« 清蔵カワイイ! | トップページ | 把瑠都の優勝パレード。 »

2012.01.21

煩悩の数?

「大小原寄席」本日(18日)108回目の開催ということで。

里光「いかき屋」(?)
小蝠「やかん」
伸治「お見立て」

今月は文治師匠がお亡くなりになった月。その月に文治一門の伸治師匠がゲストというのがいいめぐりあわせ。といいつつも、全然伸治師匠は文治師匠の思い出話をしなかったけども。

里光さんは江戸でいう「ざる屋」というおめでたいお話を、これは似合ってたなー。小蝠さんは「かなり前に一度出たっきりだったので」と「やかん」。最後は伸治師匠が「お見立て」を。お客さんも大人(つーかオッサン)ばかりだったし、お酒も入っているしと、ちょいちょい下ネタをかませてくると、いいタイミングでお客さんから「馬鹿ー♪」と。落語の最中の声かけって大体はうっとおしいのだけど、この時はまさにその通りってタイミングだったので、場が和んだ。三人とも良くお似合いの噺で、お酒をちびりちびりしながら笑っていたらあっという間。

終わった後は新年と言うことで抽選会。皆様の手拭いがあたるってことだったのだけどかすりもせず、残念。

この大小原というお店は飲み屋さんなので、落語が終わった後ものそのまま続けて飲んでいてOK。そういう店だと落語が聞きたくても一人で行くにはちょっと間が持たないかも…と思っていても、ここのお店は一人客はちゃんとそれなりの場所に案内してくれるので問題無。

結局のんびり飲んで色々話してお開き。先日日本酒を飲み過ぎてどうしようもないくらい酔っぱらったばかりだったので、お酒は二合まで。おかげできちんと帰れたですよ。「お酒も女も2ごうまで」って昔の人は上手い事言うなー。

「聞くぞー聞くぞー」って正座をせんばかりの勢いでかしこまって聞くのもいいし、こういうほやんとした気持ちで聞くのも楽しいもので。お酒飲んでいても、意外に皆ちゃんと聞いてたりするものね。

« 清蔵カワイイ! | トップページ | 把瑠都の優勝パレード。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/53783684

この記事へのトラックバック一覧です: 煩悩の数?:

« 清蔵カワイイ! | トップページ | 把瑠都の優勝パレード。 »