« 衣替えダスな。 | トップページ | 忍城おもてなし甲冑隊カッコよすぎ! »

2011.06.06

初「忍城おもてなし甲冑隊」

全員揃っている日で見られるのが今月はこの日しかなさそうだったので、とりあえず一人で偵察に行って来た忍城址。JR行田駅で降りて循環バスを使おうと思ったのに(安いだろうと検討をつけて)、そばまでいくバスが一時間後。マジで―。と思ったけど歩いて5分位の所までいくのが5分後位にくるとのことでそれに乗る。思った通り安かった100円。案内所のお姉さん親切。

バスから降りるなりどっちに行っていいかわからず、そばで遊んでいた家族連れに道を聞くと「あそこだから」と指を指す方向を見ると「天守閣どーん」すぐそばだった。小道を抜けて東門を入るといきなりそこに、いた―!酒巻様だー!長親様と甲斐姫も!
110605_01


伊達武将隊の時もそうだったけど、ブログでずっと見ていた人がいきなりいると(しかも甲冑)、「ふわー!!!」って急に気持ちがはしゃぐ。「皆様を見に初めてお城に来た」という旨挨拶をして「武将カードをいただけますか?」と聞くと、じゃーん
110605_08


こういうのがあると、最初に声をかけるきっかけになっていいよね。皆さま可愛い巾着や紙入れにこれを入れていて、それを甲冑や袂から出してるのもいい感じ。お写真も撮らせてもらって、少し奥に進むと、「丹波様!」思わず声が出るね。ここでもご挨拶をして武将カードをいただいて、写真をお願いする。それがこれ。
110605_03


カッコええ…。思っていた以上のカッコよさにちょっとくらくらした。もうこのあたりですぐまた来よう!と次に来られそうな日を頭で算段。それくらいグッと来た。しかしカッコいい(大事な事だから二度言いました)。ミーハー心を鷲掴み。その後、床几が置いてあるところまで行くと他の足軽の皆さまや、和泉様がいらした。おおー和泉様もブログで拝見する通りワイルドで大人の魅力全開でカッコいい。いいなあ、行田いいなあ。

まだ時間があったので郷土資料館を見る。よしゆっくり見ようと思っていたのに、ふと外を見るともう演舞をやる場所には場所取りの皆さまが。あれーのんびりしてる場合じゃないか―。と急に慌てて向かう。前の方は石段に座って見るのだが、ちゃんと小さなござが引いてあるので助かる。演舞前なのに長親様は客席あたりをうろうろして子供をかまってる、ゆるいな。

でもって演舞。5人で自己紹介編、長親様と姫の「蛙飛び込む水の音」編、男前3人編の3つの演舞が見られた。自己紹介編の時に一人ずつ自分の名前の書いてある巻物を音楽に合わせて開いていくのだが、これがエレキな曲とぴったりでカッコいい。でも長親様はちょっとおふざけ。
110605_04

みんなカッコよくて、直接見たいし!でも写真も撮りたい!素敵!と自分の中で(気持ちが)大忙し。刀を使った演舞だとこれくらいちゃんと場所が取れると動きも派手になっていい。
110605_05


最後はきちんと撮影タイム有。だけど視線が一定なので、せっかくなら伊達の方たちみたいに「右!左!真ん中!」と順番に全方向向いてくださったら嬉しいのにな。といっても、以外に正面じゃない顔ってカッコいいよね。自分を真ん中に入れての記念撮影もした。大丈夫、誰も知り合い見てないよ!恥ずかしくないよ!記念記念ってことで。
110605_07


終わった後に片付けをしていた足軽のだんべとおからちゃん(多分)。どんな時でも非常に腰が低い二人。しかしおからちゃん、肌が綺麗だな。
110605_06


演舞の後は、正面の床几が置いてある所に戻りしばらくおもてなしなのだが、私は次の予定があったのでここで退散。「ああ、もうちょっとなんか!」って所で帰った方が後味がいいものね。って「もうちょっとなんか」ってなんだよ。後味ってなんの後味だよ。

帰りも同じ循環バスに乗ってJR行田駅まで帰ったが、客は私一人。缶コーヒーを飲みながら「カッコよかったなあ…今度いつこよっかな?(やっぱり来る気満々)」と(結果的には)私のためにだけ走るバスにゆられながら余韻に浸るのでした。

次はもうちょっと時間の余裕を持って、近所でゼリーフライやフライを食べたり、横の水城公園の散歩もしたい。日々の生活に武将が足りてない人は、行田に行ってみようぜ!

« 衣替えダスな。 | トップページ | 忍城おもてなし甲冑隊カッコよすぎ! »

コメント

 突然で失礼いたしまする。拙者たちの記事を書いておられる方を検索していて、偶然行き当たりました。
 それにしてもかっこようござるなー…。拙者たちもこうなりたいものでござる。そして、写真の目線の部分は参考になりました。
 重ねてですが、突然の訪問、失礼をいたしました。

塩見様
コメントありがとうございます。
こちらの甲冑隊の皆さまは本当に素敵ですね。
目線のことはなんとなく思っただけなのです。
むしろ当然のようにそうするではなく、
こちらからお声をかけるっていうのも大事かなあと
思ったりもしますので♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/51874968

この記事へのトラックバック一覧です: 初「忍城おもてなし甲冑隊」:

« 衣替えダスな。 | トップページ | 忍城おもてなし甲冑隊カッコよすぎ! »