« 再度。 | トップページ | 芸協噺の会 »

2011.01.16

北見マキ一門会

お友達が「こんなのあるよ」と教えてくれたマジックの北見マキ先生の一門会。ジェミーさんや翼君が出るとのことで行って来た。これが面白かったですよ!

司会 ナナオ
北見翼「胡蝶の舞」
ARAIみのる「夫婦引き出し」
北見寿代「南京玉すだれ」
北見マキ「連理紐と連理の紙」
ぺる「フラフープ、サイキックテーブル、衣装チェンジ」
赤間雄基「カード・マニピュレーション」
マジックジェミー「袋たまご、3本リング」
北見マキ「お婆ちゃん、街路の灯り、マイクスタンドの浮遊」

2時間弱マジックばかりだったけど、どれもタイプが違っていて、一人一人が長くないのでダレずに楽しめた。

翼くんは寄席で落語は何度も聞いているけれど本業を見るのは初めて、しかも和妻。紙で蝶を作りそれを扇で操るというなんとも優雅な高座でした。二本の扇で蝶を自在に操る様はなんとも凛々しく素敵だった。いやー素敵だった(大事な事なので二度言いました)。今はまだ前座だけど前座修行が終わったら是非寄席でこういう和妻を見せて欲しい!すごく期待!。末廣亭の高座で「孤蝶の舞」、カッコイイ!

始めて見る赤間雄基くんはカードのマジックなのだけど、これがまたカッコよくて!スピードがあってマジック自体も素敵なのだけど、衣装や音楽が雰囲気に良く似合ってて、さらにカッコよかった。だって音楽がendsのライブ前のSEみたいで(わかりずらいよ)、衣装がソフトバレエのraizの時の遠藤みたいなんだもん(もっとかわりずらい)。もう一回見たい。

ジェミーさんはこういうステージでもいつもの「パーフェクト!」でスタート。今日も可愛いキャサリン(6つの女の子)をステージにあげて、袋たまごを。マジックも素晴らしいし、トークも絶妙なのがイケてる。ルックスが若干奇抜で、始めてみると少しポカンとするけど、たいてい見ているうちにどんどんウケてくるものね。3本のリングも絶妙でした。素敵!マジックもトークも!

マキ先生は和妻とマジックと両方を披露。どちらも普段の寄席では見られないようなもので来た甲斐あった。連理紐ってさりげないけど何度見ても不思議で面白い。おばあちゃんから一瞬でダンディなマント姿に変わるのもカッコイイ!。マイクスタンドの浮遊は初めてみた、何あれ?なんで浮いてるの?。マキ先生はいちいち衣装がダンディでカッコイイ。

いやー楽しい会でした。生でマジックをもう沢山寄席で見ているのにそれでも「おお!」と楽しくみられるのは、それは私が「種を探しながら見ない」からとみたね。「不思議―!」で終わらせとく、それが大事かと。帰りは演者の皆様がロビーで挨拶をしていたので、一緒にいた友人とキャーキャーいいながら写真を撮ったですよ。のせてもOKの確認をいただいたのでこちらに。

「あ、ジェミーさん舞台の時と、最後の挨拶の時と、今と全部上着が違う!。終始英語、まごまごする私」
110115_02

「北見翼くん、若干二十歳。今は落語芸術協会の前座としてたまに高座に上がって落語も披露。この若さで和妻を継承していく男。カッコイイ!」
110115_01

なぜ写真がこんな中途半端な大きさかというと、写真をお願いしたら「一緒に♪」と言われて入ったはいいが、二十歳のお肌つやつやイケメンの横に並んで顔をさらすって、それなに公開処刑か?って思ったのできっちりトリミング。

マジックも楽しいね!

« 再度。 | トップページ | 芸協噺の会 »

コメント

北見マキの一門会に来ていただきありがとうございます。素晴らしいご感想を拝見しました。うれしかったので、無断で勝手に私のホームページに転載させていただきました。お許しください。
ところで弟子の翼は今年の7月には、前座修業が終わり寄席高座で、日本古来の伝統奇術こと和妻(手妻)を披露できるかと思います。今は特訓稽古中です。ぜひ寄席高座に上がった時は熱い拍手で応援してあげてください。

マキ先生からのコメント!?とびっくりしました。
わざわざご丁寧にありがとうございます、嬉しいです。
マジックに詳しいわけではないので、
素人のつたない感想で申し訳ないです。

翼君の近況も教えていただいてありがとうございます。
寄席で和妻が見られるなんて期待大です!
マキ先生の高座も、7月からの翼君の高座も楽しみにしています。
大きな拍手で応援したいと思います!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/50597583

この記事へのトラックバック一覧です: 北見マキ一門会:

« 再度。 | トップページ | 芸協噺の会 »