« 鰍沢十谷名物「みみ」 | トップページ | 9月上席国立演芸場( 定席) »

2009.09.03

9月上席国立演芸場

まだ行っていない寄席の感想を書くって新しくないか?。と思ったけどよくよく考えたらただの告知か。どっちでもいいけど先日始まった9月上席の国立演芸場。自分の趣味として突っ込みどころがないわけではないけれど、これはなかなかに楽しそうな番組ですよ。なんでも国立演芸場開場30周年記念して新しい緞帳を作りその新緞帳披露公演というわけで、出ている人がこの皆様。

桂 夏丸
(交互)鏡味 正二郎(1~3日4日昼夜)、ナイツ(5日)、宮田 陽・昇(6日~10日)
桂 米多朗
マグナム小林
春風亭 小柳枝
~仲入り~
玉川 スミ
三遊亭 左圓馬
北見 マキ
桂 米丸

二つ目枠は夏丸さんだし、3組交互の色物さんはどなたでも楽しいし、交互以外の色物さんも皆素敵な人ばかり。マキ先生とか大きな舞台だと派手な出し物も期待できそう!。中入り前は小柳枝師匠がビシッと決めて、あけてスミ師匠、トリが米丸師匠。もー平均年齢高い高い。平均年齢は高いけど元気でいらっしゃるから、そんな方々の高座姿を拝見すれば、それだけでご利益がありそう。8人しかいない出演者のうち2人が80歳超えてるって、30周年記念で新緞帳お披露目って番組にぴったりじゃないのかな。

まだ前売りもあるようですし、これで1800円はお安い価格ではないかと。9上は他の番組も色々楽しそうで迷うよね。時間とお金があればいくらでも見たい。

国立演芸場

« 鰍沢十谷名物「みみ」 | トップページ | 9月上席国立演芸場( 定席) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/46109253

この記事へのトラックバック一覧です: 9月上席国立演芸場:

« 鰍沢十谷名物「みみ」 | トップページ | 9月上席国立演芸場( 定席) »