« 第5回芸協らくごまつり(その1) | トップページ | 日本橋亭で二つ目勉強会 »

2011.10.21

第5回芸協らくごまつり(その2)

暑いんですけど。

しかし毎回天気があれですよ。前日まで台風が来ていたり、小雨交じりだったり、今日の様に暑かったり、でも一日中雨ってことがないから恵まれてるってことだよね。

暑い中にもこんな綺麗どころが。
111020_09


ホール落語の受付に行くとうめ吉さんがいらしたので撮らせていただいた。いつも素敵なお着物!組み合わせが素敵!。お顔が小さくて綺麗で、首がすらっとしていらっしゃるから、このような日本髪でもバランスが良く素敵なわけで。私がやったら大変なことになります、ホントに。ちなみにこの日本髪は地毛でしかもご自分で結っていらっしゃるのですよ、すごい。

さりげなくお宝が混ざってる伸治師匠の「わ投芸」。
111020_17


ここで文治師匠の手拭をゲットしたですよ、ウシシ。写真ももらえるのだが、林家ぺーさんと可龍さんが一緒に写っているという珍しいショットがあったのでそれをいただいてきた。うろうろしていると、なんと柳桜師匠に遭遇。思わず声をかけてしまう。師匠はあまりお体が丈夫でないので、寄席にそんなしょっちゅう出ていらっしゃらない。まさかここでお会い出来るとは。嬉しくて2ショットまでお願いしてしまう。

いい感じに背の順。
111020_18


左の若者が雷太さん、ジャケットのお二人が京丸・京平さん。この写真だけ見ると、なんの組み合わせだかわからんね。これが芸協らくごまつりですよ。さて、カレーを食べようと思ったら牛すじカレーは売り切れ、ならばとさすらいカレーを食べることに。

300円でこのボリューム。
111020_10


この花伝舎からほど近いところに店舗のある「たまねぎ本舗 さすらい屋」http://sasuraiya.blog101.fc2.com/さんのカレー。これでもか!と玉ねぎを入れて作ってあるそうで、カレーというよりもミートソースみたい。甘みと旨みがぎっしりな味、美味しい。辛いのが好きな人は好みで自家製のスパイスをかけて味を調節。今度はお店に牛すじカレーを食べに行ってみたくなるね。

今回教室イベントは一つだけ新宿末廣亭の北村幾夫社長と読売新聞の長井さんとのトークショーを見てきた。末廣亭でお見かけする時は半纏をひっかけてるけど、今日はスーツ姿…堅気の人に見えない。でも、北村さんは噂通りトーク上手で、その喋り方がとても柔らかい。「遊三師匠の高座中に猫乱入」の話は、トークの上手さとお客さんの落語度の高さが相まって、オチを言ったとたんに、どっかーん!。バカウケだった。あれはいい、あれはいい話だったなあ。今回はそこまで突っ込んだ話は少なめだったので、是非定例にして次回もっと突っ込んだお話を聞かせて欲しい。

外に出てまた屋台めぐり。陽昇さん(漫才)の「わ缶ないんだよ!」。お手玉を投げて真ん中のサルだけ落とすか、全部倒すと賞品がもらえる。

良く見るとサルの顔が…
111020_11


最初の二つは驚きの大暴投でかすりもしなかったのだけど、三発目が大当たり。缶も全部倒れたし、この師匠のおかげで昇さんも倒れた。

オレのおかげ。
111020_12


右紋師匠がいる時は全部倒れるというラッキータイム発生。全部倒れたのでまたうろうろしているとホール落語受付に若手が3人。

とても受付をしているようには見えない三人。
111020_13


右から鯉八さん、鯉太さん、夏丸さん。あ、鯉八さん、お顔が陰で切れちゃった。ということで撮り直し。「鯉八さん、天才男で!」

ハイ、「天才男」登場。
111020_14


今思ったけど、このまつりの日記。注釈つけないとわかりずらいとこ多すぎじゃないだろうか。例えば、

注1「天才男」鯉八さんの新作の一つ、天才養成塾に入り天才男になるべく励む男とその教師の話。

とか。余計わかりづらいか、注釈増えすぎるか。と言うことでそのままで。またうろうろしていたら某師匠がお酒をごちそうして下さった。熟女バーで。

いらっしゃいませぇ~♪

111020_15


この二人が店にいたら大繁盛でしょう。酔っぱらってないのに酔っぱらってる以上のハイテンションでお酒を作ってくれる陽子先生と、まだ熟女には程遠いきらりさん。ごちそうして下さった師匠が「水割りで」というのになぜか「ロックで!」とロックで作りたがる陽子先生だ。お酒もいただいたことですし、あ、せんべい汁が空いてるから食べに行こう。

せんべい汁どーん。
111020_16


私が見た時は空いていてむしろ「売り切れちゃった?」のかと思ったくらいなのだけど、時間によっては行列が出来ていたそうで、タイミングが良かった。お出汁がきいていて野菜やキノコが沢山が入っていて美味しい。これにおにぎりがあったら完ぺきだ。今回も食べ物がどれも美味しいなあ。

長くなったので3に続く。

« 第5回芸協らくごまつり(その1) | トップページ | 日本橋亭で二つ目勉強会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/53044432

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回芸協らくごまつり(その2):

« 第5回芸協らくごまつり(その1) | トップページ | 日本橋亭で二つ目勉強会 »