« お店の子たち。 | トップページ | 至福の時。 »

2009.03.23

第四十三回ろべえ・夏丸・仙花勉強会

柳家ろべえ「五人廻し」

鏡味仙花
〜仲入り〜
桂夏丸「樟脳玉」

仙花ちゃんが茶番を披露してくれましたよ、一人茶番。役チェンジであたふたしていたし、「本職の二人の間に挟まって…」「ああ、緊張する!」と、えらいもじょもじょしていたけれど、なにをどうしてなかなか。何より仙花ちゃんのフリートークってかなりナイスセンスなので聞いていて楽しい。茶番の後に先日浅草で起こったバチのハプニングを話してくれたのがそれがまた驚きで、その後にやったバチのとりわけでは「ああ!」な場面があったりもしつつ、最後はロイヤルな風情で手を振りながら退場という、わけがわからないけど面白い仙花ちゃん。

夏丸さんは「樟脳玉」。こんな時期なのに相撲のまくらもふらずにすっとお話に。同じ長屋の人間をだまして金をもうけようという悪い子ちゃんのお噺なのだけど、ぜんぜん成功しない上に、サゲが「ええ?」っていうくらい暢気なものだったので、嫌な気がしなかった。あと夏丸さんが話すのを聞いていると、古めかしい景色がぽわーっと見えてくるのが不思議だ。あ、もちろん古めかしいってのはいい意味ででゲスよ。終わって時計を見てみると結構長い噺だったのにあっという間。不思議な噺だったぜ樟脳玉。今日の夏丸さんの今月の一句。

春燈や叶わぬ恋の数多し

終わってから一人韓国料理屋さんでユッケジャン定食を食べる、美味し。美味しそうだったので肉を追加で食べようとしたけど、昨日の食べ過ぎを思い出して断念。ネットカフェーで「蟲師」を激読みして一日終了。

明日からまた仕事ですよ奥さん。

« お店の子たち。 | トップページ | 至福の時。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/44437740

この記事へのトラックバック一覧です: 第四十三回ろべえ・夏丸・仙花勉強会:

« お店の子たち。 | トップページ | 至福の時。 »