« もうダメ。 | トップページ | 花形演芸会に行って来た。 »

2009.03.06

お江戸広小路亭に行った。

先週の日曜日の話ですけど。

瀧川鯉八「犬の目」
春雨や風子「一目上がり」
東京丸・京平
昔々亭 慎太郎「魚根問」
桂夏丸「小言幸兵衛」
鏡味 健二郎
瀧川 鯉朝「竹の水仙」
春風亭 柳桜「粗忽長屋」
都家 歌六
雷門 助六
~仲入り~
神田紅「斬られ与三郎」(?)
桂 米福「だくだく」
三遊亭 圓遊「身投げ屋」
やなぎ 南玉
昔昔亭 桃太郎 「壷算」

鯉八さんの「犬の目」は、大変なことをしているのに全然大変そうじゃなくほよよ~んと聞こえるのがいい。あの微妙に不安そうに聞こえる口調が、なんとも言えぬ味わいで好き。順番がずいぶん変更していきなり京丸・京平登場。前はあんなに嫌だったのに(コラ)、最近慣れてきたのか面白いなあとか思っちゃう!ヤバいよ!。いや、ヤバくはないか。前に松村さんが「東京かわら版」に書いていたように、客が入ってきたといってはいちいち中断したりするのも、わかりやすいやる気の無さも、なんとなく面白く思えてきた。どうしよう。いやどうもしないか。

結局小一時間ほど出番が遅くなった夏丸さん。噺家にも色んなタイプがありますねってなことを色々例を挙げて話した後に癖の話に。ん?なんの噺にと思ったら「小言幸兵衛」!初聞きだ!。この噺をかけるなんてなんとなく以外。ああいう見かけの人にいうとベタすぎるかなあとは思うけど、お役者の形とか、良くできた雰囲気のお職人キャラが似合ってカッコイイ。普段よくかけている噺では出てこないから余計に新鮮に思えるのかな。最後のお宗旨の下りで唐突に活き活きノリノリで唱える様が普段の夏丸テイスト。サゲが初聞きのタイプだった。長い噺のわりに馬鹿馬鹿しいサゲでナイスだなあと。この前のだしぬけに行きそびれちゃったので、夏丸さんの高座が見られるのが嬉しい。

紅先生は「斬られ与三郎」。紅先生はちょいちょい入る客の声も上手に反応して、とても聞きやすくお話しを。あの柔らかい雰囲気とか、凛々しい口調とか、女性の講談師では一番好き。髪を無駄に派手に色々飾りを付けたりとかの装飾をしないところもいいなあと思う。柳桜師匠はいつもよりぽややんとしてる。本のことなど一通り話したところで「まだ10分もあるの?。じゃあなんかやろうか。粗忽長屋なんか…」と。お疲れなのかそんな気分なのか、全体的にぽややん。でも柳桜師匠で初めて聞く粗忽長屋は、なんだか現実感があるような無いような、不思議な印象。素敵。

南玉さんを久しぶりに見たら、独楽に付ける飾りや、お道具をのせてある台の表側や、色々と新しいものに変わっていた。もしかして独楽以外は新年を迎える時に新しいものに変えるのかな。

そして主任の桃太郎師匠。まくらではいつもの「そんなことあんたたちに言っても」「田植えの昼休みだ」な感じだったのだけど、かけた噺はなんと「壷算」!師匠では初めて聞くよ!。最初は「師匠が?」と先入観で少し違和感があったのだけど(そういうのってよくないよな)、後半に行くにつれ、瀬戸物屋の親父の混乱振りがなんともいえず可笑しい。あのクールな口調でわけがわからなくなっている様というのが面白いのですよ。誰の壷算とも違う桃太郎壷算なのでした。いいもん聞いた!。普段は幕が下り始めると茶碗を手に取り、お茶をすすりつつ幕が下りるのを黙って見てる時が多いのに、今日は降りきるまでずっと「ありがとうございます」っておっしゃってた。

広小路亭って地味かもしれないけど、みんなの持ち時間が他の寄席より少し長めだから、よそでかからないような噺もかかるから結構楽しいよね!

« もうダメ。 | トップページ | 花形演芸会に行って来た。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/44259993

この記事へのトラックバック一覧です: お江戸広小路亭に行った。:

« もうダメ。 | トップページ | 花形演芸会に行って来た。 »