« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011.08.31

幸せ。

幸せ。
大人気のカツオ人間。

任期最終日にカツオ人間と握手出来たし、高知アンテナショップの日本酒シャーベットも、高知日本酒3種試飲セットも美味しかったし、北海道フーディストの樽生と鮭チャンチャ焼きも美味しかった。おうちで作った塩麹で味付けしたパスタも美味。

はー幸せだなぁ、もうゴロゴロしながら寝ちゃおうかなぁ。

2011.08.30

塩麹初体験。

美味しい!

仕込んだ塩麹7日目、いい香りがしてきたので昨日はじめて茄子を漬けてみた。ジップロックに輪切りにした茄子と塩麹を入れて冷蔵庫に。どれくらいが適量かわからず、とりあえず大サジ2杯。3時間位で食べるつもりが外で夕飯になってしまい、結局6時間くらいしてから夜に試食してみた。

ちょっと漬かり過ぎてかなりしなしなしちゃった。食べてみるとちょっと味が薄いような…。正直そんな「お!」ってほどでもない。では、と醤油をほんの数滴たらしてみたら、これがもう急に「おおっ!」って美味しさに。醤油だけ垂らしてもこんな味にはならないと思う。美味しい!日本酒にぴったり!という味に。

で、ちょっと塩が少なめだったのかなあと思ったのですよ。入れる塩の量の振り幅の一番少なめで作ったので。

そして今日。鶏のもも肉をまたもジップロックに入れて大サジ1.5杯入れて冷蔵庫に3時間。これをグリルで焼いてみたら、チョー美味しい!何これ!。お肉に塩麹を混ぜて置いておいただけなのに、焼いたらこの美味しさ。絶妙な塩味と甘みで、焼くとなんとも香ばしいよい香り。塩加減も全然薄くない。茄子も再度漬けてみた、今日は3時間。これくらいの方がちょうどいいかも、これ醤油がなくてもいける。茄子一本あっさり食べられちゃう。

後は味噌汁と納豆という地味なメニューだけど、このもも焼きと浅漬けがプラスされて、そりゃご飯はお代わりするでしょう!っいう(2杯食べました)。塩麹、色々試せそうで楽しみ。そして私はまたどんどん肥えて行くという話。

なぜか茄子がアップ。

「魅惑の翠玉堂かき氷~2011夏コレクション~」

もう夏が終わっちゃいそうだけども。

翠玉堂は忍城おもてなし甲冑隊のブログにも何度か登場している美味しいパン屋さんなのだけど、夏の間はかき氷がメニューに入ってる。そしてそのかき氷のメニューがちょっとどうかしてる斬新なので、食べた物を紹介して行こうかと。

≪オレンジピール≫
Photo

これは美味しかった!大当たり!。柑橘系の甘さにほろ苦さが混ざって、大人のかき氷という感じ。翠玉堂では通常サイズ300円、小200円なのだけど、これにちょっとアイスをのせていい感じに盛り付けて出せば、下北のこジャレタカフェで600円位とれる。


≪桃≫
Photo_2

これも美味しい。ここのかき氷は具入りなのでペースト状になった桃も少しのっかっていて、非常にいい。これも小さくカットした桃でものせてやはり600円位で。


≪焼きもろこし≫
Photo_3

この辺からちょっと冒険してみてる。なんだかき氷で「焼きもろこし」って、と思っていたけど、これは美味しい。甘くてトウモロコシの風味が混ざっていて、それがなんとも言えず美味しい。やはり具でコーンがのっているのが絵的にも可愛い。で、脇に置いてある醤油をかけて食べるのもありなのだけど、私はこれちょっとあわなかった。スイーツを食べているというより、

お惣菜?

みたいな気持になる。でも「醤油をかけたのもイケる!」という人もいたので好みが分かれるちょい足し。


≪カレー≫
(挑戦者への階段を登ろうとする私)
Photo_4

「なぜカレーをかき氷にするのか?」という質問は野暮だ。

やっぱりちょっと具がのってる、かなり甘めのカレー。最初の3口位は「あれ?言うほど変じゃないよ、結構イケるかも?」と思うのだけど、進むにつれてなんともいえない味わいが…。後半氷が解けてきてカレーと混ざり「冷たい甘口のカレー水」になってしまったあかつきには、すいません!呑みきれませんでした!。店主のメニューのコメントの偽り無と。

これ(赤線は私)↓
Menu


≪苺≫
Photo_5

カレーの後「このままでは帰れん!」と食べた一番人気の苺。さすが一番人気美味しい。写真で見てもわかるこの粒粒感。屋台のかき氷のイチゴとは雲泥の差、濃いイチゴ味にグッと来る。


なぜこれを作ろうとおもったのか
≪奈良漬≫
Photo_6

これもきっちり具がのってる。食べる前は「なぜかき氷に奈良漬けなのか」という気持ちしか湧いてこないわけですが、これは意外に美味しかった。生姜のぴりっとした辛みも効いて、意外に美味しいですよ(何度も言うなよ)。お酒が苦手だとちょっと駄目かもしれないけど、これは有。


≪トマト≫
Photo_7

私は食べていないのですが。甲冑隊のブログで靱負様が食べているあれ。頼むと胡椒とオリーブオイルも出てくる。食べた皆様、どうでしたでしょうか?


まだ試作だそうです
≪ぶどう≫
Photo_8

試作中だそうだけど、これチョー美味しいの!今迄食べた中で私的には一番ヒット!。食べ終わって店を出てお城に戻る間に何度も「ぶどう美味しかったなあ」ってつぶやいちゃう位。濃い紫がまさに葡萄色。少しのった具も食べ応えにアクセントをつけていい感じ。もー美味しい。試作じゃなくて定番メニューにしてほしい。

今迄私が食べたのはこんな感じ。ちなみに9月中ごろ位まではかき氷をやっているとのこと。暑ければ9月いっぱい。でもきっとシロップが無くなっちゃったり、店長さんの気分次第だと思うので、気になる人はお早めに。

バラエティあふれる翠玉堂のかき氷。お城の前の道を右にまっすぐ15分歩けば到着。お城に遊びに行った時に是非に。かき氷も面白い美味しいけれど、パンがまたどれも美味。ハード系のパン好きならきっとグッとくると思いまする。

次回は多分「珠玉の総菜パンシリーズ」。

2011.08.27

もう金曜日ダスよ。

あっという間すぎて、口調がデカパン先生みたいになってますけど。

デカパン先生
http://photozou.jp/photo/show/189489/19672897

今週は仕事ばっかりで、全然予定していた落語会に行けず。どれももかなり楽しみにしていたので、本当に残念。仕事をして塩麹の成長(発酵?)を眺めるばかりの毎日。地味だ。

甲冑隊の来月の予定が出たダスな(まだやってる)。しかし、なんでどの武将隊もスケジュール出すのが遅いのかな。忍城はまだこうやって一応一月分の登城メンバーが出るので大変助かるのだけど、伊達は結構ギリギリみたいだし、名古屋もイベントとかの告知が遅かったり。伊達が遅いのは毎日登城があるからメンバーのシフトが難しいのかな。

忍城は9月は又も新演舞があるようなので楽しみ。「槍術の道」ってあるから和泉様と丹波様メインの演舞かな。でも、9/25に和泉様がお休みの時でも「槍術の道」って書いてあるから丹波様ソロ演舞かな。楽しみだなー。9月も午前中演舞、早起きしないと。

あ、もう2:20だよ寝ないと。明日は晴れなくてもいいから演舞が出来るといいダスな!(最後までデカパン先生で)

これが大事な塩麹ちゃん、写りわるいけども。やっと4日目。舐めてみたらしょっぱくて柔らかい甘い味がする。早く食べたい!

2011.08.23

今日の行田日記

久しぶりに書くな。

私の住まっているところでは(23区内)朝からかなりしっかり雨が降っていたので、これはもう演舞無だろう。でも昨日行けなかったし演舞なくても行こうと、普段よりのんびり家をでて、途中で公式サイトを調べたら「演舞は11:30からです」やるのか!?。結局ギリギリに城到着。やるってからには雨が降っていないのかと思ったけど降っていた。演舞をやってくれるのは嬉しいけれど、小雨とはいえ下は濡れてる。大丈夫かな?とむしろ不安になったり。

本日は「序舞顔見世之巻」「お掃除大将」「葛藤甲斐姫之戦」の3本立て、豪華。

姫VS石吉
110821_01


姫VS石丸
110821_02


初登場石丸、この袴見たことあるなあ。
110821_03


姫の演舞カッコよかった!
110821_04


凛々しい姫も子供とシャボン玉で遊んでる時はチャーミングな笑顔。
110821_05


門がバックもいいけど、陣幕が張ってあるのも絵になる。毎回張るのはやっぱり手間かな。午後も雨が降りそうな降らなさそうな微妙な天気だったので、博物館の軒下に床几をおいてのおもてなし。お天気のせいなのか、なんだかまったりとしたおもてなしだった。

帰りの循環バスでちょっと「なんだかなあ」という目にあった。バスの利用に関して運転手に言われたのだけど、言うにしてももう少し言い方があるのでは?という感じ。最近この循環バスに関してちょっと運の悪い事が多くて、ちょっと萎える。金額は倍以上になるけど、お友達が教えてくれた「吹上からルート」に変更しようか悩むが、所詮同じバス会社を使うのかと思うと、どちらもサービスに変わりなさそう。悩む。

ちょっと今回の日記はあんまりテンションが高くないように見えるかもしれないけど、まあ、たまにはこういうのも。雨で全体的にアンニュイな感じ?(質問系語尾上げウザい)。まあ、毎回「!!!」ばっかりでも疲れますでしょう?(今更何を)

早く来月のスケジュールをあげて欲しいところ。

2011.08.22

髪形を変えたのですけど。

世論として(ここ二日ばかりでお会いした皆様)

女性:好評(可愛い、パーマ似合う)
男性:全員ノーリアクション

男ウケ最悪と。

女子は皆ちゃんと反応してくれて(似あってなかったとしてもだ)、女子って優しいなあと思った夏の日。

2011.08.18

平日の池袋演芸場。

思ったより人がいた。

まる一日いる時間が取れないけど、この昼席の仲入りまでの顔付けが好み過ぎるので、そこだけ見てきた。

「雑俳」昇也
「山内一豊 出世の馬揃え」きらり
<和妻>翼
「狸札」左遊
「鬼女の面」松鯉
<漫才>ナイツ
「縮辞」笑三
「二十四孝」昇太

昇也さん、シンプルにやっていたけど言葉のやり取りのテンポが良くってすごくいい。昇太一門で一番活舌がいいかも。きらりちゃんは凛々しくビシッと。声にドスがきいてて、全体的に甘えた感じがないのがとてもいい。翼くんは、とても7月に寄席デビューを果たしたとは思えない出来。和妻だけでなく、所作にも気を配っててカッコいい。先が楽しみ!。若手の和妻師ってほとんどいないと思うので、見たことない方は是非一度見てもらいたい芸人さん。

松鯉先生は、あー初めて聞く話だ嬉しい。ひとつの話の中で「え、そこあっさり赦しちゃうの?」「いや、そんなにすぐあれしなくても!」「ひー!!!」っと、色々感情がでこぼこする話だった。最後は思いのほかあっさり終わるのね…と思った途端に「うわぁっ」ってセリフが。松鯉先生の声がまた妙に生生しく。先生素敵、たまらん。

この渋い先生の後がナイツ、芸協って素晴らしい。前半音楽ネタだったのだけど、それがものすごく世代的にも私のツボで、笑いが止まらん。後半はスポーツネタでこれもまた「あーいっちゃった!」って事をあっさり言う塙さんが素敵だ。低温でじわじわ責めてくるような土屋さんの突っ込みも冴えてる。笑三師匠は相変わらずお元気で声に張りがあって、そして洒落が効いていて、チョーカッコいい80代。

昇太さんは少し日焼けして、髪もサイドをちょっと短くして、雰囲気が変わった。テッパンの石川遼くんのまくらから「二十四孝」へ。やった「二十四孝」だ!。昇太さんの二十四孝は他の人と全然違ってハイテンションハイスピードで、そのノリに乗れるともー楽しくて仕方がない。今日もノリノリだったなあ。こっちまで前のめりになるようなイキイキした楽しい高座だった。ハイテンションにかまけてるかと思えば、意外にもきちっと登場人物の心情やキャラクターがしっかりにじみ出てる。面白かった!

本当は最後まで見たいところだけど、仕事の隙を縫って出てきたのでここで退場。それでも9割見たい人だったので、これで2800円なら元取れてる元取れてる。

で、大急ぎで帰ればいいものを「あ、池袋にあの店があったはず!」と買い物に行き、「○○ちゃんにあげる写真をプリントしなきゃ」とビックカメラにより、いつも行ってる寿司屋がまだランチをやっていたのでつい「おまかせにぎり十貫500円」のランチを食べ、本屋で本を物色してしまい帰宅1時間半遅れ…、満喫してる場合か。

中席池袋は他にも昼の最後に二人羽織、夜は女流講談の先生方、他にも多数素敵な人が出ておりますので、お時間のある方は是非に。私も明日も行きたい。

2011.08.17

さあ、行田へ行こう!

「歴史ツアー!「のぼうの城」の舞台へ忍城おもてなし甲冑隊と時を越えて」
http://taiken.sainokuni-kanko.jp/travel/detail.php?id=1009045

私が最近「これでもか!」とはまっている忍城おもてなし甲冑隊が同行してくれるツアーが今発売されております。

行田には色々名所があるのだけど、一つ一つの場所が離れていて、車無で回るのはちょっと面倒くさい。観光拠点を回る循環バスもあるのだけど、便が少なくて正直利用しずらい。甲冑隊を見にお城に行っても、なかなか他の場所をいくつも回るのは難しいところ。

そこでこのツアー。古墳、石田堤、忍城、蓮の里を一気に見られて、お昼は「はす蔵」さんで(ここは甲冑隊もグルメツアーで行っていたところ、とっても美味しそう)、お昼にお城に来たら、演舞も見られちゃうらしいで、初行田の方にはかなりお勧めのプラン。

甲冑隊はす蔵レポ
http://ameblo.jp/oshijo-omotenashi/entry-10745218350.html
http://ameblo.jp/oshijo-omotenashi/entry-10758646772.html
http://ameblo.jp/oshijo-omotenashi/entry-10758647993.html

各所の入館料、昼食代、移動費を考えると、6300円というのは高くない金額ではないかと。あら、お土産代と書いてあるので、お土産も付く模様(十万石饅頭か?!)。くわえてお城以外で甲冑隊の皆様を拝見出来るという珍しい企画。5人すべてが同行ではないと思うのですが、あの粒ぞろいの5人ですし、どなたが同行でも楽しいかと。

ということで、お友達の皆様。私がドはまりしている甲冑隊を見に行田の名所旧跡を訪ねに、

一緒に行田に行きませんでしょうか!?
(お前と一緒にかよ)

朝8時30分に大宮集合と言うのが、きっと都心部から来る人にとっても、いや、私にとっても最大のネックなわけですけども。参加の記念に私が個人的に道中ガイドさんの説明に加えて、今迄撮りためた写真を無理やり見せつつ、甲冑隊がいかに素敵かを語って差し上げます!(迷惑)

夏装束も素敵な粒ぞろいな皆様。
110813_02

2011.08.16

今日の晩御飯

夏でも全く食欲が落ちない女。


今日の晩御飯は、夏野菜の肉じゃがと、 酸辣湯風スープととろろ芋。すっぱいスープが欲しいけどあんまり手間をかけるのも面倒だし(肉じゃが作るので手いっぱい)と、酸辣湯のレシピを参考にして、具はもやしと卵とねぎだけ。それでも思いのほか美味しく出来た。これはいい、これはいいですよ。麻婆豆腐の時は普通の卵スープじゃなくてこっちの方がすっきりしてあうかも。夏野菜の肉じゃがは少し甘くて、少し酸っぱくて、でもスッキリした味で、夏になると必ず作りたくなるのですよ。

そりゃ、ビールも進むよねって話(見えてるよ)。

「東日本武将隊サミット」2日目

もう一週間も経っちゃったけど。

そう、もう一週間も経ってしまったですよ。当日までは「まだかなあまだかなあ」と長いのに、終わってしまうとあっという間ね。もうサミットの後に二度もお城行ってるし。それでも一応ね。

初日は途中で雨に降られたりしたけれど、この日は終日快晴。というか快晴過ぎてもう倒れそう。実際具合を悪くした人もいたようで、真夏のイベントというのは大変だ。自分も日焼け対策を怠って、頭のてっぺん(髪の分け目)が日焼けしてしまい、触るとひりひりした。私が河童だったら間違いなく死んでる。首筋から背中にかけても大日焼け。この年になって皮がむけるほどの日焼けをしてしまった。

それくらいの暑さだったので、一日目は座って全部の武将を見たけれど、二日目はお目当てさん以外は日陰に逃げて観覧。でもそれで良かったかも、本当に暑かった。あと、初日にほとんど武将隊がおもてなしをしている所に遭遇出来なかったから、せめて二日目位フラフラして…と思っていたのだが、どうも初日の方がフラフラ出ていらしていたようで…。運悪し。とはいえ、楽しいサミットでしたよ。

おしまい。

って、これで終わるとあんまり楽しくなさそう。いや、楽しかった。時系列無視で、写真とともに振り返りましてよ!

伊達の足軽、田七さん。この人きっと色々面白そう。
110808_04


与六さん顔が変わったなあ。苦労してんのかな(何に)
110808_05


少数精鋭「忍城おもてなし甲冑隊」の皆様。もしかして長親様こっち見てる?
110808_06


演舞中の靱負様はいっそう凛々しくてキラキラしてる。
110808_07


のぼう様はいつも笑顔、サミット中も皆の心をギュッとつかんでた。
いよっ、この人ったらし!
110808_08


ラウンドガール「おから」ちゃんが高々と掲げてるけど「ゼリーフライ」、地味だ。
110808_09


靱負様が何かに爆笑。いい顔!
110808_10


和泉様本当に暑そう!陣羽織ダサくない!
110808_11


翻る陣幕、よろめく蛙。
110808_12


どこの姫も可愛かったけど、やっぱりうちの姫が一番!
(ああ、残念な後ろのブルーシート…)
110808_13


なんだか微妙な雰囲気に写ってしまった気のするこの二人。大丈夫か。何が。
110808_14


基本的に忍城の甲冑隊が好きすぎて他の方にはあまり触手が動かなかったのだけど、この方は素敵だったな。
110808_15


「だんべ踊り」を踊ってくれた優しい伊達の二人。
110808_16


どうしよう。案の定丹波様の素敵さに女子達が気がついちゃったよ…。
110808_17


両日暑くてひっくり返りそうだったけど、楽しいイベントだったですよ、お祭りっぽくて。仕切る側は大変だとは思うけど、また開催してほしいなと思うですよ。でも出来れば、秋祭りの時期にでも(夏は無理、暑すぎ!)。

しかし何が嬉しいって、モテモテでウシシ大変だったこの5人には、忍城に行けば会えるってこと。この素敵な5人がいつも忍城にいるのですよ。ああ、東京に住んでいて本当に良かった。サミットで見た人が行田に沢山来てくれたらいいよね。

110807_24

二日間お疲れさまでした、

また忍城で!

2011.08.15

ショックなこともありました。

ブランキーを知らない人がいた。

(本日の日記は先日話したギター弾きの男前に向けて。見てるー?<馴れ馴れしいぞ)

でも良く考えたら、まあそりゃそうだよねって話だ、随分前に解散しているものね。解散したバンドをいつまでも懐かしがっているのはあんまりなあとは思うけど、ギター弾きならブランキーは知っておいてもそんはないと思うよ!。って事でこれとかどうでしょうか。

Blankey Jet City「D.I.Jのピストル」

Blankey Jet City「PUNKY BAD HIP」

Blankey Jet City「3104丁目のDANCE HALLに足を向けろ」

カッコええなあ。この3人でしか出せないカッコ良さってあるよね。

SOFT BALLETも「知らない」と言われたが、こちらは活動してい時でさえ知らない人も多かったマニア向け(自分の中では大メジャーだけども)なので特にショックじゃない。でも、もーもー素敵なので見てほしい。ジャンルがジャンルだけに好き嫌いが分かれるとはもうけれども。

SOFT BALLET「SMASHING THE SUN」

この遠藤がもう!

SOFT BALLET「WITH YOU」

「WITH YOU」はこのアレンジが好きだな。しかしこの時の遠藤の黒モジモジくん、暗黒の王子ぶり。そりゃ好き嫌いも分かれるよね。

SOFT BALLET「L-MESS」

「L-MESS」素晴らしい。

ジャンルはまた変わるけれど、今活動しているとなったらサーフコースターズ!。またこれもエレキインストというあんまりメジャーなジャンルではないわけですけども。

THE SURF COASTERS「BUMBLE BEE」

どれだけ一生懸命手元を見ても、どうやって弾いているかわからない。しかし若いなこの中さん。

THE SURF COASTERS「MISIRLOU」

多分この曲、ライブで100回以上聞いてる。でも飽きない。

THE SURF COASTERS「Pipeline」

サーフがカバーすると、もはやカバーの域を超える。

ああ、画像を集めていたらライブに行きたくなっちゃった。

2011.08.14

ウシシ。

今日とっても嬉しい事があったのですよ、ウシシ。

これは昨日の楽しい事、忍城おもてなし甲冑隊のおもてなしにて、丹波様。
110813_01


お顔がどんどん精悍になってきてる。日に焼けて髭が少しのびた所もまた色っぽくて素敵。「全国武将選手権セクシー部門」があったら、確実にダントツで一位。そういえば、あんまりセクシーな武将って意外にいないね。って、武将の皆様は基本的に「観光PR」の為だからセクシーである必要はないからかもしれないけど。早く丹波様メインの演舞が出来ないかな。

こちらは今日の楽しい事の別枠、靱負様。
110814_01


おもてなし中は、可愛い男の子な雰囲気の靱負様も、演舞中はもう凛々しくて男らしくてカッコいい。そのギャップもいいよね。この赤の陣羽織が本当にお似合い。今日は「下忍口靭負之初陣」を披露してくださったのだが、この演舞も音楽がよく効いてるし、靱負様の動きも派手でメリハリがあって素敵だし、また最後去り際に一瞬こちらを振り返る時の顔がなんともいいのですよ。いい表情だなあっていつも思う。

最近いっぱいいっぱいでなかなか行田日記も書けてないけど、おいおいちゃんと書くので皆様見に来てくださいませよ!。次の甲冑隊は5日後か、先だなあ(先だと思うならその間に書いてない日のブログ上げろ)。ハッ!でも、土曜は姫と長親様だけだから、丹波様にお会いできるのは6日後だ、すごい先だなあ(変わらねえよ)。

Q:しかしなんでこんなにはまっちゃのかな。

A:カッコいいから!
理由なんて実はいつも単純だ。

2011.08.11

「仙台七夕祭り」

お城でのサミットが終わり、武将の皆さまは仙台七夕祭りに出演ということで、こちらも見に行くことに。城から市民広場に直行せず、駅に行き荷物をだし、支度をしなおしてメインの広場に行くと、広い…、ステージが遠い…。というかもう座ることすらままならないかもよ…という状況。

なんとか座れる場所を確保するけれど、いかんせん遠い。むこーの方でなんかやってる感じで、武将隊の出番の前に視界のお二人が「黄色い声援を送ってね」的な事をしゃべっているけれど、いかんせん遠い。正直もりあがらん。まあ、早く行けばいいのだろうけれど、さすがにねえ。暗いし望遠を使ったところで写真も厳しいかもねえ…なんて話しているところで、あれ?あの幟は!?

忍城の皆様だー。

ちょうど真ん中の通路の所をアピールの為に通過のご様子。思いがけず皆様のお顔が側で見られて嬉しい、ちょっとテンションあがった。その後に伊達以外の武将の皆さまも登場して、そこでPRタイム。忍城の皆さまはそのまま結構あっさり通過してしまい、向こうでまたモテてたよ、ちぇっ…(嫉妬の舌打ち)。でも、忍城おもてなし甲冑隊以外は長めにPRが見られたので良しとしたい。忍城おもてなし甲冑隊以外は(少し悔しいので二度言いました)。

武将隊のステージは各武将5分位だったのであっという間。忍城は長親様と姫とおからちゃんが出てきて行田の紹介をして、残りの時間で和泉、丹波、靱負の3人で「出陣の舞」を披露。が、やはり遠いし暗いし「あー」と思っている間に終了。せめて前の方の初見の皆さまが「お!」って思ってくれてたらいいなあと(痩せ我慢)。

自分たちの持ち時間が済んだ武将隊もステージに残ったままだったので、着々とステージ上に武将が増えてく。最後は勝どきで終了。って、なんかあっさりした報告で申し訳ないけど、なにせ見えなくてねえ、遠くてねえ、あんまり気持ちが盛り上がらなくって。

こんな感じで勢ぞろい。
110807_18


出陣の舞はこんな感じ。照明もっと明るめ希望。
110807_19


いやん、長親様に手がカブールだわ。
110807_20


殿、武将の皆さまの前に立つのではなく、並列で並んで司会をしてもらえたらと(要は丹波様が見えないぞと)。
110807_21


お、この靱負様可愛い。
110807_22


ともあれ初日終了、武将の皆様お疲れ様でした!

なんとかちょっと大きめに撮れてた長親様。烏帽子姿カッコいい!
110807_23

「若手研精会」日本橋亭

開場時間ジャストに行ったのに後ろ半分の椅子席はほぼ埋まってるという盛況ぶり。

「千早ふる」辰じん
「弥次郎」夢吉
「熊の皮」こみち
「幇間腹」遊一
~仲入り~
「引越しの夢」一之輔
「へっつい幽霊」鯉橋

夢吉さんは山台をぎっしぎっし言わせながらの熱演。明るくてバカバカしくていい。夢吉さんの高座は聞いていて見ていて楽しい気分になれる高座。そういうのって本当に大事だと思う。小さいクスグリも効いてる。ちょっとした表情も可愛いものねえ。あと夢吉さんが「ボク」っていうのが好き。「弥次郎」また聞きたい。

主任の鯉橋さんは、来春真打昇進が決まったことを(そしてでもこれから何が起こるか分からないこと)報告して「へっつい幽霊」。最近の鯉橋さんは、登場人物が皆イキイキしていてお噺全体に膨らみがあるような印象、どっか抜けてる感じがするのも、どんなお噺をしていてもギスギスしなくて素敵。

鯉橋さん真打かあ。見ていた二つ目さんが真打になるのって、「おめでとうございます!」という気持ちが勿論なのだけど、なぜかなんとなく少し寂しい気持ちになる。なんでだろ、深夜寄席で見られなくなるからか。ってそんな浅い理由か。

2011.08.09

「東日本武将隊サミット」初日2

汗をたくさんかいていても、どこか爽やかな靱負様。
110807_09


おからちゃんがおからで出来たゼリーフライの写真を持ってる。
110807_10_2


和泉様おニューの陣羽織。私は渋くてカッコいいと思う!
110807_11


あら珍しい丹波様の可愛い表情。
110807_12


姫、楽しそう。いつも可愛いなー。
110807_13


ところで靱負様、なぜ今日はその袴?
110807_14_2


あ、長親様ったらいつの間にか自分だけ楽な小袖に姿に!
110807_15


男前にもほどがある丹波様。
110807_16


昨日見たばかりなのに、こうやって写真を選んでブログを書いていると、もうお城にいきたくなっちゃうよね!(なっちゃうなっちゃう!)

「東日本武将隊サミット」初日

さすが忍城おもてなし甲冑隊、あのイベントの後の日記が「翠玉堂のかき氷」。

ちょークール。

「楽しくなかったのかしら…?」と感じてしまうほどのクールさだけど、はしゃがない大人の甲冑隊って事で。代わりに私がはしゃいで感想など。仙台に東日本の5つの武将隊が集まる「東日本武将隊サミット」、本日集まったのはこの5つ。

奥州・仙台おもてなし集団 伊達武将隊
越後上越 上杉おもてなし武将隊
白石戦国武将隊 奥州片倉組
山形おきたま 愛の武将隊
行田 忍城おもてなし甲冑隊

直近まで何をやるのか、どんなタイムテーブルかさっぱり分からなかった。状況がわからないからとりあえず早く行っとく?と思ったら、もうばっちりお客さんは集まり始めて場所取りもされてる。早い、みんな早い。しばらくすると政宗様、支倉様、空さんが登場。前説をするようですよ前説。殿がご自分で「こんなところにわしが出てくるなんてなかなか珍しいぞ」とかなんとか。はばかりの説明や、熱中症には気を付けてねなんていう基本的なことを説明する殿。

一通り説明し終わると退出。他の武将隊の皆様も出てきているわけでもないので、「ずんだシェイク」を飲んだり、かき氷を食べたり、日本料理仙台で「ずんだセット」を食べたり。そうこうしているうちに開会式の時間。

だんだん袖に武将の皆様が集まってきました。
110807_01


そして与六さんの太鼓の音ともに。
110807_02


武将の皆さまどーん。
110807_03


最初はすっごく右に寄り過ぎておかしなバランスになっていたのを、ささっとならしてこんな状態に。当たり前だが全体的に殿が仕切っていて、開会宣言があったような…。代表が一人一人挨拶をしたような…。って、なんだそのあいまいな記憶。なんか「おおー武将が沢山―」と思っていたらあっという間に終わってしまった。その後順番に演舞の披露だったわけですが、空を見ると妖しげな雲の色…。と思っているうちに雷の音がして、あっという間に雨が降り出した。

お天気雨っぽいけれど、片倉組の時に降り出して、愛の武将隊の時にはかなりの降りに。後ろでは傘をさしはじめる人も出てきたけど、やはり演舞中は傘をさしてしまうとどんどん後ろの人が見えなくなるので、タオルやハンカチ帽子でしのいでいる人多数。これにはまいった。自分が濡れるのはいいがカメラが。カメラは困る。が、愛の武将隊の途中から少しずつやんできて、忍城の出番になる頃にはほぼ雨がやんだ。そして雨もすっかりやんだところで、「序舞顔見世之巻」から始まり始まり。あのノリのいい音楽にのせて、カッコいいところとお茶目なところをビシッとね。

陣羽織がひるがえる形ってカッコいいよね。
110807_04


ひとつ目の演舞が終わったところでPRタイム。長親様進行で、順番に行田の名所や見どころを紹介していく。きちんとパネルまで持参してのPRタイム。こんなにきちんと観光案内をしたのは今回忍城チームだけだったよ(あ、伊達が寸劇の中で「七夕まつりのみどころ」は紹介してたか)。ちゃんと忍城には、こんな風に。

ハイ、ラウンドガールでーす♪
110807_05


靱負様がゼリーフライを紹介している時に、なんとあの「ランチパックゼリーフライ風」も登場。

おからちゃんがランチパックどーん
110807_17


これを二つお客さんにプレゼント。

長親様「賞味期限が明日なので…」
もらったお客さん「今日!

「すぐに食べてね♪」と。なんでおからちゃんがクーラーボックスを持っているのかと思ったらこれだったのね。長親様は本当にアドリブが冴えてるし、お客さんの気持ちをつかむのがお上手。すっと見ている人の気持ちにそって行く感じが素敵すぎる。そしてランチパックをプレゼントした後に、「まだまだ見どころが…」と長親様が紹介し始めたのが「浮き城まつり」&「だんべ踊り」。そして、「音楽スタート!」というと、あの「だんべ踊り」が流れだし、長親様が踊りだした。

ソーレッ!(パシッ)
110807_06


可愛く踊る長親様を冷ややかな目で見る丹波様と靱負様。おふざけがすぎで怒っているのかと思っていると、

丹波様のだんべ踊りキタ―!!!

110808_02


すっごい真顔で踊ってるよ…、シュール…。と思っているとすかさず、

靱負様もだんべ踊りキタ―!!!

110808_03


靱負様と同時に両脇にいた姫とおからちゃんも踊りだす(フレームに入らず)。踊れないから「ソーレッ!ソーレッ!」って掛け声だけでも参加。可愛いーだんべ踊り可愛いー(でも靱負様、ちょっと「絶対にやってはいけない1」みたいになってる)。と思っていた所で和泉様からストップがかかる。「ありがとう和泉ちゃん」と長親様。ラブリーなダンシングを見せたところでPR終了。その後に「池や蛙飛び込む水の音」と「出陣の舞」の3つの演舞を披露。

蛙はいつも出てくると客席どよめくぜ。
110807_07


さっきの呑気な所をうってかわって凛々しい姿を見せて(長親様は蛙でチャーミングな姿を)、演舞終了。カッコよかったなあ。見とれててあんまり写真が撮れなかったなあ。なんだかあっという間の出番でしたよ。演舞と観光PRをしっかり見せておりました。

で、「今回おもてなしはないのかなあ」と思ってたのですが、特に「○時から○時までがおもてなしです」なアナウンスは無く、ふと後ろを見ると演舞を終えた武将の皆様がいつの間にか出てきたりしている状態。あ、忍城のメンバーが出てきてるのを見つけて、演舞と演舞の間に行ってみると、

モテてる!

長親様が女子に囲まれてる!長親様だけでなく、忍城の皆様が女子に囲まれてましてよ!。嬉しい、もっとキャーキャー言われちゃえ!モテすぎちゃえ!。サミットに来る前に「忍城のメンバーのカッコ良さに女子が気がついて、囲まれちゃって、もう大変ってなったらどうしよう」と思ってたら本当になってた。モテて嬉しいけど、どうしよう(何が)。

どうしようとか思いつつも(だから何が「どうしよう」か)、伊達の演武が始まる頃にはこちらのおもてなしも終わり。伊達の演武が終わったところで閉会式。また各武将隊の代表に感想を聞きつつ、最後は伊達流の勝どきで閉幕。最後に全員並んで記念撮影なわけだけど、

多すぎて入らないわけ。
110807_08


海ちゃんと畑ちゃんで「もっと真ん中によってくださいー」とかなんとか全員をそれなりにコンパクトにまとめてパチリ。写真撮影が済んだところで退出。一日目終了。長かったような、あっという間なような。

しかし、演舞がメインとはいえ、せっかくなんだものもう少し「おもてなし」の時間をきちんととって、それをアナウンスしてくれたらいいのになあとは思った。演舞と演舞の間ではあわただしいし、向こうで演舞をやっているのにそれを見ないで後ろでおもてなしってのもなあと思うし。あれだけ沢山武将とお客さんがいるから、仕方が無いのかなあと思いつつも、ちょっとあれだなあって気もする一日目なのでした。

忍城の事意外はあまり触れていないのは、全部書いていると膨大な長さの日記になるから。他の出演の武将隊の動向は、各武将のファンの方にお任せということで。

そしてこのあと夜は勾当台公園で開催される七夕まつりのステージを見に行くのでした。(続く)

私の今年の夏フェス終了。

仙台にて「東日本武将隊サミット」を見てきたですよ。忍城おもてなし甲冑隊をお目当てにね。暑くて暑くて、頭の皿がカッピカピに乾いてしまって大変だったのだけど、楽しい楽しいイベントでした。お目当ての甲冑隊の皆様はとてもカッコよくて、応援しにいった甲斐があったというものですよ。

写真でまったく目線もらえてなくてもね
(うわー残念な写真)。

110808_01


素敵な人を沢山見て、美味しいものを沢山食べて、久しぶりの友達に会って色々話して、盛りだくさんの二日間。おいおい日記をあげるとして、本日はこの全員揃ってる写真アップのみで失礼。

ま、ぜんぜんこっちむいてないけどね!

2011.08.07

サミット初日終了。

サミット初日終了。
真っ昼間に炎天下に5時間弱、もう倒れそう!

武将勢揃いで壮観。

ずんだ餅なう。

ずんだ餅なう。
餅3つにところてん付き。美味しい!

仙台城でずんだシェイクなう!

仙台城でずんだシェイクなう!
政宗様、支倉様、空さんで前説中。そしてずんだシェイク。マメマメして美味しい!

那須高原だったなう。

那須高原だったなう。
久しぶりの夜行バスで仙台へ。が、途中事故渋滞で3時間の遅れ。まだ那須高原を出たばかり。いきなりのアクシデント。今回の旅行が無事にすみますように!

2011.08.05

「東日本武将隊サミット」in 仙台

もっと盛り上がってもいいんじゃいの!?

8月7日(日)、8日(月)の二日間仙台にて「東日本武将隊サミット」が開催。
東日本の5つの武将隊が、七夕まつりまっさかりの仙台に乗り込んでいく訳ですよ。
5つの武将隊と言うのはちなみにこの5つ。

奥州・仙台おもてなし集団 伊達武将隊(両日)
http://www.datebusyou.jp/

越後上越 上杉おもてなし武将隊(両日)
http://www.uesugi-busyotai.com/

白石戦国武将隊 奥州片倉組(7日のみ)
http://ameblo.jp/ousyukatakuragumi/

山形おきたま 愛の武将隊(両日)
http://ainobusyoutai.info/

行田 忍城おもてなし甲冑隊(両日)
http://ameblo.jp/oshijo-omotenashi/

この5つが仙台城址に集結するわけですよ。全部の武将に詳しくないので正確な人数はわからないのですが、武将のみでだいたい1武将隊に5人いることとして全部で25人(多分それ以上いる。足軽を足したら40人近いかも)。ははは、

非日常的非日常的。

何をするのかどこの武将隊のブログにも詳細がのっていないし、どこもあまり「サミットだぜ!」って感じではないのだけど、せっかくのこういう機会だもの、興味を持っている人は沢山いるはず、もっと皆様上手に告知宣伝をすればいいのに。あ、忍城の甲斐姫はナイスブログをあげてた。上手過ぎて後から見たらマジ日記と勘違いしちゃいそう。

http://ameblo.jp/oshijo-omotenashi/entry-10974157441.html

愛の武将隊さんにところに少し詳しく載っていたので引用させてもらいました。ご自分のところの演舞の時間は未定なのに、伊達様の時間はちゃんとのせていらっしゃるなんて親切だな愛の武将隊さんは。せっかくなので忍城の演舞の時間も足してみた。

1日目

【仙台城址会場】
13:00~ 開会式
14:25 忍城おもてなし甲冑隊演舞
(演目:序舞顔見世之巻 / 古池や蛙飛び込む水の音 / 出陣の舞)
15:40 伊達武将隊 演武
16:10 エンディング
16:40 終了

【仙台七夕会場 仙台勾当台公園市民広場】
20:30 各隊PRステージ
20:50 伊達武将隊 演武~エンディング
21:00 終了
*忍城おもてなし甲冑隊演舞時間未定(演目:出陣の舞)

2日目

【仙台城址会場】
10:30~ PR活動
10:55~ 開会式
13:00 伊達武将隊 演武
14:00 エンディング
随時おもてなし・PR活動
16:40 終了
*忍城おもてなし甲冑隊演舞時間未定(演目:序舞顔見世之巻 / 古池や蛙飛び込む水の音 / 出陣の舞

各サイトから集めたものをまとめたのですが、これが確定ではないかと思うので、いらっしゃる方は事前にお目当てさんのブログをチェックしてくるのがよろしいかと。

私はものすごく楽しみにしてるのですよ、仙台に行けることも、仙台のお友達に会えることも、伊達の皆様に又会えることも、見たことのない武将隊が見られることも、忍城の皆様を仙台で見られることも。お友達が探してくれた居酒屋とカフェも、仙台城址のずんだシェイクも、帰りの新幹線「はやて」も!(サミットは?)

開会式ってなにをやるんでしょうねえ各武将代表による「宣誓!」とか?。PR活動ってなんだろ?チラシくばったりか?いったら「おもてなし」か?。エンディングってやっぱり皆でそろって「21th century boys」を歌うとかか。違うね、それはイベントが違うね。イベントっていうとそういうのを思い出すよね、なんとなく。あと、すっごいくだらないことかもしれないけど、武将隊の皆さま、13:00~17:00の間ずっと甲冑を着ていて倒れなりしないかな。暑いだろうから、武将の皆様も客も体調管理万全で見たいよな。

さあさあ、興味をお持ちの皆様は、今ならまだ間に合いましてよ、仙台で武将隊を見ましょうぞ。キャキャー言いに行きましょうぞ。

各武将隊の演舞の違いを楽しめる珍しい機会!

2011.08.04

「上席前半夜の部(途中)」浅草演芸ホール

知り合いの落語ファンから「竹丸師匠の『ホタルの母』は絶対見ておいた方がいい」としきりに勧められるので行って来た。19時半位にはいって仲入り後割引で1500円。賞味1時間半くらい。皆楽しかった。

伸治師匠は「皿屋敷」。まくらので反応が薄いのをみて「このまくら誰かやりましたか!?」って。どなたかがやっていたそうだ。それを聞いちゃうところが師匠のいいところだ。むしろそうやって聞いちゃったことで客席が和んだ。幸丸師匠は今の政治のネタを上手に盛り込んだ漫談で。師匠のこういう漫談て面白い!と今更ながら。こういう風に今の世情を上手にとりこんで面白く話せる人って意外にいないよなあと。昭和の歌を紹介しながらの「しみるなあ…」の台詞もツボ。

桃太郎師匠ものすごく下品なでも面白いまくらでオッサン達を湧かせて「春雨宿」。各所各所の間が長い長い。その間がまた面白く。黒紋付にあのサングラス、どう見ても堅気に見えない姿で「ケメ子でねえょう、ケメ子だよ」(ああ、文字では面白さが伝えづらい!)だもん。正二郎さんは祇園毬と傘の回しわけの二つだけ。正二郎さんは毬を投げるでもちょっと高めだったり、回すのが速かったりで、そういうちょっとした増し感がより上手に見えるのかなあと。

でもって最後は竹丸師匠。最初はいつも通りの軽くて楽しいまくらなのだけど、その楽しい鹿児島の話からすーっと「ホタルの母」に。新作なのであらすじを書くのは遠慮するわけですが、ええっと、私もう途中からずっと手ぬぐいで涙をぬぐいながら聞いてました。師匠の姿がずっとぼやけてるよ…。普段の漫談ではあまり気にした事無かったけれど、竹丸師匠の声はとても柔らかく聞きやすくて、ご自分が実際鹿児島の方なのでその会話が自然なだけにリアルで。メインになる登場人物(母ですね)は女性なのだけど、妙にしっくりきているし。高座が終わった後の拍手の多さが良さを物語っているのではないかと。ああ、内容を書けないからどこがどういいか説明しずらい!

テーマがテーマだけに苦手な人もいるとは思うし、なんで落語でそういう話を…という人もいるかもしれないけど、聞きに行って欲しいなあと思うですよ。今迄もっていた竹丸師匠の印象が変わるのではないかと。竹丸師匠の主任は5日まで、お時間を作って是非に。仲入り後に入るとどんどん割引になりますので、お仕事の後にいっても間にあうですよ。

ちなみに昼は小遊三師匠や昇太さん参加の「にゅうおいらんず」で、主任が小遊三師匠。このギャップが芸協っぽい(気がする)。普段より木戸銭が高いけど(3000円だったかな、普段は2500円)、一日いたらそりゃあもうお腹いっぱいになれますんで!

110803_01

2011.08.03

今日の行田日記(「おもてなし」と「満る岡」編)

雨の忍城。

本日(30日)初めて演舞のない日に忍城へ行ったが、やはり天気が悪いせいかいつもより客足も少なめ。長親様、丹波様、靱負様の3人が博物館の前に床几を置いておもてなし。それでも少ないとはいえちゃんと観光の方も、甲冑隊目当ての方もいて、つど丹波様は博物館から出てくる方に声をかけたりチラシを配ったりしながら、まったり時間が過ぎる。

でだ。先週忍城から帰る時位から「来週来た時は満る岡さんに行って丹波様セットでも食べてみようかな、土用の丑の日にウナギ食べてないしな」と思っていたら、あの日記ですよ奥さん。

http://ameblo.jp/oshijo-omotenashi/entry-10967941978.html
http://ameblo.jp/oshijo-omotenashi/entry-10967869675.html

うっそー偶然、先を越された!って、そういうものじゃないよね。三人が美味しそうに食べているので期待満々で、午前中のおもてなしがおわったところで行ってみる。一応城を出る時に電話をして席とメニューの確認(そして一応予約)をして行く。忍城からちょうど歩いて15分位。大きな道をずっとまっすぐなのでわかりやすいから、バスを使ったりするより早いかも。

到着して「すいません…」と声をかけるとTシャツにハーフパンツの随分ラフな人が出てきた。「さっき電話をしたものですが」というと、「ああ、入り口あっち側なのであちらからどうぞ」と。

…入り口間違えた。

どうやら団体さん等が入る方の玄関を開けてしまった様子、いきなり恥ずかしい失敗。気を取り直して正しい入り口から入る。


正しい店の入り口
110730_02


メニューは決まっているのであとはただ待つばかり。でも見せてもらったメニューには丹波様セット(正しくは丹波セット、様はつかない)も忍城御膳もなかった。お昼限定だし数量も限定なのかな。待つこと30分。まあ、うなぎだし待つのは当然だと思っていたので苦ではなかったのだけど、一人だったので間が持たない。よっぽど日本酒いっとく?と思ったが、午後からお城に行った時に赤ら顔ってどうなのよと思い我慢。そしてハイっ!


「丹波セット」どーん
110730_03


ひつまぶしと肝吸い、お漬物に肝焼きで1750円だったか。甲斐姫セットには肝焼きの代わりにデザートがつくようですよ。私はオッサンの魂を持つ女なので肝焼きチョイスで。よく見ると…


あ、扇の形をしてる。
110730_04


丹波様の朱槍に見立てたはじかみ(甲冑隊ブログ参照)の横に、あられをつかって作ってある扇がありあますよ、可愛い。見た目にも綺麗ねえ。たれが結構あっさり目。で、ブログで書いておられたように美味しくてあっという間に食べ終わってしまいそう。あ、いかんあれをやらないと。「すいません、お出汁を」とお願いして出てきたのがこれ。


あ、裏見るのを忘れた。
110730_05


長親様がしていたように「ウシシ…」という気分でかけてみると、これが美味しい!。結構お酒が効いているような大人の味で、ものすごく鰻に合う、美味しい!。これかけてもう一杯分ぐらい食べられる!(食べ過ぎ)。肝焼きも美味しくて大満足。日本酒いっといてもよかったかなあ(駄目)。

ではお会計と思ったら、あらカウンターに忍城グッズが売ってる。さりげなく押してるんだな。そして店員さんが「忍城のセットをご注文の方に差し上げてます」とこれをくださった。


「ようこそ!城下町『行田』へ」
110730_09


すいません、ぐるぐるに巻いて持ってきたのでこんななっちゃった。簡単な忍城の歴史と、甲冑隊の皆さまの説明、今と昔の場所の照らし合わせが書いてある。これはいいものをありがとうございます。ご機嫌さんで城に戻ると、快晴。

午前中の天気が嘘のように青空の広がる快晴に。とはいえ演舞はなし。なんでも下がしっかり乾いていないと演舞中滑ったりして危ないとのこと。加えて一度「中止」のお知らせをしたのに「やっぱりやりました」だと、それで予定を変更した人に申し訳ないからと。なので午後もまったり気味におもてなし。

雨の日(というか演舞中止の日)に来たのは初めてだったのだけど、演舞がないせいか皆様いつもよりいい意味でのほほんとしているし表情も柔和な印象。やはりああいう殺陣や演舞をやる前というのは緊張していて、気持ちが張り詰めていらっしゃるのかなあと。そんな中おもてなしをして下さっているんだなあと思うと有難いやら申し訳ないやら。

ところでパッツンの君靱負様のお姿が見えないようですが。どうやら靱負様は博物館で催されている折り紙教室に参加とのこと。あらあらそうだったのですね。なので長親様、丹波様がおもてなしに奮闘。…ってしかし全然戻っていらっしゃいませんねえ。と思ったらもうおもてなし終了の15時30分。あらーっと皆がうなだれていると、こんな姿で戻ってみえましたよ。


似合いすぎ。
110730_06


え、これ折り紙?ってレベルの蓮を持って登場。そりゃ時間もかかるって話。18枚同じ形のもの(花弁)を折って作るそうで。お疲れ様でございました。ちょっとだけ時間を延長してくださって、本日のおもてなし終了。


こんな人が待っていると思ったら行きたくなるよね。
110730_08


not演舞な長親様。こんな人が治めている国なら住みたいよね。
110730_07


何度も言いますが、今週末から仙台にて東日本武将隊サミット開催。
この夏、仙台武将が集結だ。

2011.08.02

今日の行田日記(「演舞」と「レンタサイクル」編)

行田へ行くつもりじゃなかった。

色々あって(なんと私にも甲冑隊以外の用事もある)この日は行田には行かない予定だったのだけど、お昼前ついブログを見たら「本日の演舞は忍城開戦鬨之舞(おしじょうかいせんときのまい)です!」と。なんですとー。ああ、見たい、それは見たい。

と急遽行くことに決定。オイ、用事はどうした用事は。大急ぎで電車とバスの時間を調べて出発。なんとか乗り継ぎも上手く行き13:21の行田バスセンター行きのバスに乗れそう。でも19分に着くから大急ぎでバス乗り場に行かなくちゃ。と、ホームから上がる階段すぐそばのドアから出て、小走りにバス乗り場に向かうも、あ、その西循環って書いてあるバス…

行ってしまいました。

まーじーでー。少し追ってみたものの手前に「蓮の里直行バス」があったせいなのか気がついてもらえず。時間を見ると21分。普段はほぼ確実に定刻より若干遅れるのになんで今日に限ってそんなオンタイムか循環バス。観光案内所で次のバスを確認するも、バスセンター行きは14:05までなし。「13時代は少ないんですよね…」と。本数が少ないのはいいんだ、仕方ない。でもですよ、同じ行き先まで行くバスが45分後だったら、もう少しお客さんの流れとか見てくれてもいいんじゃないかしら循環バスよ。

仕方ないレンタサイクルで行くかと思ったら、なんと自転車も全部で払っているとのこと。何この運の悪さ。14:05でも間にあうは間にあう、でもギリギリ過ぎるしなあ。タクシーって手もあるけど1600円位かかるんだよな、どうなのその出費。「…ちょっと考えます…」。と観光案内所でうなだれることしばし。

すると観光案内所の方が「一台自転車が帰ってきましたが」と声をかけてくれたのだが、その自転車がこのタイプ。

ちびっこも乗せられるよ!
110731_07


いや、これはどうだろう。正直言ってちょっとカッコ悪い乗りにくそうなので、「あれですよね…」ともぞもぞしていたら、「必要だったらお声かけてくださいね…」と引っ込む観光案内所の方。すいません!見栄っ張りですいません!でもやっぱりちょっとカッコ悪い乗りにくそうな気がして。が、急に「やっぱり早く行きたい!」と思い直し、あれでもいい、乗ろう、誰も私の姿なんて見てないし!と、借りるために中に入ると「普通のも戻ってきました」。

それでお願いします

そんなこんなで又レンタサイクルのお世話になる。曇り空だったので自転車で行くには気持ちがいい。この前よりスカートも長いからパンツも見えなさそう。よし!と行田の町を駆け抜ける私。今日のサイクリングのBGMはこれで。

前回よりグッと早く15分で城まで到着(BGMのせいだな)、颯爽と駐輪所に自転車を止める私(イメージ)。颯爽と止めたところでママチャリだし、そもそも誰も見てねえよ。

甲冑隊の皆様のお顔をみて、演舞の場所まで行くともう待っている人が結構いる。なので私もって、結局早く来た意味って演舞の場所取りかよって感じになってしまったけど、まあね、そういうものですよ人生って。

本日の演舞は「顔見せ(仮)」と予告通り「忍城開戦鬨之舞」。前回初めて浮き城まつりで見た時は照明効果がすばらしく「もしかして照明のせいで何割増しにもカッコよく見えたのでは…」「ノー照明の中で見るとどうなんだろう」と少し思っていた所も正直あったのだけど、いらぬ危惧でした。カッコよかった!

普段は見せない凛々しい長親様の舞も、最初に朱槍をバシッと地面にたたきつけるの力強くていい!、4人がたすき掛けをする場面も、最後に4人が揃って決めるところも(昨日アップした写真の場面ですね)、姫・和泉・靱負の3人がセンターに揃う姿も、もうどれも素敵。やっと丹波様の見せ場が多目になったのも嬉しい。そばで見ていた子供が「丹波すごい!」だって。褒めるのはいいけど呼び捨てかよ。ところどころ「おおっ」と声があがるような場面もあり、いやー来た甲斐あった。ファインダーを覗いているのが勿体なくて、見とれた上に「ほぉ…」と感嘆の声も漏れそうな(バリバリ漏れてるけど)、素敵演舞でした。

「戦いましょうぞ!」時の長親様、いつもと違う!。「忍城開戦鬨之舞」」の時は別の顔、だ。
110731_02_2


「寝ている顔が美しい人が本当に美しい人」というが、ということはこの目を閉じている丹波様もカッコいいから、本当にカッコいい人ということでいいでしょうか。
110731_03


和泉様は渋くて素敵。いつ見ても「大人の男感」出まくり。この着物の色もお似合い。
110731_04


靱負様、指の先まで神経を配られているのがわかる。素晴らしい。
110731_05


ああ、なんでこんなナイスショットがぶれてるの私。町娘卒倒必須のカッコ良さ。
110731_06


と、演舞を満喫した後に、またも全員ショットを撮っていただいて(ホラ、衣装変わったから)、名残り惜しいけれど今日はここで退散なのでした。ところが帰りも接続が悪くて各所で15分近く待つ事に。まあ、こういう日もあるよねえ、演舞のカッコよさと相殺相殺と思いつつ帰る。そしてここで出かけちゃったので、朝の4時まで仕事する羽目になるのでしたとさ。それでもいい、見られるなら。

8月は演舞の時間が11:30に変更の様子。早い時間に演舞があると、その後他の場所に観光に行くのも便利なので、夏だけじゃなくてずっとこの時間だったらいいのになあなんて思ったり。とはいえ冬の11:30ってちょっとまだ朝の雰囲気を引きずってて寂しいか。

今週末は東日本武将サミット!

そういえば、演舞終了後に挨拶をしている時。手違いで二度ほど演舞のBGMが流れてしまったのですよ。それを受けて長親様はすかさず「も一回やる!?」なんて風に返していて、いつもながらとっさのアドリブが冴えてるなあと感心。あと靱負様がたすき掛け失敗がほほえましい。浮き城まつりの時はほどけちゃってたな。あれ紐だから解けやすいし結びづらいのではないのかな。腰紐にすれば結びやすいですぞ(そして着物も痛まないかも)。

大変申し訳ない。

なんだ↓このしょっぼい日記。最悪だ。反省の意味も込めてこのまま残しておく。お詫びに(というものでもないが)昨日の「今日の行田日記」アップしました。よかったらどうぞー。

2011.08.01

困ったな。

質問「ヤル気が出ない時はどうしたらいいんでしょうか?」
答「ふて寝」

いや違うだろう、あっさり諦めてふて寝してどうするよ。でも、盛り上がらないんだー、「よし!」って気持ちにならないんだー。仕事も一向に進まないんだー。こういう腐りかけたイカみたいな状態になったら、どうやって回復したらいいんだったかを只今思い出し中。

にんにくをきかせて醤油と酒で味付けて焼けば!ってそれはイカの処理の仕方だ。例えの解決法を探してどうする。

わたしの心が一瞬にして沸騰するようなニュースが入って来ないかしら!

今因みにお布団の上に転がってGalaxy tab を下におき、両手の薬指で打ってる。以外に打ちやすい。って、そんなこと発見してる場合じゃなーい。



« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »