« 反省してます。 | トップページ | ビシッと休みました。 »

2009.02.01

今日の深夜寄席は。

今日の深夜寄席は。
「のっぺらぼう(柳太)(和光)」「犬の目」「もう半分(夏丸)」と思いがけなく“真冬の怪談特集”に。寄席で似た噺だとあれだけど、こうやっていっそ全部だと特集っぽくていいよね。今日も立ち見が出るような大賑わい。

和光さんの「犬の目」は初聞き。途中金槌と杭で目玉を取り出そうとするのだけど、和光さんが柔らかくてのんきな雰囲気だからか、エグい感じに聞こえない。目が悪い方も治す方も、どっちも全然真剣じゃない感じがするのが楽しくてナイス。和光さんいいよねえ。

最後は夏丸さん。名物の話をして開眼式に。うよっ!て事は鹿性談、いや間違えた鹿政談か!と思ったら(こんな所で下ネタ!)「奈良のお話で…」とあっさり終了して「アタシと和光さんと蘭ちゃんは同期なんで」と。え、話題ずれた!。蘭ちゃんがあの年で痛風になるくらいビールが好きってネタをふりつつお酒の話題になり「これはお古いお話で…」

「もう半分」キター!

って開眼式と全然つながってないぞ。前回は遠目で見たけど今日は近距離。雰囲気が違って見えるよ。前よりも酒屋の強欲ババアのいけずぶりと、五十両を忘れていった爺の不憫さと駄目さが際立って見えた。

酒屋の男が夜どうなっているかを覗こうとする場面に入る時の、鐘がなり犬の遠吠えが聞こえて来たとき「隅田川の川面に…」ってあたりで、真っ暗な冬の隅田川の景色がフッと見えてくるようで素敵。爺の形をした赤ん坊が茶碗を持っている仕草なんぞは、夏丸さんの白くて細い指が丁寧に動くと怖い!。赤ん坊が這いずり出すところも怖い。

つかこの噺自体全体が怖いよ!

んー二度目でも怖いなあと拍手をしかけると、まるで何かに逃げるように幕が降りきらないうちに高座から降りちゃった夏丸さん。キャー何ー気になるー、なんか怖いものでもいるのー。と思ったら、しれっと木戸でお客さんを見送ってる。あれー?

初心者が9割近くをしめることもある深夜寄席だから、取っつきやすくするために、わかりやすい噺や軽い漫談もどきも大事かもしれないけど、こういう噺をあえてかけるってのはカッコイイなあと思った。こんな人の負の気持ちにだけにスポットをあてたような、業の深いエグい噺もあるんだぜ、と。

帰りはお友達と落語馬鹿話で盛り上がり、楽しい楽しいおうちに帰るのでした。今日は落語は一つだけだったけど、買い物も出来たしヨカッタヨカッタ。

日曜日は浅草に行こうと思っていたのだけど、お目当てさんが軒並みお休みなので私もお休み。ビシッと休むぞ!

« 反省してます。 | トップページ | ビシッと休みました。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/43922091

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の深夜寄席は。:

« 反省してます。 | トップページ | ビシッと休みました。 »