« 布団の中でだらだら過ごすより寄席に行こう。 | トップページ | 最近広小路亭率高し。 »

2010.12.07

漫才がトリでした。

東京芸術劇場に「池袋落語会 師走笑わす二ツ目噺再度」を見に。

翔丸「雑俳」
雷太「鈴ヶ森」
里光「一人酒盛」
~仲入り~
圓満「火焔太鼓」
夏丸「おすわどん」
宮田陽・昇「芝浜」

翔丸さんの「雑俳」は遊びに来た熊(だっけ?)がすっごい楽しそうでいいな。ニッコニコしながら習ってるところが可愛い。雷太さんの「鈴が森」は初聞き。思った以上に顔芸&下ネタ炸裂で意外な感じ。バカバカしい噺だけに、あれくらいの勢いが楽しい。勢いがありすぎて雷太さんの血管が切れそうで心配になる。それほどの顔芸。里光さん、なんか誘った男がただ嫌な奴に見えてちょっとなあと。酔っぱらった風情も乱暴で嫌味で、ちょっと苦手だった。

圓満の「火焔太鼓」は良く聞くタイプとサゲが違っていたけれど、それが本当らしく(夏丸談)、あのサゲだと「あーよかったね」で終わらない感じ(後味悪い感じ)があんまり他の人がやらない理由かな。ちょっと押しがくどいような箇所もあったけど、楽しかった。おかみさんが可愛いよ。夏丸さんの「おすわどん」は、自分久しぶりに聞くけれど、噺の雰囲気(後半ギリギリまで若干怪談じみた)と口調が良く似合ってるなーと今更ながら。聞かせておいて最後「それかよ!」というサゲもいい。歌は嬉しいけど5曲はちょっとダレルるかな、私はメドレーでも3曲でいいかなあと。飛び道具はサッとやってスパっと降りた方が盛り上がると思った。

そして最後の陽昇さん。最初から同じメンバーでやっていて、全員トリをとったのだから陽昇さんもということで、今回珍しく漫才でトリだったのだけど、これがもう面白かった!。最初は最近寄席でも聞くネタでちょいちょい昇さんの結婚ネタ(昨日結婚式だったそうで)や海老蔵ネタを挟みつつで、やっぱりいくら漫才がトリでも、この日の為だけにネタをつくったりはしないのかなあと思っていたら、後半。「芝浜をやればいいじゃん」ということに。昇さんが芝浜のあらすじを話つつそれを膨らませていくのだけど、もー可笑しい可笑しい。芝浜以外の落語ネタがたっぷり入っていて、プラス時事ネタや又も昇さんの結婚ネタも挟みつつの、大爆笑だった。陽さんの落語ネタボケがいちいちツボでもう、それはそれは。トリということできちんとこういうネタを作ってくるなんてさすが陽昇さん!。面白いだけではなく、ところどころに落語に対しての根底から突っ込むような台詞があったのも、寄席芸人さんならではかなあと思ったり。その辺もさすがなだぁと。って褒めてばっかりですが。あと、漫才がトリでもいいじゃんってことでこういうフリーダムな構成でOKにした他の二つ目さん達もナイスだと思う。せっかく同じ協会にいて一緒に寄席にでているのならば(そして歳も近くて仲がいいなら)、こういう企画はいいなあと思ったですよ。

そして笑いすぎて陽さんが言ってた「○○ブリーフ!」の○○のとこが思い出せなくてもぞもぞするのでした。誰か覚えていたらこっそり教えて。って、思い出した、「おひさしブリーフ!」だった。流行らそう!どこで!?

余談だが陽さんとスマートソウルコネクションのコハラさんってやっぱり似てると思う。眼鏡とオールバックという姿だけじゃなくて胡散臭い男前な雰囲気も似てる。男前だけが醸し出せるカッコいい胡散臭い雰囲気ってあるよね。

こっちの写真の左が陽さん。
http://www.maseki.co.jp/talent/detail?talent_id=36
こっちの写真の左で「クワっ」っとなってるのがコハラさん。
http://smartsoulconnection.com/profile-smart.html

似てるからといって、だからどうしたという話ですけれどもね。両方知っている人が少なさそうですし。

せっかくだから陽昇さんの写真をもう一枚。今年の芸協らくごまつりで店番中の二人。陽さん、Tシャツでも髪形はいつも通りピッチリパッツリ!
101017_07

あ、そういえば芸協らくごまつりの感想途中までしかアップしてない!(今更)

« 布団の中でだらだら過ごすより寄席に行こう。 | トップページ | 最近広小路亭率高し。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/50231957

この記事へのトラックバック一覧です: 漫才がトリでした。:

« 布団の中でだらだら過ごすより寄席に行こう。 | トップページ | 最近広小路亭率高し。 »