« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012.03.29

「Mor ve Ötesi」カッコいいよ。

今私の中で大ブームのこのバンド。

「Yorma Kendini 」Mor ve Ötesi

ネットラジオでトルコのラジオのTOP40的な番組を聞いていてけっこうかかるので、多分トルコのバンド(そして人気)なんだと思うのだけど、バンド名も曲名も読めない。何を歌ってるかも全然わからない、トルコ語だから。でもこのボーカルの人の濃い男前な顔も素敵だし、曲が切なげでノリノリでカッコいい。でも何を歌っているのかはわからない、トルコ語だから。歌詞の内容が分かれば、このよくわからんPVの内容(綺麗なレディ達が出てきて、最後は服を脱いでステージで踊りだすっていうね、なんだそれ)も意味がわかるのかしら。

「Serseri」Mor Ve Ötesi

この曲もカッコいい、PVじゃないけど。

今翻訳サイトで「Yorma Kendini」を翻訳してみたら「自己帰属」って出た。どんな内容の歌詞なんだ。「Serseri」を訳したら「尻」と出た、ホントなのか。しかし、遠い海の向こうのバンドのPVがこんなに簡単に見られるなんて、なんと便利か。インターネット。

本当に「尻」なのか。

2012.03.28

「韓国麺屋! プルコギ風ラーメン」を食べてみた。

永谷園が出しているこれ。

「韓国麺屋! プルコギ風ラーメン」
http://www.nagatanien.co.jp/r_products/index.php?pnum=v063

美味しいんだこれが。少し甘めのタレで、豚肉と野菜をこれでもか!と入れて(今日はニラ、キャベツ、玉ねぎ、えのき)煮込む。簡単で美味しい。これと卵ご飯と漬物が今日の昼ご飯。あ、今日は夜ごはんに麻婆豆腐(春雨入り)を食べたので、昼夜韓国風のご飯だ。外出が出来ない時はご飯だけが楽しみ。

120328_01

GRIIIは楽しいカメラダスよ。

2012.03.27

忍城おもてなし甲冑隊の今後。

やっと発表になったとですよ。

姫と足軽のさけぞうさん、久作さん、おからちゃん、たび作さんが旅立ってしまうことに。残ってくれる人がいる嬉しさと、いなくなってしまう人がいる寂しさで、ものすごく複雑な気持ちというのが正直なところ。何か書きたいのだけど、どう書いていいのかもわからなくて。

120327_01


2012.03.26

土日フル稼働

そして疲れすぎて撃沈。

土日両日10時半までに忍城に到着。土曜はお城の後に熊谷でお茶&ご飯、新宿に移動して深夜寄席を見て、その後友人と飲み。日曜もお城の後に軽くお茶して家に帰ってきて、食事をしたところで電池切れ。あまりの疲れに動けなくなり爆睡。そして先ほど起床。

土日に色々あり過ぎて書きたいこともアップしたい写真も沢山あるのだけど、とりあえず心を落ち着ける為に仕事する。とりあえず新年度も行田通い決定ということで。

2012.03.22

GRASS VALLEYって永遠だよね。

仕事してると息抜きでついYouTubeを見るね。

「星の棲む川」GRASS VALLEY

今聞いても素敵だ。声も歌詞もドラムもすべてが秀逸。歌詞の中に「水の中にうつる星座に願いを」ってフレーズがあるのだけど、なんとロマンチックなこと。こういう歌詞を書く人って中々いないよね。「水の中にうつる星座に願いを」ですよ。美しいではないですか。

学校を登校拒否ってた時に、図書館に行くのはまあOKとなっていたので、自転車をこぎつつ、グラスバレーやソフトバレエを聞きながら、図書館に行っていた頃を思い出す。一番近い図書館がなんと高校のすぐ横だったので、きちんと登校して学校生活を送っている人を見ながら、何とも言えないもやもやした気持ちを持ちながら、こういう曲を聞きつつ過ごしていた。

ああ、真夜中はちょっとおセンチ。そういえば「真夜中の透視図」という曲もあったね。

「真夜中の透視図」とはまたいい曲名だ。GRASS VALLEYって永遠だよね。

2012.03.21

どうしよう。

カメラのことなんですけども。

先日落下させてしまった60D。幸いボディは大丈夫だったようでレンズを変えたらちゃんと撮影できた。が、一番お城に遊びに行っている時に使っている18-55mmのレンズにフィルターが食いこんでしまって使えない(レンズ自体が破損しているかどうかは微妙)。

今のメンバーで確実にお城のおもてなしがあるのは(先の事はどうなるかわからないという意味で、何も発表がないものね)あと3日だけ(24、25、31)。その三日の為にレンズを買うのかどうかと。

元々広角レンズが欲しいなあとは思っていたのだけど、甲冑隊が継続になってまた新年度から見に行くような買おうと思って、色々見てはいた。が、まさかのこのアクシデント。三日間の為とはいえ、撮らせてもらえるタイミングがあるかもわからないし、もらったとはいえほんの少しの時間。その為に買うのかレンズ。と思っていたのだけど、「これだ!」ってのが見つかったので電話してしまった(買うのかよ)。「23日中に届くなら欲しいのですが」と。ところがだ、

「メーカー品切れ、5月過ぎに入荷の予定です」

うっそー。地味なメーカーなのであまり取り扱っていなくて、アマゾンではキヤノンマウントのものだけない。ううー。ちなみにこれ。
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/item/20101202_410987.html

買いものし過ぎるなってことなのでしょうか、焦って選ぶなってことなのでしょうか。残りの日は単焦点の「Canon EFレンズ EF50mm F1.8 I」で頑張ればいいのか。何をがんばるのか。

今仕事キッツキツなので(昨日のイベントも行けずじまい)、今の案件を無事に出せたら、そして土曜までにヨドバシカメラに行く時間が出来たら、勢いで買っちゃうかもしれないよね、「Canon EFレンズ EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM デジタル専用 ズームレンズ 超広角」とか。

レンズ買えばいいってもんじゃないことぐらいわかってるんだ!

2012.03.19

「のぼうの城フェスティバルin行田」の「忍城春の陣」2

楽しいイベントだった。

色々な武将イベントがあるけど、せっかく普段集まらない武将が何組も一緒にいるなら、個々の演舞もいいけどコラボした何かが見たいなと常々思っているので、そういう意味では今回非常に楽しかった。企画や打ち合わせも大変だろうのに、ちゃんとのってくれたゲストの武将隊さん達に感謝だよね。忍城おもてなし武将隊はホスト側として、終始「ゲストを立てる」って感じだったのも良かったな。

オープニング!カッコいい!
120318_12




「忍城おもてなし甲冑隊」
120318_09




「越後上越上杉おもてなし武将隊」
120318_10




「奥州仙台おもてなし集団伊達武将隊」
120318_11

姫隊撮り損ね。ばばーっと出てきて、ビシッと巻物を見せるっていうね。カッコいい!。普段基本的には演舞は外で見ているので、こういう照明効果がある舞台で見るのは新鮮だ。全体的に写真が暗いけど、そういう雰囲気だったということで。

明るいところの、長親様。
120318_08_2

のぼう様がのぼう様で良かったな、って気分。

しかし産文満員御礼だったよね、すごい。始まるまではお城でも「人はどれくらい入るんだろうね…」なんて心配していたのに、満員ですよ満員。良かった。本当に良かった。


保障してくれるんですって。

カメラ。

最高金額は購入価格と同じまで。で、必ずしもそれで直さなくってもいいんですって、それで別の物を買ってもいいのですって。ちょっとお金を追加して上位機種を購入することも可と、そういうことですってよ奥さん!。修理見積もりの金額いかんによっては、7Dに移行の可能性もありかなあ。まあ、甲冑隊次第だよねって所だ。

伊達武将隊さんも等々発表(といっても誰がいなくなるとか、肝心なことはまだ)。ホントどうなるのかしらん…。昨日の「のぼうの城フェスティバル」の客入りを見れば「こりゃ続けた方がいいんじゃね?」って思うと思うのだけども。って、つづいた所でメンバーが大事なわけですけど。

ねえ。

2012.03.18

おうちに帰るまでが遠足ですと。

まさにその通り…の出来事があった。

今日「のぼうの城フェスティバルin行田」に遊びにいって満喫したその帰り道でのこと。興奮していたのでしょう、疲れていたのでしょう、浮かれていたのでしょう、すべてが重なって緊張感がなくなった矢先の事、

カメラ落っことした。

驚き過ぎたのでもう一度言いますが、

カメラ落っことした。

最近の私の愛機60Dはかなり重たくて、油断したすきにガシャン!と地面にまっさかさま。フィルターは粉々で枠がゆがんでしまい、レンズ自体から外せない。とりあえずシャッターは切れたので、本体にでかいダメージはないのかもしれないけど、何せ落っことしたのでかなり不安。中のメカが壊れている可能性も無きにしも非ず。ビックカメラで購入して、「自分で落とした破損でも保障OK」の保険に入っているので、多分それで治せるとはおもうのだけど、土日営業していないので確認出来ないので不安。

もーこの時期に最悪。遠足はおうちに着くまでが遠足、気を抜いたらいかんとしみじみ実感なのでした。そしてブログ更新している場合でもないのだけど(仕事キツキツ)、ブログを書いたところで「遠足終わり」って気分でもあるので、少しだけでも。忍城の皆様の出番の時は全体的に照明が暗くてちょっと写真的には撮りづらかったけど(というか見てみると全体的にシャープさにかける)、お友達がとっておいてくれた席が場所的にはチョーナイスシートで、演舞や全体を見るには(撮るには)、とっても見やすい席だった。お友達に感謝!

あっ!(気持ち嬉しげに)」
120318_02






今日の和泉様もカッコよかった!
120318_04





美男美女。
120318_03





ほら、カッコいい!
120318_05
最近石助さんがいい味出してる。





雨のおかげで丹波様と相合傘でツーショが撮れましたな。
120318_06
雨、ありがとう。





姫、手紙長っ。
120318_07





刺され過ぎてる僕。
120318_01


楽しいイベントだった。でもそこで終わらない。イベントが終わってから「まだ間に合う!」と友人が車を出してくれたので、スタンプラリーの八幡神社と高源寺(遠い二箇所)に行って丹波&靱負分のスタンプもゲット。最後が高源寺だったのでお参りもして終了。なかなかいいエンディングではないですか。駆け足でスタンプを集める感じが、鉄腕ダッシュっぽい。盛り上がった。

そして帰りに行田駅から電車に乗ろうとすると、なんと和田先生に遭遇。友人はもっていた「のぼうの城」や、サイン帳にサインをもらっていた。気さくな感じの人だったそうな。なんつか、イベント終わった後も色々あったな。ともあれ、

皆様も、くれぐれもカメラの落下には気を付けて。(次にお城で会った時に私がしょんぼりしていたら、それは修理費が全部自腹だった時だった、と思ってもらえれば)

さ、仕事に戻ります!

2012.03.17

写真だけ撮りに行っているわけではないのだけど。

皆様がフォトジェニックすぎて!

元々皆様素敵なのでどう撮ってもカッコいいのだけど、一生懸命撮るともうそれはそれは素敵で、ついつい写真をお願いしてしまう。そしてカメラが良くなれば上手に撮れるわけではないのだけど、カメラの腕を補ってもらうためにもつい、もっといい機材?みたいになってしまいそう。カメラ沼怖い。忍城は今梅が花盛りで、ロケーションバッチリ。

「さあ、そこで問題です!」(ミステリーハンター長親)
120317_01_2








忍城で一番突っ込みが男前な人、甲斐。
120317_04_2








色々持ち過ぎている男(パンフ、兵書、巾着、傘、こげにちゃん)、靱負。
120317_03_2








違いのわかる男、和泉。
120317_02_2







オール行田推進の為に余念がない男、丹波。
120317_05_2

明日は「のぼうの城フェスティバルin行田」。
伊達、上杉、あいち姫隊を迎えた武将隊イベント、スタンプラリー、藍染め等の体験、のぼうの城作者のトークなどなど、盛りだくさんの「のぼうの城フェスティバル」。皆様もこの機会にどうかしら、行田。

「忍城おもてなし甲冑隊」
http://ameblo.jp/oshijo-omotenashi/entry-11160585633.html

市内循環バス(JR行田駅より)
http://www.city.gyoda.lg.jp/13/02/10/0002.html
西循環ルートで「行田バスターミナル」で下車で産業文化会館のすぐ近くに。
お城までも徒歩10分弱。

朝日バス(JR吹上駅より)
http://www.asahibus.jp/html/station/st_hukiage.html
前谷経由で「忍城」で下車すればお城は眼の前、佐間経由で「新町二丁目」で降りれば産業文化会館まで10分弱。

どちらのバスもバス乗車時間は10分ちょっと。循環バスは100円、朝日バスは吹上から新町二丁目まで230円。秩父鉄道の行田市駅からも歩いていけますが20分位見ておいた方がいいかもです。熊谷から確か二つ目が行田市駅、300円なり。

さあ、明日はレッツ行田!

ネタおろし&ネタ出し。

見そこなっちゃった…。

今日は金原亭馬治さんの独演会。「大工調べ」をネタ出ししていて、楽しみにしていたのだけど、仕事で遅刻。そして今日は途中入場不可状態だったので、大工調べは見れず、無念。でもロビーに音を流してくれていたし、椅子まで出してくださったのでそこに腰かけ目を閉じ音に集中して聞いてみた。

目を閉じで音だけ聞いていると、やはり普段の「視覚○割、耳○割」と違い10割音なので、ちょっとしたいい間違いや噛みが気になったり、わずかな音の高低や強弱も、視覚もある時よりも、かなりはっきり感じるなあと。とはいえ、だからこそ「荒探し」みたいになって、それはそれでちょっと嫌だな、なんて思って聞いてた。

仲入り挟んで後半は「幾代餅」。馬治さん的には鉄板だと思うのだけど、大工調べが(馬治さん的に)全然ダメだったそうで、それを引きずってしまい普段全然大丈夫なところをミスしてて、ちょっと勿体なかった。個人的には最初にちょろっとしか出てこないけど、おかみさんがナイスキャラで好き。

やっぱり音だけでも楽しめるけど、噺家さんの動きや表情も加味しながら聞いた方が全然楽しいな!と感じたのでした。

毎回一席はネタおろしに挑戦している馬治さんの独演会、次回は5/25(金)。大塚あのあので19時開演、木戸銭1500円(前売り)。朗らかな馬治さんの高座は楽しいよ。

落語会の帰りに近所で。猫、私にまったく興味なし。
120316_01

2012.03.14

広小路亭セレブ。

理由は最後に。

ビシッと好きな人が固まっていたので平日だけど、仕事を抜けていって来た。こういう時、家で仕事をしていると融通がきいてありがたい。

明光「池田の猪買い(途中まで)」
鯉ちゃ「桃太郎」
鯉八(新作。前世の噺)
花助「お見立て」
マジックジェミー
可龍「道灌」

このメンバーだと出演者が全員お客さんより年下状態。新作あり、古典あり、前座噺あり、上方噺ありで、バラエティに富んでるし、ジェミーさんのマジックは驚くし、楽しいし。もっと若いお客さんが見てくれたらいいのになあと。年配の方や、マニアの人だけの楽しみじゃないのになあって。

「じゃあどう楽しいのか説明してよ」

と言われると難しいのが落語。でもなーもっと若い世代の人に聞きに来てほしいなーって最近落語会に行くたびに思う。色々書きたいのだけど、なかなかうまくまとまらない。

あ、広小路セレブってのは。これの事↓。
120314_01


永谷グループが出している「お江戸演芸倶楽部」というのがあって、一年の会費5000円でこの2冊がもらえる(去年までは5冊位あったのだけど、ちょっとコンパクトになりました)。中身は永谷グループが主催する「日本橋亭」「広小路亭」「新宿永谷ホール」などの会の招待券と優待券。例えば通常2000円の木戸銭の広小路亭定席(芸協出演)も、この中の券を使うと5回は招待、5回は1000円で入れちゃう。なので、この招待券を3枚使うだけで、もう元がとれるという。

他にも講談、義太夫、立川流の会の招待券&優待券が盛りだくさん。私は芸協好きで、講談もちょこちょこと見に行くので、ものすっごいお得。「入って良かった演芸倶楽部♪」な訳だ。他の会も2000円は悩むけど、1000円ならちょっと見てみようかなって思う時もあるし、それでまた好きになるかもしれないし。とてもお得。今日もこの招待券で入って満喫。お姉さんにも「沢山使ってくださいね♪」と。

ただ土日に使えない券が結構ある事と、落語協会の会は全然タッチしていないので、「私は落語協会しか聞かないわ―講談も浪曲も興味ないわ―」って人には全然意味ないし、平日の夜もあんまり落語会に行かないなって人もあんまり特じゃないかも。

でもちょっと演芸に興味が湧いて、とにかく色々見てみたいって人にはかなりお得なチケットだと思うので、興味がある人は是非に。これであなたも広小路セレブだ!

2012.03.12

小人さんは来なかったけど。

ちゃんと提出出来た、よかった。

この写真は和泉様と靱負様と一緒にお話ししている時。横にちらっと見えているのは和泉様の指。靱負様は昨日のおもてなしの最後にすごいのをぶちかましてくれました。それは昨日の姫の日記にちらっと予告が。何があったのか、14日が楽しみダスな。
120311_04


待てど暮らせど。

小人さんが来ないのですけども…。

和泉様が女性のお客様に囲まれているのを横目で見ながら、「和泉様モテますよねえ」「モテるでしょう」「大人の余裕がありますし」ってな話をしてた。
120311_03


小人さんが来ないから、まだ終わらない。

もぞもぞするけれども。

カッコいいものはカッコいいと。

正直なところ、今お城に行っても「来期どうなるのかな…」と考えてしまい、甲冑隊の皆様とお話ししていても、何を言われてもフラグに聞こえる、というまったくもって精神衛生的に良くない感じ。もしかしたら悩んでいらっしゃるのか甲冑隊の皆様の方なのかもしれないけれども。アイドルやタレントではないのだから、長く続けてもらうことを期待するのも間違っているのかもしれないけれど、それでもやっぱりカッコよくて、演舞が素敵で、お話ししていて楽しかったら、来期も見たいと思ってしまうのも、しかたないことで。最近こんな日記ばかりで申し訳ないけど、「もう見られないかもしれないな…」と思うと寂しくて。

って、私も本当に何かにはまるといつもドはまりだな。あ、「なにかにはまるといつもドはまり」って「たどり着いたらいつも雨降り」と似てるね。何が。

今日はおもてなしの時の写真は単焦点レンズで撮ってみたのだけど(さっきの姫のも)、やはり違う。後ろのボケ具合とか、質感とか。こちらは演舞終了後の丹波様。演舞後は姫といい、丹波様といい、刀などを持っていらっしゃることも多くて絵になる。
120311_02


なぜ今日はこんなに日記は細切れにアップかと言えば、城が終わった後、仮眠後仕事をしていて、疲れてくると気分転換にちょっとだけアップという。

仕事があるのは有難いことだし、普段は仕事をするのは別に嫌ではない(むしろ楽しいことも多い)けど、今は、今はもうチョー面倒!何も考えずにだらーんと横になりたい!でもまだ終わらない!

小人さん手伝いに来て―。

とうとう…。

私もうじき変体するかもしれない。

さっき風呂からあがって体脂肪計にのったら、一昨日より体重が4.5kg減ってた。体脂肪、内臓脂肪の数値も下がり、体内年齢が実年齢より10も下(普段は3~5こ)。のるタイミングで数字はかなり違ってくるだろうけど、この機械には毎日のっていて、今までさほど「え?」という頓珍漢な数字は出なかったので、これもまんざら間違いではないのかなあと。

とうとう何か別のものに変体するのかもしれんな…と。朝起きたら毒虫になってたら困るね。

姫カワユス。

寒いながらも、お日様がしっかりあたる時には少し春の気配も感じる中、姫のお着物も春らしく。おもてなしの後に薙刀をお持ちだったので、そこでパチリ。

めっちゃ可愛いんですけどー!!!
120311_01


2012.03.10

まさかの座談会。

丹波の部屋
本日のゲスト「忍城おもてなし甲冑隊」の甲斐姫、、柴崎和泉守、酒巻靱負

雨が降り演舞が出来ず、長親様がいないので忍伝説もできず。そんな中、丹波様が頭をひねって考えてくださったおもてなし方法は、

丹波の部屋
(楽しかったので二度言います)

やられた。そうくるか、そうきますか、という「丹波の部屋」。姫は終始小声で突っ込み(もしくはバカウケ)、靱負様終始半笑いという、非常に不思議な空気感で進んだ座談会。まさか「春の丹波祭り」の最終日がこれとは。やはり忍城おもてなし甲冑隊、いろんな意味で想定外!

面白かったジョ!

写真は靱負様。東門の前の梅の花が綺麗だったので、ちょっとお願いして下に立ってもらってパチリ。最近私の中でカメラの機能の「トイカメラ風」がブームなので、この写真も加工してみた。加工したといっても、ボタン一つで(いや正しくは一つじゃないけど)出来る加工、カメラは便利だ。靱負、ちょっとアンニュイ(イメージ)。
120309_01

今忍城では色んな色の梅が咲いていて綺麗だよ。

悩み。

行田への回数券。

あと8枚残ってる。今月分には足りないけど、次に1セット買うと3月中では使いきれない。4月から忍城おもてなし甲冑隊がどうなるのか、まだ何も発表がないので、買って余ったら損。でも私の最寄駅から回数券だと片道100円近く徳になるので、出来れば回数券で行きたい。

悩む。

2012.03.09

近所に買い物くらいしかいけないので。

買いものに行くのにもカメラ携帯。

「綺麗な花が咲いてないかなあ」と思いながら歩いていて、花を見つけると側に寄って行き、一部でも枯れていると「あ、駄目だ」って思っていたのだけど、先日歩いていて急に「あれ、そういうものか?綺麗なものだけ撮るのが写真か、違うな。それちょっと違うんじゃないか」と自問自答。新しいカメラバッグを買ったので(GOLLAですよ、GOLLA)、今週末城に遊びに行く時はそれを下げていきたいな。というか、行けるのか今週。

120306_02

話は全然変わりますけど、ヤマモリが出している「レッドカレー鍋の素」がとっても美味しいのですよ!。カレー鍋って書いてあるけど私はちょっと煮込んでカレーとして食べたのだけど、かなり辛いのだけど、すっごく美味しい。具は好きなものを何でも。今回は豚バラ、タケノコ、もやし、しめじ、玉ねぎ、じゃがいもと入れた。辛いのが好きな人にはお勧め。問題はヤマモリが中部の会社なので、あまり関東のスーパーでは置いてないことか。私は偶然近所のスーパーで特価(地方のメーカーでマイナーだからかなあ)100円で売っていたのを見て気になって買ってみたら大当たりだったと。ホントに美味しいから、是非お試しを。

ヤマモリ「レッドカレー鍋の素」
http://www.yamamori.co.jp/product/thailand/red_curry.html

中部地区の人ならわかると思うんだ、「いー味っ ヤマモリっ♪」てCM。あのヤマモリダスよ。

2012.03.07

うー。

カメラを持ってゆっくりどこかに散歩に行きたいよー。

120306_01

甲冑隊の動向が決まらないので、激もさもさ中!

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »