« これでもかというほどに。 | トップページ | 先週の話ですけど。 »

2009.02.19

感想色々。

しょぼしょぼしていてもしょうがないので、最近行ったものの感想をまとめて。申し訳ないけど長いよ。

といいますか、こうやって手帳を見ながら思い出すと、今年に入ってから行くつもりだったのに仕事で行けなかった会が結構あるな。このご時世仕事があるのは有り難いこととはいえ、ちょっと切ない感もある今日この頃野口五郎だよ。(こういう風に書くから真面目に悩んでいるように見えない)

2月8日(日)「早朝寄席」鈴本演芸場
古今亭朝太「壷算」
金原亭馬治「お見立て」
柳家麟太郎「青菜」

チケット合戦に参加してからだったのでつくしさんは見られず。今日もずいぶんと入っているけれど、ずいぶんとお休みになられている人も多い。さすが早朝寄席、10時30分開演ってそりゃ眠いよね!。朝太さんは明るくてポップで聞きやすい。あの体型が印象を良くしてるような感じがするよね。まくらの途中で入ったのだけど、馬治がどうのってのがちらっと聞こえた。何?馬治さんのことなんか話してたの?

と思ったら次に出て来た馬治さんがそれの返事らしきことを言ったので、やはりなにか?。ああ、なんて言っていたのかしら。相変わらず近況報告的なまくらゼロで噺に。右往左往する喜助も似合っているし、勝手なことばかりいう喜瀬川のキャラがいい感じ。女は苦手的な事を前にどこかで言っていたけれど、こういうキャラはお似合いだとおもう。調子が良くて気が強い。遠くからだったけど、少し顔周りがすっとしたかな?なんて。

2月8日(日)「黒門亭一部」落語協会2階

柳家小んぶ「道具屋」
三遊亭金翔「宮戸川」
三遊亭生之助「質屋庫」
~仲入り~
古今亭菊丸「ふぐ鍋」
春風亭柳朝「井戸の茶碗」

早朝寄席からそのまま黒門亭へ、移動が楽だなあ。のんびり入ったらもう残り5席位でびっくり。早朝でも思うけれどみんな休みなのに早起きだ。
小んぶさんって文左衛門師匠に似てないか?。前日に雷太さんで聞いた「道具屋」がここでまた登場、おう、偶然!。前座さんできっちりやっていらっしゃるせいもあるのだろうけど、雷太さんのと同じだ。前座さんの道具屋がこんな近距離でかぶるなんて珍しいなあと。金翔さんは時期が時期だけにバレンタインの話。去年小円歌師匠からもらって嬉しかったと。金翔さんにしろ他の二つ目さんにしろ、ココにでている二つ目さん達は、黒門亭のお客さんの心を上手にくすぐるな。金翔さんの「着物の裾がふわーっ!」「足がさーっっ!」ってあの最後のところがナイス。

今日一番のお目当ての生之助師匠。なにが聞けるのかなあと思っていたら「質屋庫」。所作も地味だし、淡々と進むのだけど、平坦な聞き心地じゃなくて、引いて引いてポンと小さくクスっとくる感じがストイックでカッコイイ。綺麗なモノクロの景色が見えるような高座だった。見ていて、なんだか夏丸さんって生之助師匠に似てるかな?って思った。何所がといわれると説明しずらいのだけど、んー醸し出す空気感みたいなものか。まだまだ夏丸さんは若くて跳ねたところがあるけど、年齢を重ねたら師匠みたいな味が出るのかなあって。

菊丸師匠は一八が果てしなく軽くて楽しい、柳朝さんは去年の真打ちになる手前の深夜ではなんだか印象が散らかっているというかぼんやりした風にも私には見えたのだけど、今日見たら輪郭がはっきりしていて、いい感じだった。あー真打ちになるとこうも変わる人もいるのだなあと。まあ、私の印象ですけど。

しかし黒門亭、800円でこのボリューム。嬉しいけれど、一席一席にかさのあるのばかりだったので、聞いた後はちょっと疲れた。中もギュウギュウ詰めだったしね。

2月9日(月)「ろべえ・夏丸・仙花勉強会」落語協会2階

ネタ出しで夏丸さんが「質屋庫」を出していて、昨日の今日なので「これは見たい!」と無理無理にがんばって行くと、もう仲入り。最後の夏丸さんにギリギリセーフ。

昨日ああいう生之助師匠のような高座を聞くと、あの夏丸さんの高座ですら落ち着きがない感じがするなあと。あの夏丸さんでですらですよ(どのだ)。そりゃそうかかたや七十過ぎ、かたや二十代半ば、そりゃ違うだろうって話。とはいえ、小僧は可愛く、熊の調子の良さは呑気で楽しくて、番頭さんのダメっぷりはナイス。楽しいわけですよアナタ。そしてこれが年を重ねていくうちに変化していき、違う味わいを出してくるのかと思うと、楽しみでヨダレが垂れそうですな(すぐに拭け)。

一席しか聞けなかったけど、来てよかった勉強会なのでした。しかし相変わらず最後はだらだらしてる。落語カフェについて矢継ぎ早に話そうとする夏丸さん、「柳家ろべえと申します」とオールバックを撫でながらイヤらしい口調で挨拶をするろべえさん、なぜかついたてに半身かくして話す仙花さん。お菓子までいただいて(バレンタイン?)、ありがとうございますなのでした。

来月は3月22日開催で、夏丸さんが「樟脳玉」という又変わった噺をかけるし、ろべえさんが「五人廻し」という無謀な(コラ)噺をネタ出ししているし、楽しみ楽しみ、皆様も是非に。間に挟まる仙花さんの「つぶやき太神楽」(私が勝手につけた)も良い味だしてますし。全体的にこれでもかという程に若さが溢れております。

以上報告終了!

« これでもかというほどに。 | トップページ | 先週の話ですけど。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/44110261

この記事へのトラックバック一覧です: 感想色々。:

« これでもかというほどに。 | トップページ | 先週の話ですけど。 »