« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011.09.30

どちらがいいのでしょうか。

世論に問うわけですが。

今うちのブログってロゴが入っているのはデジタル一眼レフで撮っているものがほとんどで、クリックすると大きくなるのです。大きくして見てもらわないとちょっと素敵さか伝わりずらいというか、大きくして見てほしい写真なのです。まだまだ腕はないけど、それなりに「これはイケるかな」ってアップしてるつもりで。

で、クリックすると大きくなるのと、最初から今の横幅に合わせた大きさで、ばばん!とのせておくのと、皆様的にはどちらがいいのかなあと思って。

下に例を出してみました。いつも素敵な装束をお召しな式守伊之助親方と、間近で拝見すると本当に男前な琴欧洲関で。

例1「クリックすると大きくなる」
110913_02


例2「そのままの大きさ」
110913_02_2


全部大きくしちゃうと、ただでさえ長い私のブログ、「スクロール多すぎ!」みたいになってしまうかなあと思って今の形にしているのですが(あと、興味のある人だけ大きくして「うわぉ」ってなってもらえればいいかなあと)、どうでしょう。

よかったらコメントにでもいいですし(公開しちゃいやーんなら、そう書いていただければ公開しませんので)、直接お会い出来る人なら「大きく」「いや今のままで」とか一言ご意見いただけると嬉しいです。

では、今日もブログをアップしたことですし、週末の為にまた仕事に戻ります。
アデュー。

今日の行田日記(演舞3本立て編)

今日は午前中だけ。

午後から予定があったので午前中で退散、午前中だけだと今は演舞も午前中だから結構慌ただしい感じがする。JR行田駅ー循環バスルート(100円)だと行田駅着10:16、西循環ルート出発10:26で、バスターミナルについて歩いてお城にいって到着10:45頃。JR吹上駅ー朝日バス(通常私バス230円)だと吹上駅着10:13、行田市駅行きバス出発10:15で、お城のすぐ前に着くのがまさにジャスト10:30頃。これから行田にいらっしゃる皆様、どうぞ何かの参考に。

和泉様お休みの本日の演舞は「槍術の道」「古池」「初陣」の3本立て。長親様出ずっぱりだね。いや、初陣に出てるのは長親様じゃないんだけどもね。どれも素敵でしたねえ。もういいわあ、素敵だわあ。といいますか、最近なんだかんだでほとんど甲冑で演舞してるね。

なんかいつもと違うと思ったら胸当て(名前がわからん)をつけてないのですね。
こういう丹波様の鋭い顔がもっと見たい。
110925_02


丹波様って妙に幼くみえる時と、妙に男って顔の時と両方あって素敵。
110925_03


イテッ!
110925_04


姫のこのポーズも好きなのでつい何度も撮ってしまう。
110925_05


これもカッコいい、手が華奢なのがまた絵になる。姫、綺麗だ。
110925_06


これがブログでも書いていらした酒を飲む場面ですな、この時もいい顔してるんだなこれが。
110925_07


靱負様の手や腕を前に出す動作じゃなくて、引く所作がより好き。
110925_08


私は基本的に手(とか指)が好きなのですよ、手が。
この靱負様のポーズもすごくいい、表情もいい。ホントいい。
110925_09


最後に丹波様どーん。「武将セクシー部門」があったらダントツ一位。
そういう表情ですよ。
110925_01


忍城おもてなし甲冑隊は5人揃っての演舞もカッコいい上に、この日みたいにソロの演舞が又どれも個性的で魅力的なのですよ。まだ見ていない人は、ホント早々に見に来た方がいいかと。早く見たもの勝ちだ。

まさに眼福

そしてこの調子で丹波様シリアスなソロとか出来れば舞とかあったらいいなあとか、和泉様と丹波様の槍もカッコいいだろうなあとか、ソロや色んな組み合わせの演舞を見せて欲しいなあと思うのですよ、贅沢な希望ですけれども。

姫の今日のブログを見ると、どうも姫衣替えの様子…楽しみ!

2011.09.29

今日の行田日記(お城と牧禎舎「クリエイターズフェスタ」編)

この日は豪華二本立て。

でも寝坊してしまい行田からバスのオレ正規ルートではギリギリの所、友人が車で迎えに来てくれた。ありがとう心の友よ。

お城では「序舞顔見世之巻」と「忍城開戦鬨之舞」を披露。夏装束の終わりとともに開戦も10/2でしばらくお終いとのこと。これ長親様の舞が見られるし、丹波様の槍使いが素敵だし、4人が後ろを向きたすき掛けをする場面とか好きなので、見られなくなると寂しい。今日も素敵だった。興奮して見ていたせいか写真はブレブレで成功率低し。一応一枚だけ。

なんかいつも靱負様のこのポーズを撮ってる、凛々しくて好きなのですよ。
しかも同じ場面でもいつも表情が違いますしね。
110924_02


今日もカッコよかったなあ。丹波様の槍使いの時の表情とか、息をのむような男らしさでねえ。やっぱり甲冑バージョンに修正してまたやってほしいな。切に希望だ。

演舞満喫して今日は昼ご飯に以前甲冑隊の皆様も食べに行っている「魚豊」さんに行ってみた。

http://ameblo.jp/oshijo-omotenashi/entry-10620010232.html
http://ameblo.jp/oshijo-omotenashi/entry-10622190796.html
http://ameblo.jp/oshijo-omotenashi/entry-10622305244.html

この日記でもお二人とも大絶賛だから気になっていたのですけども、

…この赤い甲冑の人誰?

いや、靱負様だってわかってはいるのだけど、最近の靱負様とはずいぶん風情が違うので、これで甲冑が違ってたら同じ人だとはわからないかもですよ。そんなに靱負様に大人の階段を上らせるほどに、甲冑隊の仕事が辛かった色々な経験を積んだのかしらと想像して思わず涙。人の顔って変わるな。

で、私はひつまぶしも食べたかったけどメニューで気になっていた「なまずの天麩羅定食」を食べてみた。なまずはまだ食べた事なかったので、お値段リーズナブル(1000円)なのでこれはと挑戦、人生初なまず。出てきたのはこれだ。

なまず天麩羅定食どーん
110924_01


見た目は普通、そりゃそうか。食べてみると美味しい白身の魚で変な癖とかは全然なし。白身だけど他の白身の魚より味がみっしりしてる感じ。すごく美味しい。なまずもっと食べられてもいいなあって味。お友達が食べていたひつまぶしも少し味見をさせてもらったのだけど、こちらも大変に美味。満る岡さんよりあっさりしてる感じ。他にもヤマメの塩焼きとか美味しそうなメニューが沢山あったのでまた来たい。

お城に戻って午後は1時間ほど城でおもてなしを堪能、そして城から歩いても15分位の所にある「牧禎舎」で24,25日に開催していたクリエイターズフェスタに。ここで「忍伝説」と「剣術の道」を初披露。建物が雰囲気があって素敵。

ものすごくなじんでる長親様。
110924_03


実はこの日の演舞前に長親様が「今日は出来れば撮影もいいけれど、生での臨場感を楽しんでもらえたら嬉しい」のような事をおっしゃったのだ。うっ、ちょっと身につまされるそのセリフ。確かにこの時に限らず「生で見る良さ」って絶対あるから、写真や動画にうつつを抜かしてないでしっかり生の目で見て欲しいってのはすごくよくわかる。ああ、どうしよう今日はカメラを置こうか…とも思った。長親様は優しいので「それでもどーしても私の写真が撮りたいという人もいるでしょう!なので絶対ではありません!」てな事を。おお、そう言われると余計に心ぐるしい面も…。

で、結局私は撮ってしまいました。心のアルバムにも残したいけど、やっぱり物理的にもこの楽しい出来事を残しておきたいと思ってしまうですよ。こういう表情を残せたらいいなあ、後から見て楽しかった事を思い出したいなあって。
110924_04_2


とはいえやっぱり写真って自分のエゴですよね実際の所。そんなこんなでちょっと心の中で葛藤。

まあ、私の心の内はどうでもいいとして、この日初お目見えの「忍伝説」まさかの紙芝居。いや、ほんとまさかでしょう。真ん中においてある黒い箱からじゃじゃーんと長親様が紙芝居を取りだした時には爆笑。そう来るか!そうくるのか忍城おもてなし甲冑隊!と。そして長親様が読み手で、丹波様(バケツ)、和泉様(段ボール)で効果音舞台。甲冑隊、もうすべてにおいて超えたね。何をかはわからないけど超えたよ、だって紙芝居だもん。おもてなしの為には手段選ばず、と。って、単純に今日は場所せまくて通常の演舞が出来ない事と、クリエイターズフェスタって事でこういう作品になったのかなとも思うけど。

だってこの場所だもの。
110924_06


またこの紙芝居の出来がいいんだこれが。皆の特徴をよくとらえた可愛い絵で、短い中にきっちり忍城の歴史が入ってる。しかも読み手の長親様がとっても上手に読むし、また効果音の二人がバカバカしく上手に音を入れて、良かったなあ。ちょー和んだ。

そして二つ目「剣術の道」、こちらはシリアス。姫と靱負様の打ちあいなのだけど、これがまたカッコいいわけ。初お目見えだけあってちょっと間があれな箇所もあったけど、でもこれこなして何度もやっていけば絶対もー素敵な演目になると思う。二人ともカッコいいの。

靱負様、姫にビシッとやられております。
110924_05


紙芝居も出来れば、ガチ剣術もいける、そういう懐の広さが忍城おもてなし甲冑隊の魅力かなあって思ったですよ。

この後は思いのほか長い時間まったりおもてなしタイムで、丹波様はハイになっているのか終始バケツを持ってポコポコしながらおもてなし。和泉様はこんな感じでフォトジェニックにおもてなし。
110924_07


楽しい牧禎舎なのでした。自分は藍染の体験の事を色々聞いて、必ず10月中に染めに来てやるぜと思ったり。おもてなしの締めはなぜか全員集合の撮影会、あいかわらずまったく視線がもらえないわけですけども、なぜか爆笑の靱負様が写ってる写真があった。何にそんなにバカウケですか。
110924_08_3


この素敵な夏装束と「開戦」の演舞は10月2日が見おさめらしいので、さあ皆様10月2日は忍城にレッツゴーですよ。最近の忍城は日差しはぐっと優しくなって、大変過ごしやすいのですが、そのせいで蚊が大量発生。遊びに来る時は虫よけスプレーと虫さされの薬を持参するのがベストかと思われます。

どうでもいい話だけど最近行田日記がおろそかなのは甲冑隊に飽きたとかではなく、単純に忙しくて時間がとれないだけなのです。そうは思わないかもしれないけど、このブログ一個アップするのも意外に時間かかるんすよ!(長いからじゃないかな)

そりゃねなかなか飽きないですよ、だって「紙芝居」出してくるような甲冑隊だもの。想定外だっつーの。

せっかくだから萌えブレはなはだしいけど、ちょっと珍しい絵なので。バケツを持っておもてなし中の丹波様も。男前は何やっても様になるの典型。
110924_09

2011.09.22

盛り上がったぜ12日目。

まずは腹ごしらえ。地下の大広間でちゃんこ。今日は陸奥部屋のしょうゆちゃんこ、一杯250円。
おかわりしたい。これでおにぎりがあったら最高。
110922_01_2


ロビーにひよの山どーん!君も国技館でひよの山と握手!
110922_02


ちょっと太ったかな豊真将、でもなんか余裕のある表情に見える。
勝ちこしまであと一勝、三役まであと少し!
110922_03


今日の盛り上げ役稀勢の里!カッコよかった!
110922_04


音楽界で「ガガ」といえば「レディ」だが、
相撲界なら「ガガ」といえば「臥牙丸」なわけですな。
110922_05


勢いがあって男前で今人気の隠岐の海。確かにカッコいい!
ピンクの着物を着こなす男。
110922_06


着物のセンスに脱帽、土佐豊。
110922_07


ご近所なのでちょいちょいお見かけします、の阿覧。
110922_08_2


土俵入り前に花道にお相撲さんが整列。あのすぐ横の席で見てみたいなー。
110922_09_2


土俵入り中なのに目を閉じで瞑想されているガブ様。
110922_10


隆の山のこの筋肉!
取り組みの時に鳴戸親方が二階で見てみていた。
110922_11


結びの一番で稀勢の里が白鵬に土をつけたらこの状況。
やってはいけないのかもしれないけど、やっぱり一度投げてみたい気もする座布団。
110922_12


結びの白鵬と稀勢の里は盛り上がった。さすがキセノンやるときはやる男!。しかもせっこい勝ち方じゃないのもまたカッコいい。一日の最後の取り組みがああだと、「いやー良かった良かった」って帰れる。

今日は元琴錦の秀の山親方や元隆の鶴の西岩親方と握手。お二人ともニコニコとお優しい。西岩親方は側で拝見しても体が大きかったけど、秀の山親方は「本当にお相撲さんだったの?」って位に小柄だった。でも三役まで行って大関目の前の人だったんだよなあと思うと、すごい人なんだなと感激。握手して下さった時は、えばった感じが全然ないものすごく好印象な人でした。

豊真将の勝ちこしが見たいから明日も行っちゃうか。


続きを読む "盛り上がったぜ12日目。" »

魁皇と握手!

正しくは「元大関魁皇の浅香山親方と握手!」だけども。

先週お相撲を見に行った時に、どすこいFMの解説にいらしていた親方と握手をしてもらったのですよ!興奮!。あのどすこいFMの時って、握手や写真は駄目なのかと思っていたら、ツイッターに「どうぞ♪」って書いてあったので、ならば!と行って来た。

まだ髷のある頭にスーツでその上に相撲協会ジャンパーを着ている親方はすっごい優しげで、群がるファンに嫌な顔一つせず、写真や握手に対応してくださった。手がごつごつしていないのが印象的。そっと握手してくださったからかな。だって親方がちょっと力をいれれば、片手で簡単にりんごを握りつぶせる位の怪力なんだもの。

「日本で一番相撲に勝った男」ですよ、なんだかご利益がありそう!嬉しい!

ちなみに一緒に解説をしていたのは元北桜の小野川親方、こちらの台詞がイカシてた。下角さんに「親方は負けてもお客さんとハイタッチしたりしていらしたのが印象的です」というような事をいうと、「お客様がいらっしゃるからこそ自分たちは相撲がとれるんだから、お客様が喜んでくださるならそれくらい当り前。勝っても負けても見てよかったという相撲がとりたい」というような話しを。カッコいいぜ親方。

ってことで、今日も午後から相撲見てきます。

これは稀勢の里と豊ノ島。「あっ」って感じで土俵の外に。
110913_01

2011.09.19

そういうことですよね。

とうとうテレビ買っちゃったの。思いがけず千葉テレビやテレ玉、tvkまで写るの。やった、これでテレ玉で写る忍城ネタもちゃんとチェック出来る。うはははー忍城我が手中にー。言い過ぎですよね、そうですよね。

で、大きなテレビで画面が美しいということは、

遠藤遼一を大きな画面で美しく見ればいい!

と、そういうなのですよね!

ご存知の皆様は「いつの遠藤見てんだよ」と思っていらっしゃることでしょうが、いうまでもなく、黒ラメモジモジくん時代のSOFT  BALLET を見ております。私はendsになってからの遠藤も大好きなのだけども、やはりSOFT  BALLET の頃はブレーキなんてまったくきかない程のめり込んでいて(いや勿論、endsの頃も拍車をかけてのめり込んでいましたけども。若さが加速させていたって事で)、そののめり込みを受け止められる程、ミュージシャン側にもパワーがあったかと。

いい時代でした。

って、「アンタ今だってたいしてブレーキきいてないし!」と言われると、返す言葉がないわけですけども。まあでも、あの頃に比べたら随分きいてますよ、多分。

lento_20110919195006.jpg




2011.09.18

今日の行田日記

地元の駅で行田までの回数券を買おうとした時の事。

私「○○から行田までの回数券が欲しいのですが」
駅員さん「行田?」

聞き返された。

うちから行田まで回数券を買うのが「?」なのか、行田という駅を知らないから「?」なのか。

今日は午前中の演舞だけみて帰った。9月も後半に入るというのにものすごい暑さ。本日皆様フル装備だったので、さぞお暑かった事かと。

あ、ご自分で染めた手ぬぐいかな。先週から披露している「槍術の道」。
この長親様が話しているとSEが流れてくるって始まりかたが好き。
110918_01


靱負様のチャーミングな顔もいいけど、こういう凛々しい顔がいい!
110918_02


和泉様、新しい陣羽織も素敵だが、こちらのほうが強そうに見える。
110918_03


姫カッコよかった!ポーズも決まるし、演舞中の表情に油断が無いのがすごいと思う。
110918_04


長親様が丹波様に「えいっ!」っとやったのに決められなかったとこ。
「槍術の道」は二人ともいい味だしてる。
110918_05


姫の演舞の時、今日すごい迫力があった。和泉様石蔵との打ちあいがもう!
観客から感嘆の声がもれてた。
110918_06


なにこのカッコいい靱負様石丸!
110918_07


「槍術の道」での丹波様の表情といったら!。生で見るべしですよ。
太陽の光に透ける瞳の色が美しい。
110918_08


いつも素敵だが、今日の演舞3つは見応えがあった。もっと色んな人に見てもらいたいなあって思う。明日は靱負様の「下忍口」もあるし、イベントで「槍術の道」や「古池」も見られるし、一日で演舞が沢山見られて嬉しい。そのために、さ、今晩仕事頑張ろう。じゃあ日記書いてる場合かよ!なのだが、今日はなんとなくどうしても今日あげたい気分。

なにせカッコよかったから

2011.09.16

うおぅ。

時間が足りないですな(松鯉先生風に)

で、この写真は言わずもがな「行田 おもてなし甲冑隊」の三家老の一人酒巻靱負様なわけですけども、なんか福山雅治さんに似てないかしら?

110911_04

じゃ!(書き逃げ?)

2011.09.13

お相撲をみに来てますよ。

美味しいと評判の国技館あんパンを食べつつ、耳はどすこいFMを聞きながら、取り組みを見て、たまに写真を撮って、相撲観戦忙しいよ。どすこいFMの元武蔵丸の振分親方の喋りが面白い!
lento_20110913151907.jpg



2011.09.12

買っちゃった…

着物。

新宿で松鯉先生の講談を聞いて、嬉しい気分で駅に戻る途中で古本市に寄って「田舎教師」田山花袋、「みそっかす」幸田文と「ALAN」(昭和57年ですって!)を購入。松鯉先生は素敵だし、いい本が買えたし(ALANは電車の中では読みづらいね)、いやー帰ってからの労働意欲も上がるってものだなと歩いていたら歩きすぎてしまい、曲ったところが「たんす屋」だった。

久しぶりに着物でも見てみようかな…と見たら最後、「キタ―!!!」という着物を発見。遠目で見るとこういう感じの(菖蒲色)もう少し落ち着いた色の鮫小紋。正絹で新品でなんと5250円。「今着物なんて買っていいのか?買うつもりじゃなかったでしょう?あーでもこれでこの値段だよ!」。サイズが合う事と汚れ等があるかが大事なので、着物の前でしばらく考えてとりあえず試着。そしたらねえ、これがまたおあつらえかしら?位にサイズもピッタリ。自分で言うのもなんだけど似あうんだこれがまた(ホント自分で言うな)。

あまりの値段の安さにお店の方と「どっかに落とし穴が?」と二人で広げて大捜索をかますも、キメ手になるような汚れもなし。これは買いでしょう!と購入決定。淡い色の帯でもいいし、黒とか紺でも似あう。お店の中で嬉しい嬉しいと大喜びしていたら、たんす屋でこれくらいの金額のものを買っても、あまりたとう紙には入れてくれないのに、なぜか「特別」って入れてくれた。で、さっきのご機嫌気分にさらに拍車をかけて帰宅すると。今見返しても本当に素敵なの。たまにこういう大ヒットがあるからたまらんよね。

袷だから10月過ぎたらお城に着ていこう!

「槍術の道」

まさかそうくるとは。

先週雨で初披露が流れてしまった新演舞「槍術の道」を、この土日で披露。長親様と丹波様二人での演舞。というのはまだブログで予想がついたけど、

まさかこんな内容だとはね!

という感じ。「カッコいい!」だけじゃない演舞だったですよ。長親様がなんでこんな顔?丹波様はなぜこんな本気?ってのは演舞を見てのお楽しみ。来週18日(日)に「槍術の道」が予定に入っておりますよ。「槍術の道」は甲冑隊の他の演舞と同じように音楽の選び方がカッコいい。槍術にテクノだもの。

のぼう様にしてはちょっと動きの切れが良すぎ?な位機敏に動く長親様。表情は得意の(?)切ない系で。前から思ってたけど洋ちゃんに似てるよね。
110911_03


丹波様はガチで気合入りまくり。稽古でも「ごめんなさい!」って言ってしまいそう。
110911_02_2


あれ、今回はフル装備での新演舞だったけど、次回のお城での披露の時は夏装束でやるのかな?。それはそれで楽しみだ。なにせきっと夏装束も半月位でしょうし。

早くいつもの門の前で見たい。

2011.09.11

ヤバいって。

この靱負様が素敵すぎてヤバいって。

110911_01

この週末は「B-1グランプリ in 行田」開催で、甲冑隊の演舞も城ではなくB-1グランプリ会場のステージにて。二日間演舞とおもてなしとB級グルメを満喫。

いつも色んな表情を見せてくださる靱負様、この顔もすごくいい。演舞の時の真剣そのものの顔も素敵だし、こういうちょっと気が抜けて余裕な表情もまたなんとも。

レディの皆様はクリックする時に気をつけて!

今週は長親様&丹波様の新演舞「槍術の道」もあったし、ブログちゃんと書きたいが、なんかねえやること多いのですよ。仕事も遊びもそれ以外も。皆様もどうですか?やっぱりやること多くて鼻血でそうだったりしてますか?。よく「自分が二人いれば」とかいうけど、二人いたら多分どっちも「仕事じゃなくてお城に行きたい」って言いだすと思うので意味なし。

さ、仕事しよ。あ、相撲も始まったんだ!忙しさに拍車が!

満喫

満喫
デジイチのCF入れ忘れたり、
コンデジの充電は切れちゃうし、
UV手袋は片方忘れて来ちゃうし、
携帯の電池カバーは無くしたままなのだけど、

B-1グランプリでB級グルメと昼ビール、
甲冑隊の新演舞「槍術の道」を初見、
お城でエンジェルや美女や男前から素敵なおもてなしを受け、
日本橋で可愛い金魚を見て、
人形町のバールで美味しいワインと食事でお腹いっぱい&酔い、

各種満喫してやっと帰宅と。1日長っ。

B-1グランプリは今日の様子だと去年よりは全然空いていて、昼過ぎならどれも並ばずに買えたので、去年の混みのせいで躊躇している人がいるなら、行ってみても今年は意外に大丈夫かもですよ。とか言って明日は激混みだったらごめんなさい。明日は機材をしっかりして行こう。

「槍術の道」は意外な感じ、なかなか見ものでございますよ。相変わらず音楽のチョイスが絶妙でカッコいい。

さあ、皆様も忍城おもてなし甲冑隊の素敵演舞と、美味しいB級グルメを満喫しに、行田に行ってみましょうぞ。

2011.09.09

鼻血出そう。

やること多すぎて。

寝る時間もままらないほどなのでブログはもうすんません!なのだけど明日の「槍術の道」楽しみね!って気持ちを盛り上げるためにせめて、こんな丹波様を。
110904_04


今日の公式ブログの写真もアンニュイで素敵だった靱負様も。
110904_03

今さらですけど甲冑隊の写真はクリックして大きくすると、より「キュン」とする可能性が高いと思われますので、そのあたりもお気を付けてご観覧のほどを。

明日明後日の行田は「関東B-1グランプリ in 行田」開催で、循環バスのルートは変更になってるし(お城の近くまで行かないので注意)、レンタサイクルは使えないようですし、お城の駐車場も使えないらしい。お城に行く皆様はどうぞそのあたり事前の確認をしっかりと。JR行田駅からシャトルバスが出るそうですが、激混みかと。以下の公式サイトに色々載っておりますので参考までに。

「関東B-1グランプリ in 行田」
http://www.kantob-1.jp/

私もどのルートで行こうかまだ考え中。行田駅まで行って、混むだろうけどシャトルバスか、秩父鉄道行田市駅まで行って歩いていくか。つーか仕事終わるのかよ。

もう目の前に涅槃が見えてきそう…。

2011.09.06

ま、そういうこともありますよ。

要は「間に合わなかった」と。

Twitterの方にキュン死(もしくは萌え死)しそうな写真を2枚だけアップしてあるから、お友達の皆様はよかったらそちらを先に見ていていただければ。ツアーの写真じゃないけども、激素敵なので。

って、そもそもうちのブログをそんなに楽しみにしてる人なんていないでしょう!、リアクション全然無いですし。

2011.09.05

まだですよ。

もしかしたら「ツアーのことアップしてないかしら?」ってな感じでブログを見に来て下さってる人もいるかと思うのですが、まだだ。

土曜は「のぼうの城ツアー」に参加、夜は呑みそのまま熊谷に泊り、翌日は終日城でおもてなしを満喫して家に帰ったのが18時過ぎ。疲れで泥人形みたいになってましたYO!

体は疲れてるのに動かず、寝ようにも頭はヒートアップしたままなので眠れず、寝付いたと思ったら爆睡、さっき起きた。いい年してそんな疲れきるまで遊ぶなよって思いつつも、そんな楽しめる事があって、付き合ってくれる友達がいてありがたいなと。

で、これから大急ぎで仕事したり寄席行ったりして、夜にブログ作業でもする予定。もし楽しみにしてる人がいるなら、まあ、夜遅くとか明日の朝とかに見にこればいいじゃない!

しかしツアー楽しかったなあ。丹波様もブログに書いていらしたけど、お城でのおもてなしとはまた違ってて新鮮。一緒に堤とか歩けて幸せ。

ではまた後ほど!

2011.09.03

もてなされたぜ…

本日「忍城おもてなし甲冑隊といく のぼうの城ツアー」に参加してきた。

古墳や堤など、のぼうのに関係している場所をまわったのだけど、なんと丸墓古墳で登場した甲冑隊の3家老、丹波様、和泉様、靱負様がバスに同乗してくださったのだ!

もー楽しかったなあ。

ま、詳しいことはおうちに帰ったらまたブログにアップするとして、今日は楽しかった!という興奮だけを先に(なんと今晩はお泊まりなのです、帰れるのに)。

丹波様の新演舞が見られなかったのは残念だったけど、楽しみが先に伸びたと思って我慢。きっと次に初めて見る時は、なお盛り上がるに違いないかと。

さ、ブログ用の写真でも選ぼ!(悩みごと無さそう…)



2011.09.02

「塩麹トマト」チョー美味しいよ!

盛り付け大雑把だけど。

トマトを輪切りにして、そこに塩麹をかけて、ごまと大葉をのせて出来上がりなのだけど、すごく美味しいの。塩だけよりコクがあって、ドレッシングほど派手でもなくて、非常にいい。

今晩のご飯はカレーと酸っぱい卵スープ、唐揚げとこの塩麹トマト。ああ、食が進む…。

昨日は「塩麹パスタ」と「塩麹卵ご飯」を試した。これもどっちもイケる。パスタはネギ、しめじ、ベーコン、ツナをにんにくで炒めて、塩、胡椒と醤油で味付ける所を、ゆで汁をいれたところで塩麹を投入。やっぱり少しだけ醤油をたらして出来上がり。卵ご飯は混ぜるだけ、やっぱり一滴二滴ばかり醤油。

今迄醤油を使ってたところや塩で味付けてた所に塩麹にすると、ほのかな甘さとコクが追加される感じの味になる。パスタも卵ご飯も美味しかった。私は塩麹だけだと味が柔らかすぎる気がするので、ちょっとだけ醤油を追加してみてる。あ、でもトリ肉を焼いた時は塩麹だけで十分。焼いた方がちょっと味にエッジが立つような。

今冷蔵庫には「塩麹豆腐」が仕込んである。これは旅行から帰ってきたら酒のつまみにやってみるつもり。どうしよう「酢豆腐」みたいなものが出来上がったら…。早く魚でも試してみたい。

で、明日は「のぼうの城ツアー」。台風が来ちゃってるけど大丈夫かしら。私の家の付近は雨も降ってないので全然実感がわかない。明日はツアーもあるし、丹波様の「槍術の道」の初披露だし、晴れてくれとは言わないから、どうか雨だけは勘弁して欲しい。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »