« 11月16日(日)「若手古典芸能公演会」須賀神社2階 | トップページ | 鯉八さん?! »

2008.11.16

11月16日(日)「深川いっぷく寄席」

この界隈でイベントがあったようでいつもの場所と変更して会議所の二階で開催。なんといいますか親戚の家に遊びに来たような気分。大きなのっぽの古時計がある、びよーんと縦長の会場で、高座の斜め後ろには巨大なダルマが木の上に。どんなロケーションだどんな。客席の間を通って登場の巻。

瀧川鯉橋「蒟蒻問答」
柳家小蝠「抜け雀」

鯉橋さんは先日一門で行って来た上海のことをまくらに。あれ非常に面白かったので、どこかでもっと色々な道中記を話してほしいものですよ。蒟蒻問答では調子の良い似非坊主の軽さが楽しい。こういう軽くて呑気は噺は良く似合うと思う。最後の問答の場面はパッと盛り上がって良い気分。鯉昇師匠の真似も似てる!(そこか)。

小蝠さんの「抜け雀」は先日の独演会以来。声の調子は今日は良くなかったみたいだけど、私には今日の高座はいつもの小蝠さんの高座より輪郭がはっきりしているように感じて楽しかった。なんといいますかこう活き活き感があるというかなんというか。なんでしょうこの印象の違い。

ひとんちで見ているようなのんびりした落語会で楽しかった。この「深川いっぷく寄席」の主催の皆様もいい感じの方が多くて、力みすぎていない雰囲気が居心地よかった。ワインやビールをご馳走になり、帰りに可愛い絵はがきまでいただいて、有り難い限りなのでした。ちなみにここいらに猫が沢山いて、人慣れしているからそりゃもう撫で放題だったので、これでもか!と猫とフレンドリータイムを過ごす。落語会も良くて猫もいて、いいところだ深川。

会議所の隣の家の戸に「猫に注意」と書いてあって、なにをどう注意なのかと思っていたら、わかりましたよ奥さん。戸を開けておくと猫がニャーニャーと入って来ちゃうから注意と。アタイだったらむしろ開けっ放しにして猫カモーンだ。

« 11月16日(日)「若手古典芸能公演会」須賀神社2階 | トップページ | 鯉八さん?! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/43152527

この記事へのトラックバック一覧です: 11月16日(日)「深川いっぷく寄席」:

« 11月16日(日)「若手古典芸能公演会」須賀神社2階 | トップページ | 鯉八さん?! »