« 3月20日(金)翁庵寄席 | トップページ | 「一個人」5 月号 »

2009.03.25

3月15日(日)蛇ノ目ジュニアの会

二つ目さんばかりの、言ったら小さな会なのに、ちゃんとお囃子さんがいたり太鼓も皆で叩いていて、雰囲気万全なのがすごい。会場の近くまで行くと一番太鼓が聞こえて来て、それを道しるべにレッツラゴーだ!

三笑亭夢吉「のめる」
柳家小蝠「おしくら」
柳亭こみち「片棒」
〜仲入り〜
柳家小蝠「お見立て」
三笑亭夢吉「池田大助」

今日のまくらは某襲名パーティーの事やデモの事。しかし夢吉さんの周りには色々な事が起こるな。二つ目さんの日常のダラダラしたまくらは苦手なのだけど(最後まで聞いても「だからどーした」って感じで面白くない事が多いから)、夢吉さんのはいつも面白くて楽しみ。で、「のめる」は糠を体にすりつける場面がナイス過ぎ。「うぉおう…楽しくなってきた…」とニヤニヤ顔でぺたぺたと付けていく様は「プレイ!?これもプレイ系の噺?!」という怪しさ(褒めてます)。

小蝠さんの「おしくら」初体験。田舎娘が可愛いけれど、あれ?田舎者と郭噺ってお見立ても…?と思ったら、お見立ての時にご自分で「ついてしまいました」と。自分だから別にいいよね!。特集だ特集。ゲストにはこみちさん。ちょっとグルグルしちゃったりかんじゃったり、こんなあたふたしたこみちさんを私は初めて見た。威勢のいい感じは聞きやすくていいな。

これで二度目の「池田大助」は、こまっしゃくれた大ちゃんが非常に似合ってて可愛い。変に賢そうにやらないのがいいと思う。黒紋付きに袴姿も凛々しく大岡様をキメていたのに、勢い込んで話していたら思いがけないハプニングが。高座と客席が近いからこそわかるハプニング、いいね(寿輔師匠風で)。お目出度く楽しい高座で終了!

« 3月20日(金)翁庵寄席 | トップページ | 「一個人」5 月号 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/44465682

この記事へのトラックバック一覧です: 3月15日(日)蛇ノ目ジュニアの会:

« 3月20日(金)翁庵寄席 | トップページ | 「一個人」5 月号 »