« 中川家の寄席 | トップページ | ボヨヨーン »

2008.12.20

12月20日(土)「ろべえ・夏丸・仙花勉強会」落語協会2階

なんとか行けた「ろべえ・夏丸・仙花勉強会」。今日は仙花さんが受付をしていらしたのだけど、非常に丁寧にお客さんに声をかけていて感心。見習ってほしいよ<誰に<それは言えないな。お客さん沢山の今年最後の勉強会はこんなでした。

柳家ろべえ「文七元結(下)」
桂夏丸「葛湯」
~仲入り~
鏡味仙花
桂夏丸「花筏」

仲入りなのに間違ってフライングで出てきてしまったりもした仙花さんは本日三味線を披露。音で太神楽を追っていくという、仙花さんならではのとても楽しい趣向だった。浮かびますよ、回ったりたてわけられたりしている様が!。途中出囃子を弾く前に、

「皆様出囃子を聞くという機会はなかなかないと思いますが…」となんだか営業でありそうな台詞を言ったはいいけどすぐに「…ごめんなさい!嘘です!百戦錬磨の方ばかり!出囃子を聴いただけで誰が出てくるかわかるような皆様ばかりでした!」ははは、ナイス。三味線以外にもあれやこれや見せてくださり、楽しい高座となりました。

夏丸さんは本日2席、あら今日は黒紋付きだ、色が白いから黒が映えてカッコイイ。あれ、珍しくお茶が出てる。なんでも連日のカラオケで喉の調子が悪いのでとのこと。(ちなみに美川憲一を歌いすぎてと、…似合い過ぎだよ!)

先日も聴いた葛湯だけど、ちょいちょい変わってる。数日しか経っていないのに色々工夫するんだなあと妙に感心。進化する葛湯!。2席目は花筏で、まずは某師匠のところへ稽古に行った話から行司の真似を、しかもわざわざ高座を降りてきて!客席を横断しての大熱演!夏丸フリーダム!

ひとしきり相撲ネタ(というか行司ネタ)で盛り上がって高座にもどり花筏スタート。途中ちょっとからまり気味な場面もあったり、ちょっと全体的にあっさりしてるかなぁと思いつつも、後半の取り組みあたりでは普段の夏丸さんにはないような熱っぽさを感じたり。相撲大好きっ子としては、取り組みの事を話しているのが楽しいのかなあって思った。なんだかとても嬉しそうに見える。

何がそんなにヒットしたのかわからない程に、最近私の中で大ブームな夏丸さんの、ネタ下ろし?(もしくはそれに近そうな)な新鮮な2席を聞けて大満足。仙花さんも非常にチャーミングでしたし。各自が今の自分を見せてるようで、まさに勉強会!という印象の第40回目なのでした。今月の一句、いつも素敵だけど今月のはいつも以上に私とても好みな一句でした。

「病み上がり朧月夜に目が覚めて」

« 中川家の寄席 | トップページ | ボヨヨーン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/43493972

この記事へのトラックバック一覧です: 12月20日(土)「ろべえ・夏丸・仙花勉強会」落語協会2階:

« 中川家の寄席 | トップページ | ボヨヨーン »