなので、甲冑隊自体の持ち時間も少ないのかなとも思ったり。その中で、

「なんどでもまいるぞ!」な靱負様がカッコいい。
120610_02


三家老でフルーツバスケット中。
120610_03


さ、甲冑隊もどっかいっちゃったし、腹ごしらえでもしましょうかと、ここに来たら食べられる、これだ。


はにわドック'sでーす♪焼かれてまーす♪

120610_04


はにわドックを食べたり、まだ蕾すらほとんどない蓮を撮っていると甲冑隊が田んぼの方に降りていくのを発見。じゃあ見に行こうと下に行ってみると、長親様が撮影しておりました(ブログ参照)。そんな横でこの三人は、


上司が働いているのに、一人寝ている人がいます。
120610_05


さきちゃん「ちょっとちょっと私の田んぼなんでー」とか?
120610_06


やいちさん、旗の角度といいポージング完璧!
120610_07


「田植えしたいんだけどなー」とか思ってる?
120610_08


田んぼの横で扇子でパタパタなんて、本当に田植えを視察に来たお偉いさんみたい。
120610_09


ちなみに和泉様の奥の方で田植えをしているのが、田んぼアートの参加者の皆様。もしこれがギネスに載った場合は「ギネス記録に貢献した皆様」なわけですな。ちなみにこの日は「飛び入りできますよ」(参加費500円))だったので、よっぽど参加してみようかと思ったのだけど、もしこけた場合、どうやって帰るんだよと思うと断念。着替えがあったら参加していたかも。

甲冑隊の皆様も取材が終わり、市長とも記念撮影をしたあたりで撤収。お疲れさんでした。私は午後は帰って仕事をしないといけなかったので、午後のお城は断念して帰宅。田んぼアート、今年はどうなるか楽しみだ。

蓮はまだまだ。池の番をしている蛙もまだ暇そうね。
120610_01


2012.06.09

雨の忍城。

憂いている酒巻靱負
120609_01_2

笑顔じゃない靱負様もいい。






お散歩中の長親様。
120609_04

雨でもあまり気にせずうろうろされております。






忍城の悪二人組。
120609_03

悪いことをしでかしそうな顔をしています(靱負様下の階段にいるので、この背の違い)






酒巻靱負、空を見る。
120609_02

靱負様のこういう表情が撮れると嬉しい。最近本当にいい男。

雨の日は雨の日の楽しみ方で。

2012.06.05

え、もう6月…?

早いな。

5月の後半くらいから自分的に嬉しい事が沢山あって、これはどーんとくるな…と思っていたら来た。仕事、やってもやっても終わらない。楽しい事と大変な事は同じ量。楽しかった分を相殺するべくこのハードな仕事量。もう少し納期に余裕があると助かるのだけどと思いつつも、仕事が来るのは有難い限り。「すごく楽しい事をしてる!」って気持ちで頑張ってるけど、長時間酷使しすぎて目の焦点が合わなくなってきた。

なので、(自分の)気晴らしに写真を一枚。昨日の「タナリ倶楽部」終了後、30分ばかりおもてなしがあり、その最後甲冑隊の皆様が帰る際の挨拶。なぜか階段にエグザイル状態。そして、

だんべさん爆笑

120603_01

「なにがそんなにもたのしいだんべか?」と聞きたいレベル。長親様も和泉様もかなりの笑顔度。そしてなんで靱負様だけぴょこっと横へ?。ちゃんとさきちゃん靱負様の肩からひょこって出てる。何を話していたのかよく覚えてないけど(きっとどうでもいいこと、深い話じゃない)、こんな楽しそうなんだもの、楽しい話で終わったはず。

甲冑隊のレベルの高さを実感の「タナリ倶楽部」でしたとさ。ああ、ゆっくり写真を選んでブログ書きたい。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »