« 60D入院。 | トップページ | 甲冑隊はいないのに。 »

2012.04.06

落語芸術協会4月上席前半@浅草演芸ホール

定席久しぶり。

偶然木戸口で会った師匠にも「久しぶりだろ?」って言われた。こうやって芸人さんもお客さんも同じ入り口から入るので、たまにこういう嬉しいハプニングが。夜席仲入り手前から見た。

楽輔「風呂敷」
扇鶴<俗曲>
昇太「長命」
~仲入り~
柳太郎(新作。万引きした子供の親が呼ばれる噺)
マジックジェミー<マジック>
笑遊「寄合酒」
金遊「小言念仏」
ひでや・やすこ<漫才>
桃太郎(昔の師匠たちの思いで話)
宮田章司<売り声>
柳好「火焔太鼓」

久しぶりにきたけど、やっぱり寄席って不思議な感じがするよね。いつ入ってもいつ出ても良くて(良く考えるとこれすごいよね)、(回りの人の邪魔にならないレベルでなら)飲食可、下は10代上は80代まで幅の広い年齢層の出演者、15分刻みで入れ替わり立ち替わり着物を着た人が出てきて、(主に)昔の噺をする。なんだそれ。久しぶりに来たら「なんか面白い空間だなあ」ってしみじみした。

昇太さんがこのあたりの出番って珍しいなあと思ったけど、本来昇太さんのキャリアと人気なら、もっとバンバン出てもいいはず。他のお仕事も忙しいのだろうけど、もっと寄席にも出て欲しい。現に昇太さんが出ていると、ちょっと普段の寄席のお客さんより若いお客さんが多いもの。出てー昇太さん出てーって思った。今日のスポーツネタのまくらも「長命」も面白かった。長命の家に帰って来てからのおかみさんとのやりとりがバカバカしくってもう!

トリの柳好さんの「火焔太鼓」は、後半300両をもらってからの動揺ぶりが凄い。強烈な動揺。勢いよくかわされる会話のテンポの良さも相まって、「そんなにかよ!」すぎて笑える。

ゆるくてまったり楽しい寄席の夜。
120405_02

« 60D入院。 | トップページ | 甲冑隊はいないのに。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/54405388

この記事へのトラックバック一覧です: 落語芸術協会4月上席前半@浅草演芸ホール:

« 60D入院。 | トップページ | 甲冑隊はいないのに。 »