« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009.12.31

初詣

初詣
熱燗最高!
鮎の塩焼き最高!
焼き鳥最高!

何をしにきているのかと。

ネギ背負ってたら。

ネギ背負ってたら。
俥引きの人に声をかけられない。

この大荷物なんだから私こそが「俥いかがですかー」と声をかけられたしかるべきと思っていたのに、その大荷物が生活用品的で、しかもエコバッグからネギがはみ出ていたせいかちっとも声をかけられす。

ちょっと買い物がてら散歩(目標一万歩)でたはずが、浅草寺まで来てしまったので、せっかくだから初詣の準備に忙しそうな境内をひやかしてきた。

結局年末3日間は、ドラマ見て(ガリレオと相棒とMr.BRAIN見た。ミッチーカッコイイ、仲間由紀恵ちゃん綺麗、堤真一渋い)、散歩して日用品の買い物をして終了。地味な年末だけど、年明けは一発目から寄席に地区予定。来年も色々見られるといいな。

あら、なんだか締めの台詞っぽい。でもあえて締めずにアデュー。

「容疑者Xの献身」でこのあたりが映っていたよね、石神ー。

2009.12.26

レフト甚五郎作

レフト甚五郎作
正直に言えば、どこから見ても寝ているようにしか見えなかったという次第。

にゃー。

サタデーナイトフィーバー

サタデーナイトフィーバー
イェーイ!

日光名物ゆば入り蕎麦

日光名物ゆば入り蕎麦
ゆばはぺろんとしたのとぐるぐるに巻いたのと二つ入って、まいたけの天ぷらも入って盛り沢山。

蕎麦は白めで柔らかくて、少し平ぺったい。つゆはかなり甘くて柚子の刻んだものがのってた。

美味しい。

観光に行くってのは、何かいつもと違うものを食べに行くってことだね。

世界遺産をね。

世界遺産をね。
見に行くわけですよ。

全然プッシュされていないJR日光線で18きっぷを使って日光東照宮に向かっております。

駅構内がレトロだ。盛り上がってきました。

2009.12.12

ちゃんこ大好き。

ちゃんこ大好き。
両国の吉良様のお屋敷まわりでひらかれていた元禄市を散策してきた。

祭りというよりその名の通り市で、そのあたりの問屋さんが色んなものを(主に衣料品)かなりお得なお値段で叩き売り状態。

そういうのも面白いけど、食べ物の店もこれまた皆安く、しかも場所が場所だからありましたよ「ちゃんこ」。一杯500円でこのボリューム。ああ、元禄そばとか、きびだんごとかふかしいもとか、他のものを食べないでいてよかった!

出汁濃ゆくて野菜が沢山で美味しいなぁ。ちゃんこ屋台の中の人には他の人よりちょい恰幅のいい人が。あれかな元お相撲さんかな。

このあたりはイベントがあるとちゃんこ屋台が出てる、ナイスお土地柄。

ちなみに一応吉良様のお屋敷には吉良様と大石内蔵助がいたのだけど、すごい緩い。緩すぎなくらい緩い。「とりあえず衣装着ました」感炸裂。

面白かったよ!

大変でした。

昨日の話。

午前中はずっと生理痛が酷くてひーひーいいながら仕事。そして昼休憩が終わったあとくらいから今度は胃に激痛。どれくらい痛いかというと痛くて涙が出るくらい。痛すぎて生理痛を忘れるくらい。「うぇっ」って叫ぶくらい。

で、痛すぎでだんだん朦朧としてきたのでこれは病院に行こう、つか今行きたい!今すぐ病院に行きたい!と思ったけど開いてない、病院も昼休憩。15時になったら部長に「病院に行かせてください」と言おうと思っていたら、…15時になったら両方ともおさまった。全然なわけではないけれど、もがくほどではなくとりあえず終業時間までは我慢できるレベル。何これ。行かせないってか。

1日たって今日はまったくもってなんともなし。昼ご飯をたらふく食べて、掃除と洗濯の続きダスよ。

あとは祭りとジェントルマンのライブと深夜寄席。ナイス1日。

2009.12.11

湯あがり落ちつけ隊

昨日配信された芸協のメルマガの頭で「若手が草津で落語会」ってな事が書いてあった。書いてあるけど、詳しいことは何も書いていなかったので気になって検索したら、ありました、これだこれ!

草津温泉らくご

湯もみで有名な熱の湯さんで、なんと毎日!温泉の中で!芸協の二つ目さんばかり!。その名前が「湯あがり落ちつけ隊」。あの湯もみをやっている場所で落語をやるらしい、どんな状況だ。今掲載されている隊員の皆様はこのようなメンバー。

昔昔亭 笑海、笑福亭 和光、三笑亭 月夢、昔昔亭 桃之助、瀧川 鯉之助、笑福亭 里光、春風亭 べん橋、雷門 花助、三笑亭 可女次、桂 夏丸、昔昔亭 健太郎、橘ノ 圓満

出演は一回につき一人。開演が20時からとあるので、風呂はいってご飯たべて、「はーいっぷくいっぷく」って時に落語を聞くって寸法なのですな。そして終わったあとも「よーし気分もいいことだしもうひとっ風呂!」もあり、そしてそのままお休みなさい…。いいよ!チョー楽しそうだよ!

時間が時間だし、場所が場所なので行ける日が限られているけれど、ここぞという日にあたったら一度は行ってみたいなあと思うのでした。草津よいとーこーいちどーはーおいでーっていいますし。

とりあえず草津はまたの機会にして、明日の深夜寄席は春風亭べん橋(お、落ちつけ隊だ)、雷門花助(あ、花助さんもだ)、桂夏丸(夏丸さんもだね!)、といつも菩薩の微笑みの春風亭笑松さんの4名。これはナイスメンバー。まずはこれだね。おっきな人ばっかり。

2009.12.09

今年最後のクリエアローのライブ

この前の日曜日はクリエアローのライブでしたよ。

今年最後のライブだったので、別れ際に「よいお年を~」と。「まだ早いんじゃない!?」とおっしゃった方もいたけれど、いやいやなになに、今年最後のライブですもの。

今日のライブも楽しかった。最近クリエのライブを見てると「カッコイイ」と「楽しい」しか出てこない。あと「ありがたい」と(ありがたい?)。「こんな素敵なバンドをこんな近くで見られてありがたいなぁ」って。こういう話を友人にしたら「もうすぐ死ぬんじゃないの?」と。そうなのか。そういえば最近他のライブでも見る度に「ありがたいなぁ」って思うものね。死期が近いのか。

話しがそれたクリエアローのライブだ。今日は聞かせるよりノリのいい曲多めの明るくて弾けた印象。弾けすぎて足がつりそうになるタカさん。って、そういうことは黙っていればいいのになぜかあけすけに話してしまうのがタカさんのチャーミングなとこだと思う。その流れでヒロシくんがはなった、

「行くぜ少年!」

の台詞は今年の「ライブMC オブ ザ イヤー」だよ!さすが関西人!ばかウケ!

…なんだかこうやって書いているとどんなバンドなんだよって気もしてくるのだけど、一曲一曲はロマンチックだったりリリカルであったり、ポップで柔らかくて、もしかしたら初めて聞くとパンチの利きは緩いかもしれないけど、じっと耳を傾けていると芯のある、メンバーの実力と余裕に裏付けされた奥の深さを感じるですよ。本当に「聞く」と同じくらい「感じる」だな。

歌詞も奇をてらった言葉なんてつかっていなくて、何気ない台詞が多いのだけど、ふぁっとその場面が浮かんでくるようなね、素敵な歌詞ですよ。みんなで歌いますと言って歌った「君の光」では、何かこう曲の持つ柔らかい雰囲気につい目の前がぼやけてくる始末。ここで泣くか自分!と。心地がいいのですよ。

他のバンドさんがかっこよかったから気合を入れる為にとジャケットを羽織ってきてカッコいいタカさんなのに「ジャケット着てるから腕があがんない。まあ破れてもいいか」と。カッコいいんだからそういうことは言わんでいいよ!。そんなお茶目全開の横にいるヒロシくんはバックプリントに「ROCK AND ROLL HERO」とあるTシャツを着てた。イカス!

そんなライブでしたとさ。どんなだ。

そうそう、毎年冬はライブがなさげなのだけど、来年は1月30日に同じくCAVE BEでのライブ決定。次のライブが決まっていると嬉しいものですよ奥さん。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »