« 初鮫&趣味悠々 | トップページ | 早朝寄席→夏蘭会 »

2009.01.26

「ろべえ・夏丸・仙花勉強会」→深夜寄席

20090124

のんびり起きて充電完了。

昼ご飯の支度をしながらテレビを見ていたら「今夜9時」とアド街のCMに彦いちさんとホンキートンクが映って「ワーイ!」と盛り上がる。そして「1秒ずつ程度映ったのがそんなな嬉しいのかよ!」一人激しく心の中で突っ込む。

かわら版の最新号を手に入れて、ベローチェでこれ以上はないって位に真剣にチェックする。行きたいのが被っていたりして一喜一憂。一人もごもごしていると一つ離れた席の赤ちゃんが私に大ヒットだったらしく、可愛らしい満面の笑顔でずっと私を見ていて、あげく手元にあった紙おしぼりをくれようと私に差し出した。カワエエ!

落語協会で「ろべえ・夏丸・仙花勉強会」を。久しぶりの落語は染みるなあ…。年明け一発目ということで二人とも黒紋付き(仙花さんお休み)。なんだかいつもより凛々しく見えるよ。夏丸さんは「城木屋」と「宗論」。まくらでは気を抜くとつい相撲の話をしてしまうようで(翌日千秋楽だものね)、話してしまう度に「話さないようにしようと思っていたんですが」と。普段より若干下ネタ多めの、楽しい高座だった。いや、下ネタが多かったから楽しいではなく。夏丸さんのふわふわ感が聞いていて心地よい。惜しむらくはいいとこで単純な言い間違いがいくつか。普段そういう間違いが少ないから気になるのかも。夏丸さんの「城木屋」は初めて聞いたけど、歌丸師匠のは「東海道の地名をずっと言ってるなあ」という印象しかなかったのだけど、夏丸さんのは「女性の美醜について事細かく話してるなあ、楽しそうだなあ。って後半急に変わるよ!言い立てカッコイイよ!」という感じ。「モノクロなお噺」という印象だったのだけど「カラフルなお噺」に聞こえた。

仙花さんがお休みだったので両名二席ずつ。仲入り後は「宗論」。寄席で良く聞く他の人のとはちょいちょい違ってる。「城木屋」に比べるとやり慣れてるよねえと思った。親子の喧嘩を止めに入るのが番頭さんじゃなくて権助なのがなんとなくいい。夏丸さんの権助可愛いしな!

そしてお友達と深夜寄席を見るために末広亭に移動。サクサク移動したので一番乗り。待っていると定席が終わって二つ目さんが出て来た、あ、鯉橋さんだ。「どうもー今日は出ませんよー」と言われる。「知ってるー知ってるーでも出てーいるなら出てー」と思う。無理だが。今日もお立ち見が出るような大盛況。

花助さんが「宿屋の仇討ち」をかけたのだけど、これが格好良かった。高座姿が柔らかいのが何より素敵だし(花助さんは曲線で出来てるって感じがする)、呑気な江戸っ子三人組とお侍の対比が楽しく、おまけに今日は座りかっぽれも披露。踊りつつ「かめちゃん音ちいさいよ~」「そんなに真面目な顔で見られても~」とにこやかに。ナイスだった。聞いていて「あれ、伸治師匠?」と感じたけど、師匠から教わったのかな。

良く落語好きの蘊蓄たれが「~の噺は~師匠そっくりだ」とか「~は~から習ったのか」なんて話をしていたりするのを聞くと(ブログで書いていたりとか)、そんなんどうでもいいじゃん!と思っていたのだけど、最近たまに「あ、これあの師匠の感じに似てる」とか「誰から習ったのかな」とかが気になっちゃったりして、そういう通気取りみたいな落語ファンになったら嫌だなあと、思ったりして。余談。

帰ってから撮っておいた「アド街」を見ると、
ゲストが彦いちさんだ!
あ、さっき見てきた「焼川今」が映ってる!
歌六師匠だー!
この店連れて行っていただいたことあるよ!
いちいち盛り上がった。

みっしみしに落語に浸って土曜日終了。

« 初鮫&趣味悠々 | トップページ | 早朝寄席→夏蘭会 »

コメント

いつも拝見させていただいています。

私も高座を観ていて「誰から習ったのかな」と思って、ブログでも書いてしまうことがあります。(^-^;

でも、ま、それは音楽とか映画とかでもそうだと思いますけど、その噺家さんの「〜の影響」とか「〜が好きなんだな」と感じてしまうのと同じ気持ちだと自分では考えています。

ところでやっぱり二つ目さんはもっと見なければいけませんね。恵さんを見習わなければ。

こんにちは。

梅薫庵さんは書いてしまう派なのですね。
って、別に「書いてるから絶対イヤー」というよりも、そのことに書いて細かく追求しすぎていると「んー」と思うという感じでもあります。
だってこうやって書きながらも、やはり「あ」と思って書いてしまうことが自分でもあるわけで(笑)。
落語に関わらず音楽や芝居でもなんでも、蘊蓄を垂れている人が苦手なので、あまり細かに追求している文章を見るとそう思ってしまうのでしょうね。

私が二つ目さんを見るのが好きなのは、変わっていく様が感じられるってのと、一席一席の出来の違いなのかもしれないです。上手とか完璧なものが見たいというより、変化していくものを見たいというか。

変わらないものにあまり興味がないっていうか(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/43861672

この記事へのトラックバック一覧です: 「ろべえ・夏丸・仙花勉強会」→深夜寄席:

« 初鮫&趣味悠々 | トップページ | 早朝寄席→夏蘭会 »