« 一食一合ご飯を食べても太らない方法。 | トップページ | 遭難しかけた。 »

2011.02.16

広小路亭で4席だけ。

さすが平日の昼間、若者ゼロ。

くま八「一目上がり」
宮治「金明竹」
小痴楽「湯屋番」
花助「初天神」

くま八さんは眼鏡をかけてる時とかなり印象が違う。あまりまだ高座を見ていなかったから随分堅い印象だったけど、あの黒ぶち眼鏡をとると、印象も柔らかくなっていいなと思った。宮治さんは今日も手堅くわかせてた。まだ前座さんなのにあの安定感はなんだ。

小痴楽さん、開口一番の台詞が、
「小さく痴漢を楽しむと書いて小痴楽」から
「小さな痴漢を楽しむと書いて小痴楽」に代わってた。

だからどーしただが。

妄想をパンパンに膨らませて悶える若旦那(馬鹿旦那?)が良く似合ってて楽しい高座だった。花助さん、まくらは何度も聞いている「お嫁さんになってくれる?」のネタなのだけど、何度聞いてもいいよね。ちょっとした手の動きの滑らかさとかも見てて「いいなあ」って思うし。初天神も少しこまっしゃくれた子供も似合うし、おとっつぁんがいい感じにちょうどおとっつぁんなんだよな。

今の花助さんと年齢がジャストというか。超ベテラン師匠が小僧をやるのにチョー可愛いというギャップの妙というのも落語の楽しさだけど、ジャストな年齢の人がやる「らしさ」というのもいいよね。その点今日は花助さん(あれくらいの子供がいる若いおとっつあん)、小痴楽さん(遊んでふらふらしてる若旦那)ともにぴったりではないかと。

団子のみつを舐める場面は皆様個性が出るところだと思うのだけど、本日の花助さん。さんざ舐めて最後にしめで団子に「チュッ♪」と。ハハハナイス!チャーミング!。らしくて可愛かった。みつがまるっきり無くなった団子を渡された子供が「みつがどうこうじゃなくてキタナイ~」と泣くのもナイス。

時間の都合でこれだけしか見られなかったけど、割引を使って1000円でこのメンバーなら損無。そうそう、帰ってプログラムを見たら最初に行こうと思っていた11~13日は特別興行扱いで割引がきかなかったらしい。やむを得ずこの日に行って、思わず得した広小路亭なのでした。

« 一食一合ご飯を食べても太らない方法。 | トップページ | 遭難しかけた。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/50888275

この記事へのトラックバック一覧です: 広小路亭で4席だけ。:

« 一食一合ご飯を食べても太らない方法。 | トップページ | 遭難しかけた。 »