« そういう訳で携帯をね。 | トップページ | いい天気でゲス。 »

2009.03.09

浅草に行ったり下北に行ったり。

あ
日曜日はちょっとだけ寄席を見て(割引千円だとチョイ見でも気にならないなあ)その後はお出かけ。浅草のお店を見て歩く。そしてアド街でも紹介されていたのいるこいる師匠がご利用されていた水口食堂でご飯を食べる。ミーハー!。「ザ・おっちゃんの店」という感じで、お客さんのほとんどが競馬中継を見ているような雰囲気なのだけど、メニューが豊富で値段も手頃で美味しかったし、あのおしゃれ感ゼロなのが落ち着く。妙齢の女がそういう店で落ち着いていいのかという気もするけど。って、自分でいうなよ妙齢の女って。

浅草をグルグルしたすっかりご機嫌になった後は下北沢に移動して、昇太プロデュースのぴろきさんの公演を見に行く。時間が少しあったので通り道にあった古本屋に入ると円丈師匠の「ご乱心」を発見!。これは買っておくべきか!?と定価よりグッとお値段高くなっていたけど購入。グッとといっても、ちょっと豪華な装丁本レベル、たいしたことではないか。少し読んでみたけれど大変に面白そう、早く続きが読みたい。

ぴろきさんの会は、ほぼ満員だったけど前4列目くらいまでとそれ以降の客層が微妙に違っていて面白かった。普段寄席で見ているあのネタだけで独演会ってどんな風なんだろうと思っていたけど、以外や以外(というのは失礼だよ)あっという間の二時間。

挨拶(中津川弦ちゃん)
ぴろきさん
~仲入り~
解説(キラーコンテンツ)
ぴろきさん

最初に弦ちゃんが出て来て大変に盛り上がる(私の心が)。前半ではいつも寄席でやっているような感じのネタのオンパレードで、後半は新ネタ公開で、後ろに張ってある一覧からお客さんに選んでもらってやるという感じ。フリートークや歌もあって、賑やかで楽しかった。なんでもない自虐ネタにも思えるけど、「ああ、そこそこ」っていうものすごく小さいポイントを探して言葉にするのが上手なんだなあと改めて思った。寄席では聞けないフリートークも新鮮で面白かったじょ!。途中黒門付姿の昇太さんも出て来て、ほのぼのとした会だった。なんで昇太さんは黒門付かしら?と思ったら、国技館で行われていた三平襲名のイベントに出た後だったので着物の持ち合わせがこれしか…だそうだ。とはいえきちんと顔を見せにくるなんて偉いな。いや自分がプロデュースしている会だから当たり前といえば当たり前でもあるのだけど。

会の内容はとても面白かったのだけど、いかんせん話しかけたりオチを先に言ったりする人がものすごく多かったのはちょっとなあと。知ってても言わないのが大人ってもんでゲスよ。まあ嫌というより「アタイもあと何年かしたら、あんなおばちゃんになっちゃうのかなあ…」と思うと微妙な気持ちに。男も女も気を抜いたらオッサンとおばちゃんに。大人の男や女になるのは踏ん張りが必要だって話ですよ奥さん。

友人と短いけれど充実した落語トークをかまして、そのまままた次の予定地に移動。あっという間の日曜日でしたとさ。この子は浅草にいた猫。なんだか写真の色目がちょっとキツいかな。

« そういう訳で携帯をね。 | トップページ | いい天気でゲス。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/44291049

この記事へのトラックバック一覧です: 浅草に行ったり下北に行ったり。:

« そういう訳で携帯をね。 | トップページ | いい天気でゲス。 »