« 再度ご登場願おうではないか! | トップページ | 漫才がトリでした。 »

2010.12.05

布団の中でだらだら過ごすより寄席に行こう。

「動くの面倒だな…一日寝て過ごすかな…」と思いながらも芸協の本日の寄席の広小路亭の番組を見たら、「お、これはいかな!」と唐突に思い直して、大慌てで支度をして、寄席に着いたらあっぷるちゃんが元気よく話しているところだった、セーフ。

あっぷる「奴の小万」
花助「悋気の火の玉」
A太郎「罪と罰」
マジックジェミー<マジック>
茶楽「寝床」
遊吉「化け物使い」
扇鶴<音曲>
伸治「たらちね」
~仲入り~
べん橋「蛙茶番」
京丸・京平<漫才>
蝠丸「二番煎じ」
助六「春雨宿」
正二郎<太神楽>
文月「芝浜」

いやーお腹いっぱいだ。

あっぷるちゃんはハキハキ元気がよくって明るい口調が何よりいい。ジェミーさんは今日も冴えてた。聡明な小学一年生の女の子が舞台に立ってお手伝い。この子はお行儀よく、かつ終始楽しそうに笑っていて良い子だった。親御さんのしつけがきちんとしているのかな。ジェミーさんはマジックもいいがトークがいつ聞いてもナイステンポで可笑しい。扇鶴先生今日はなんだか楽しそう、終始ニコニコしてる。「すととん節」の歌詞って、今更だけど素敵な歌詞だね(ほんと今更だ)。伸治師匠の「たらちね」は熊さんが落ちつがなさすぎて笑える。落ち着いた大家さんや嫁さんが際立つよ。今日着てる着物シックで素敵だ。

べん橋さんは出てきた途端「待ってました!」の掛け声。ご本人いわく「私が売れっ子とかそういうことではなく、高校の恩師で…」だそうで、なかなか楽しい先生だった(お客さんに振り向いて「宜しくお願いしますー!」と挨拶。ナイス先生)。下ネタ炸裂の「蛙茶番」もバカバカしすぎてエロとかじゃなくなっているのがいい。京丸・京平さんは今日もぐだぐだだったのだけど、そのぐだぐだ加減が面白いと思えるようになったのはここ二年位(最初はちょっとイラっと来てた)。ぐだぐだしているから面白いのにね。蝠丸師匠の「二番煎じ」はいきなり酒を出してくる場面から。寄席だと(トリじゃないところで)これくらいの方がダレなくて楽しいかも。お酒もしし鍋もチョー美味しそう!。正二郎さんは時間短めで五階茶碗と傘のみ。最後におバチをくるっと回転させたり、ぽーんと投げた毬や茶碗をスッと何気なくとる仕草もカッコいい。素敵なさりげないキメ顔とともに軽くポージング!

でもって花助さんが「悋気の火の玉」だもの。あー花助さんで初めて聞くよ!来てよかった!これだけでも来た甲斐あった。今日大活躍のお嬢さんに声をかけつつ、にこやかに軽やかにお妾さんとおかみさんを。「キー」と襦袢の端をくわえる姿とか、下ネタ二度押しとか、ご本人もなんだか楽しそうなので、余計に楽しかった。

大きいネタや珍しいネタ目白押しで、大満足の広小路亭。そしておまけにアンケートを書くと手ぬぐいをいただけるという嬉しいサービスが。そりゃもう張り切って書いて一ついただいて来ましたよ。これだけ満喫して千円とは(割引券使用)、元取り過ぎだなって思った。

« 再度ご登場願おうではないか! | トップページ | 漫才がトリでした。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/50222062

この記事へのトラックバック一覧です: 布団の中でだらだら過ごすより寄席に行こう。:

« 再度ご登場願おうではないか! | トップページ | 漫才がトリでした。 »