« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010.04.29

初体験だよ稽古総見!

初体験だよ稽古総見!
昨日の日記の早起き希望の訳は稽古総見。昨日の日記とか言いつつも、アップしたつもりがそびれてて、今日上げたのだけど(間抜け)。

こういうのを見て大盛り上がり!
そのあと休日出勤!
ファイト自分!

無念続きでございます。

昨日、落語会のチケット発売を忘れていて買いそびれる。
今日、プレリザーブの抽選に落選。
明日、「これは行けるだろう!」と思っていた落語会、急遽休日出勤が決まり行けず。

泣いてもいいですか!

あ、まだあった。
一昨日、小三治師匠の独演会。退社5分前に仕事を振られて行けず。
明明後日、落語会、会社の納会の為行けず。

やっぱり泣いてもいいですか!
道に倒れて誰かの名を呼び続けてもいいですか!

ま、行けない時はそういうもん、仕方がないよね(The負け惜しみ)。全力で働くよ。

全ての無念を終結させて、明日は5時起き予定。無念を終結させても無理っぽいスケジューリング。

Q.誰だ!こんな予定入れたの!
A.自分ッス!

頑張ります。

2010.04.28

電池が切れました。

電池が切れました。
私の。

気持ち的には「仕事来たー嬉しいー」だったのだが、生理前、雨、23時まで残業のスリーカードで家に帰り「はーちょっと休憩〜」と布団に突っ伏した途端に「フゴー…」寝てた。

しばらくしてボェッ?!と目を覚ます。何か食べようにもお湯を湧かすのすら面倒で、やっとのことで風呂にだけ入り、早々に布団へ。布団に入るともう体動かず、こりゃ電池切れたな…と思っているうちにあっという間に爆睡、そして朝。

何もしていないのに毎日どんどん時間だけ過ぎて、「私何してるんだろう」って考えると怖いよね!

だからせめて生春巻でも作るというわけですよ奥さん。

2010.04.17

恐悦至極に存じます。

恐悦至極に存じます。
DIRTY HEAT PARTYを見に行ってきた。あいもかわらす果てしなくカッコよかった。

聴いているうちに胸がいっぱいになり、息をするのも忘れてしまうほど、どっぷり聞き入ってしまい、曲が終わる度に大きく息をつくような次第。森岡さんは音も立ち姿もどこまでもエレガント。達也さんは力強くて滑らかで、しかも音からも姿からもフェロモン出過ぎ!大放出状態!ヤバいよ!(私が)

最初は椅子が少なめだったのでお客さん少なめかと思いきや、一部終わり位からどんどん人が増え、二部が始まるころにはかなり客席もみっちり感が。すかさず椅子にのると(軽くお立ち台状態)、これはまた眺めのいいこって!。ホールで遠い席から俯瞰というのはよくあるけど、この近さで俯瞰で見られるってかなりの贅沢だ。達也さんの手元どころか足も見えるので、キックのタイミングもまるわかり、足技の妙も堪能出来る。しまった、一部からのっておけばよかった。

もちろん森岡さんの手元もチリバツ見えるし、音を楽しみながら、その音を出す様も堪能出来るとは、狭いハコならでは。またここのハコのスタッフが「のらないでください」なんていう無粋な事を言わないのが有難い。

一部はいつもより少し短めかな?と思ったけど二部がその分かなりのボリュームで、MCも殆ど交えず続いていく曲はまるで宇宙だ。

はーカッコよかった、あぁ素敵だった、とつぷやく帰り道ですよ。

そして余談。一部が終わりカッコ良さに見とれてしまいステージから降りてくる達也さんに視線釘付けになっていたら、横を通られる時にふとこちらを見て「こんにちは」と。

キャー!
ミーハーとしてはこの上ない感激!
私のようなものにお声などかけていただいて恐悦至極に存じます!

今年の運はここで使い果たしたんじゃないかしら?ぐらいの光栄。客席から見てもあれだけのフェロモン、お近くで拝見すると本当にドキドキしてしまう男前でした。

ライブは楽しい。

2010.04.04

ツボりました。

ツボりました。
広小路亭で圓馬師匠のまくらにて。

(バンクーバーオリンピックの話題で)
「金メダルっていうのはなかなか難しいもんですよ。金メダイならまあ結構なんとかなりますが…」

浅草演芸ホールで桃太郎師匠「受験家族」の中での夫婦の会話で。

妻「頭は薄いのに鼻毛は濃いんだから。その鼻毛を頭にもってこればいいじゃない」

浅草演芸ホールで伸治師匠「宿屋の仇討ち」、いはちが3人の江戸っ子が騒いでいるのを止めに来た時。

江戸っ子「うわぁー!ごめん!ごめん!すぐ静かにする!」(両手を顔の横にくっつけて)

実際に生で聞いたり見たりしていないと面白さがさっぱりわからないかもしれないけど、どれもツボったなあ。金メダルと金メダイ!たまらん!。さらっと言った言葉が妙にツボになることってあるよね。

今上げた三つは「笑ったツボ」だけど、笑うだけじゃなく、グッとくるとか、しんみりくるとか、何かしら残る言葉とか。そういうのを感じたいからというのも、落語を聴きに行ってる理由だよね。言葉の妙を感じに行くというかなんというか。…あら、やだ真面目な事を書いちゃった。

って、金メダルと金メダイが言葉の妙なのか。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »